ブログトップ

スズキヨシカズ幻燈画室

suzuky.exblog.jp

満月ノ晩ノ蒼色幻燈会 ... 始マリ始マリ

「ケホケホケホ」
めずらしくカメちゃんが
咳をする。
すべてが凍りついていた
寒い寒い朝だったからね。



a0199297_19321669.jpg


カメちゃんの作品文集
『カメちゃんのひとこと 〜色鉛筆はボクの友達〜』
ご紹介ページへのたくさんのアクセス、
そしてご注文していただいたみなさん
ありがとうございます。



たくさんの皆さんに見ていただけるコトが
カメちゃん制作の励みになります、、という
テンプレート的な言い方は、
たぶんカメちゃんにはあてはめられないのかもしれなくて、
まわりでどんな計画が進行していようとカメちゃんはカメちゃんのペースで
熱意を持って淡々と、
カメちゃんはただ絵を描き続けてゆくのだと思います。
「けれどもやっぱりうれしいよねカメちゃん?」
今朝、この本の話しをして、たくさんの人が見に来てくれているコトを
伝えた時に、やっぱりカメちゃんにっこりと微笑んでくれたものね。 (^〜^)


『カメちゃんのひとこと 〜色鉛筆はボクの友達〜』
ご紹介しているページから注文出来ますので、
どうぞよろしくお願いします。 (^〜^)



a0199297_19340667.jpg


そんなカメちゃん作品文集から
きょうは色鉛筆についてカメちゃんが語っている
文章を一つご紹介させていただきますね。(5〜6年前に書かれたモノだそうです)



a0199297_19361940.jpg

『あったらいいなこんなもの』

ある学校の授業で、
“あったらいいなこんなもの”
という、
自分が今欲しいものを発表する時間があった。

たいていのみんなは、
“タイムマシン” “空飛ぶマント” “おそうじロボット”
など、未開発なものを発表していた。

ところがボクは、
いろんな絵が描けちゃう色鉛筆だ
と発表した。

“そんなものは、普通にあるだろ”
と批判はされたが、

ボクは今でも、
色鉛筆が一番欲しいものだ
と思っている。






午後からの「個人レッスン」体験教室は
とても和やかな空気の中で無事に終了。
本人は昨日から眠れぬ程に凄まじく緊張していたらしいけど
とてもゆったりとした時間の中で鉛筆の使い方を指導して
鉛筆画を一枚、
描いてもらいました
。(画像無し)

きょう描いた鉛筆画の画像は残念ながら無いのだけれど
昨日からの極度の緊張状態にあった気持ちと
今日の教室後の気持ち
を現してくれた図はコチラです。

a0199297_19382998.jpg

とっても
わかりやすいです
。 (^〜^)






冬に入ってから
カッコいい黒革のジャケットを着ている
カズイ君にも、、
a0199297_19400790.jpg
自画像を描いてもらいました。


カズイ君にとっての鏡を見る
(鏡に映る自分を見る)という行為は
辛くなったりしないのだろうか
、、と毎回(毎年)
少し心配するの
ですが、、
a0199297_19413106.jpg
真っすぐに鏡を見つめて描いてくれる
カズイ君がいるのでした



a0199297_19574608.jpg
カズイ君らしい自画像
が描き上がりました




(微笑)






# by yoshikazusuzuky | 2017-12-12 00:00 | 繋がる想い | Comments(0)
何かに負けたとは思いたくないのですが
日曜日を丸まる一日不意にしてしまいました。
真っ暗な寝室でベッドに入り
真っ暗な寝室からから起き出して来た時には
なんと信じ難いことに16時間以上も時間が経過していて
前後不覚の眠りに落ちておりました。
気張って堰き止めていた疲れが一気に決壊したかのような
あまり気持ちが良いとは言えない長い長い眠りでした。

この数週間のブログを見て「かいがきょうしつリベラ」に何が起こっているか
指導者の「スズキヨシカズ」と言う人間に何が起こっているのかを知って
入会を考え直す方も出始めました。
今回の手紙の一件を受けて一つの外部教室からは講師の立場を退くコトにもなりましたし
公的な機関からの依頼は間違いなく無くなるでしょう。

自分の知らないところで増殖している人の恨みとは怖いモノです。
恨まれた人間は心も体も、
その念によって蝕まれてゆく。(知らず知らずに蝕まれている)


a0199297_23205724.jpg


でも日常は続く。

非日常の中で僕がバランスを欠いた状態に在ったとしても
何も起こってはいないかのように
日常は続いて行きます。


a0199297_23230618.jpg


僕を「信じています」と言ってくれる生徒さんやその親御さんたち、
知人、友人がいてくれるコトは、とても有り難いコトです。

16時間の眠りに似た無意識状態も
「休息」
として前向きに捉えたいと思います。

これからゆっくりと温かな湯船につかり
二日分のヒゲを丁寧に剃って、
明日からの教室に備えます。

あすの午前中はカメちゃんの教室です。
午後からは個人レッスンでないと通えないかもしれない子との
一対一での面談と体験教室が入っています。
夜にはカズイ君もやって来て
マンツーマンの教室です。


「あはは」

こりゃダメだ!
とてもバランス崩してなんかいられないな。


さあ!
新しい一週間を
始めよう

!!



(大きく微笑む)






# by yoshikazusuzuky | 2017-12-11 00:00 | 非日常 | Comments(1)
昨日の夜に降った雪は
うっすらと白く地面を覆っただけでした。

a0199297_17153643.jpg
初の積雪
です。





一部の小学校では
土曜日授業があったりしたようで
、、
a0199297_17163941.jpg

a0199297_17165781.jpg

a0199297_17171976.jpg

a0199297_17182129.jpg

午前中は4人で
午後は8人の小学生教室
でした。




a0199297_17193537.jpg

a0199297_19474118.jpg

夕方からの
中学生と高校生教室は
二人行方不明(?)
、、で
4人の参加
でした

a0199297_21215890.jpg
中高生ともなると
『自画像』
の受け取り方も
様々です


a0199297_21223267.jpg
ヨシさん
今日も便乗


(微笑)




a0199297_21231049.jpg

a0199297_21232497.jpg

ところどころ白いままの画用紙で抜けているのはお休みの子のスペースです。

来週には全て描き上がる
と思います。

全てが描き上がったら、
昨年(2016年)の自画像とならべてご紹介
してしまおうか知らん。 (^〜^)




今週も何かと心ざわつく一週間でしたが一週間頑張ったコトには代わりはないので
今週もお疲れさまでした、、と言います。


「お疲れさまでした」


(微笑)






# by yoshikazusuzuky | 2017-12-10 00:40 | かいがきょうしつ リベラ | Comments(0)
先にお知らせした http://suzuky.exblog.jp/238025569/
カメちゃん語録とも言うべき冊子が
カメちゃんのホームグランド『よしん堂』より発刊となりました
のでご紹介させていただきます。

『よしん堂』Facebookより、、


カタノヨシトの世界
 カメちゃんの一言集
  色鉛筆はボクの友達

~アスペルガー症候群(広汎性発達障害)。普通の生活者と同じように行動していますが、人との会話が苦手、あいまい言葉は理解しにくい、冗談話でもまともに受け取る、自分の話を中断されたり、気にしていることを相手からいわれると極端に怒り、自制不能になることも。でも、興味のあること、好きなことには超人的集中力、観察力を発揮します。このような個性をもったカタノヨシトは色へのこだわりをもって、動物、花、風景、空想を絵に表現したり、日常の中で心に思ったことや言いたくとも言葉でうまく表現できないことを一言集に綴ったり、こんなことを通じて自己表現し精一杯生きています。
このたび、好きな色鉛筆絵に心からの一言を添えて
「カメちゃんのひとこと」を出版しました。
読まれた方々に心のオアシスをお届けできれば幸いです。

 販売価格 1.500円 (税込み、送料別)
   初版発売記念として
    後援企業 白河関のそば製品(乾麺)
    を進呈します。

 お申し込みは
   http://www.facebook.com/galleryyoshindo/
または
   g.katano@gmail.com



a0199297_16242154.jpg

a0199297_16243741.jpg










# by yoshikazusuzuky | 2017-12-09 16:27 | お知らせ | Comments(0)
棚倉教室に出かけようと
外に出たらなんともワイルドな
と言うよりは
、、
a0199297_19262159.jpg
傷だらけで汚っちゃない顔をした
白猫のノラさん
が待っていました

「う〜む」

なんて汚っちゃない顔になってしまっているのだ
白猫のノラさんは?




教室の生徒さんが
とても貴重な鉱物を持って来て見せてくれました。

a0199297_19271969.jpg
まるで生物の
「卵化石」
のような姿(画像右)
です。


a0199297_19275149.jpg
採集時は砂礫に覆われた状態(画像左)
です。


『壷石(つぼいし)』
と言って鉄鉱石が砂岩や粘土の核を包み込むように生成され
その球状の鉄鉱石の周りを小石などを含んだの砂礫岩が覆っています。

周りの砂礫を取り除き
鉄鉱石に穴を開けて中に詰まった
砂岩(或は粘土)を搔き出すと、
中空の球体が出来上がるの
でした。


a0199297_19364662.jpg
ストロボを焚いたこの画像で見ると
空洞内壁に砂が付着しているのが見て取れますね。


この壷石は『カナツボイシ』と呼称されていて
福島県東白川郡塙町常豊地区で
昭和44〜46年頃に、塙中学校科学クラブの生徒さんにより採集されたモノ
なのだそうです。

存在は知っていたし、
ブログにも壷石らしきモノの画像を載せたコトがあったけれど
コレが本物の「カナツボイシ」なのです。

素晴らしく感動的なその姿を初めて肉眼で確認し
触れるコトも出来たのでした。*鉄鉱石の「殻(から)」が
想像以上に薄くて華奢だったコトに
ものスゴく驚きました。

見せてくれた生徒さん
に感謝です。

「イイもの見たあ!!」  /(^0^)





『2017年の自画像』

ご紹介の2回目
は金曜日、、

a0199297_20024050.jpg

a0199297_20031451.jpg

まずは
小学生たち

そして、、

a0199297_22140104.jpg

a0199297_22141749.jpg

中学生
です。


子どもたちに「ヨシさんも描けよ〜
描けよ描けよ〜」と言われたので
僕も鏡とにらめっこしたのだ
けれど、、

a0199297_20384882.jpg
あまりにも(想像以上に)オッサンの顔をしていたので
ガッカリしました。(笑)(笑)(笑)

教育委員会に届いたのとは別な嫌がらせの手紙(現物)
を、手紙が届いてしまった生徒さんから
受け取って来たのですが、
その手紙には僕が子猫を抱いて笑っている写真がたくさん添えられていて
ブログの内容を無視されて写真だけを見た人は
間違いなく僕を「おかしな男だ」と思うのだろうな
と自分の写真をまじまじと見ながら思いました
が、しかし!
「オッサンが子猫抱いて満面の笑みを浮かべて何が悪い!」
と言いたいのでした。




さあ
あしたは土曜日
です





# by yoshikazusuzuky | 2017-12-09 00:00 | かいがきょうしつ リベラ | Comments(0)
木曜日、
可燃ゴミの日の集積場
です。


白猫のノラさんに瓜二つ
、、

a0199297_17180630.jpg

コノラさん
です。


a0199297_17195032.jpg

お母さんもいます


a0199297_17210278.jpg

この子はサバ?
じゃないね
キジのキジトラ
ですね


ピントが合いませんでした
が、、

a0199297_17254318.jpg

美人さんのこの子
もいました


何か美味しいモノは見つかったのだろうか?






白のプリウス君
は引退しました
。(いやいやまさかと思っていたけど
ほんとうに涙が出ました)

a0199297_17295925.jpg

a0199297_17301835.jpg
「ありがとう」

「おつかれさまでした」

(感謝)



そして、、

青のプリウス君
がやって来ました

a0199297_17332281.jpg

a0199297_17335742.jpg
青のプリウス君はすでに
84000kmを走っていて
コレからは僕がその距離数を伸ばします。


a0199297_18594260.jpg


青空を映すと車体の青色が際立つ
青のプリウス君は
今日から僕の新しい相棒となりました


「どうぞよろしくおねがいします」



(微笑)








週を重ねる毎に
風邪引きさんでお休みする子の数が増えて来る
12月ですので
、、
a0199297_17445198.jpg
今週は
「自画像週間」(毎年恒例12月は八つ切り画用紙に鉛筆で自画像を描き
将来の夢を書き込みます)
、、

a0199297_19100551.jpg


『2017年の自画像』
なリベラです




今週は(も?)
面白い作品でいっぱいになるぞお〜

!!



(^0^)/




# by yoshikazusuzuky | 2017-12-08 00:07 | かいがきょうしつ リベラ | Comments(0)
我が愛車
白のプリウス君、
本日が
『 最後の走行( Last Run )』
でした

a0199297_23515231.jpg
『 291, 911 Km 』(今日までの走行距離)

明日の午前中、
白のプリウス君を車屋さんに送り届けたら
青のプリウス君と
帰って来ます

今夜はね、
白のプリウス君との今までのコトを
思い起こして書き綴りたいなと思っていたのですが
夕方リベラの生徒さんから電話が架かり
非日常の世界へと引きずり込まれて(戻されて)
しまいました。

例の手紙がとうとうリベラの生徒さん個人のお宅にも
送りつけられてしまいました。

手紙の消印は白河市から遠く離れた場所です。内容は教育委員会で見たモノとほぼ同じようですが、手紙を書いている匿名の誰かが言うところの「変態男スズキヨシカズを処罰してほしい」と訴えている先には、役所や教育委員会や学校名の他に「〜図書館館長」や「〜警察署長」が書き加えられ、その生徒さんに関連した画像と僕の画像も同封されていました。封筒裏に書かれた差出人の名前は「かいがきょうしつ リベラ・スズキヨシカズ」僕本人になっています。

戸惑い
消え入りそうな
電話の向こうの涙声



電話をしたり手紙を書いている
「あなた」
に言います。

僕を誹謗中傷する内容の手紙に
関係のない生徒さんまで巻き込んでおいて、
その手紙を警察署長に宛てて解決を求める
人の道にも理にもかなわぬ「あなた」に対して、
僕の中にはもう寛容さは存在していません。

僕の大切な大切な生徒さんが二人も悲しい思いをさせられたのですから
もう許してはおけませんよ。

教育委員会に届いた手紙は役所から持ち出すコトは出来ず
警察に届けられませんでしたが今回は現物が僕の手にあるのですから
その手紙が何処に行き、どうなり、これから何が始まるか、
「あなた」にも想像はつきますね?

いくら僕が憎くても、
僕以外の誰かを傷つけては
いけなかったのです。

電話をしたり手紙を書いている「あなた」には、
「あなた」が僕の処分を訴えた先から、
近く電話が入るコトになるでしょう。
その電話で手紙の内容を
直接「あなた」自身の声で伝えていただいて
僕は一向にかまいません。

これ以上はダメです。

これ以上僕の大切な生徒さんに悲しい思いをさせてはダメです。



a0199297_23571815.jpg
きょうは僕と我が愛車
白のプリウス君にとっては大切な日でした。





「あなたは僕の大切な生徒さんに
こんなコトをするべきではなかったのです」








# by yoshikazusuzuky | 2017-12-07 00:01 | 非日常 | Comments(0)
冬になって我が愛猫
黒猫のパトさんの鼻の頭と口の周りと
胸の辺りの毛が
、、
a0199297_20392715.jpg
ちょっとハードボイルド系


めっちゃ茶色に
なってきているのです
まさかこのまま年を越すころには
茶色猫になってしまうの
ではあるまいね? (わらら)



良い天気の朝でしたので
日向ぼっこのパトさんは
そのままで
、、
a0199297_20414178.jpg
僕は出かけて来たの
です


a0199297_20445564.jpg
ぬくいねぬくい


でも夕方に天気は一変し
雨に霙に霰が降り始めましたので
慌てて帰宅しパトさんを探し出し(探すトコロから始めねばならないの
ね)家の中へと移動させたのでした。







夜に冷たい雨は止んでいましたが
寒い寒い
、、
a0199297_21032935.jpg


でも教室は笑い声絶えなくて(中学生2名が場を盛り上げ
室内温度も上昇するので)
めっちゃあたたか
でしたよー!! (^0^)






# by yoshikazusuzuky | 2017-12-06 00:03 | 黒猫 | Comments(0)
きょうの一区切りを着けて
カメちゃんは自分の絵を見つめていました。

a0199297_19205250.jpg
上手くいったコト
上手く行かなかったコト
カメちゃんはどんなふうに情報を受け取るのだろう?

a0199297_19212098.jpg

地面に「石畳」が敷き詰められて
絵は大きく雰囲気を変えました。

鹿の絵を描いていた頃からかな?
絵を描きながらカメちゃんの口から
今まであまり耳にしなかった言葉
を聞くようになりました。

「描きながら思いついたんだよ」

カメちゃんの頭の中の完成図がその時々の状況により
その姿を変えてゆく?(当たり前のコトの様で
今までのカメちゃんからは想像出来なかった
その時々の思いつき
で絵を変化させてゆくカメちゃん)

カメちゃんが能力として備えていた
「創造力(想像力?)」が、
次の段階へと発展しつつあるように、
絵を眺めるカメちゃんの後ろ姿から
感じました。 (微笑)


「きょうは音楽を変えたいな」

カメちゃんリクエストのBGMは
MIA DOI TODD のアルバム
『THE GOLDEN STATE 』
でした。




コットマンサークル終了時間が近づいた頃から
雨が降り始めました。

a0199297_19215870.jpg

a0199297_19222303.jpg

a0199297_19224248.jpg
めちゃめちゃ楽しそうに絵を描くコットマンサークルの面々

(^〜^)



コットマンサークルのBGMには
Enya のアルバム
『THE MEMOLY OF TREES 』
を流してみました。







そして『いつかの未来に』(先週から中学生高校生にも
未来テーマの絵を描いてもらっています)
を描くカズイ君には
、、
a0199297_19241891.jpg


『天空の城ラピュタ 〜飛行石の謎〜』
のサウンドトラックを選んでみたのだけれど
、、

「ヨシさんが聴きたいだけじゃないの?」

「はい
その通りです
」 (わらわら)


どんな音楽が流れていても
カズイ君は電車の話(でも今日はラピュタ音楽効果で
「近未来世界の電車」
に思いを巡らせながら)
をするのでした

(^〜^)





日常

変わらない毎日の中で
変わってゆく
と言うコト

でも変わらない毎日が
ココにある
と言うコト






(微笑)






# by yoshikazusuzuky | 2017-12-05 00:02 | かいがきょうしつ リベラ | Comments(0)
決められた時間の中から
決められた時間以上の時間を絞り出そうと
四苦八苦する人が
今日どれだけの数いたコトか

なのに僕は
今日という一日
時間をつぶして
過ごしました

a0199297_22532201.jpg
ひとつ場所に留まるコトを
高ぶる神経回路は受け入れられずに
移動を繰り返した
日曜日でした



明日は月曜日です




# by yoshikazusuzuky | 2017-12-04 00:05 | 非日常 | Comments(0)
もちろん朝の気温はとても低くて
陽だまりに在っても寒かったの
ですが
、、
a0199297_17020247.jpg
黒猫パトは濡れ縁で
「ゴロゴロ」
とも喉を鳴らさず熟睡して
いました

黒猫パトの黒色の
毛皮を「ふわり」と
触ってみると、
ハンパない熱吸収率で驚くほどに
「温々(ぬくぬく)」
としているのですが
、、
a0199297_17065562.jpg
「そそそ〜〜〜」
っと下から手のひら差し入れ、
ゆっくゆっくり抱きかかえ、
家の中へと移動させては寝かしつけ、

自宅を教室へと
出かけて来たの
でした





「ヨシさんはホントに変態なんだからしかたねんじゃね!!
きゃはははははは!」


どんよりと停滞した曇雲を
子どもたちがひと蹴りに笑い飛ばしてくれます。

どんなに深刻なコトが起こるかもしれないという状況にあっても
何一つ妥協することなく通常モードで暴れまくる子どもたちの存在が
これほど有り難く感じたコトはありません。


でも子どもたちの写真は撮れなかったので
作品部分の素敵な生き物たちを
ご紹介です


a0199297_17171350.jpg

a0199297_17172889.jpg

a0199297_17174514.jpg

a0199297_17180597.jpg



こ、、このウサギ(か?)は
何なのだ? f^^:

a0199297_17204786.jpg

素敵なのかなんなのか
よくわからないけど f^^:
「う〜む」
野原で出会いたくない
ウサギ(なのか?)
であるね。 (わらわら)



なんだか区切りがつけれない
一週間
でした




みなさんも一週間
お疲れさまでした






(微笑)





# by yoshikazusuzuky | 2017-12-03 00:00 | 黒猫 | Comments(0)

いつも教室へのご理解とご協力をいただき心から感謝しております。

今回のお手紙は生徒のみなさんへのお詫びとお願いになります。


気持ちのよい話しではないのですが、一週間前(11月24日)より

公衆電話から男性の声で僕を誹謗中傷し脅迫する電話が

かかって来るようになりました。

三度目の電話で脅迫の内容が行き着く所まで行ってしまったのと、

電話がかかって来た時刻が子どもたちの教室時間帯であったコトを不安に思い、

警察に相談をしました。

その辺の経緯は僕のブログを読んでご存知の方もあるかと思いますが、

もしお時間あれば内容に目を通して下さい。


『スズキヨシカズ幻燈画室』 http://suzuky.exblog.jp/238028907/


そして一週間後の今日(12月1日)、

ある生徒さんの親御さんより、その子が暮らす町の教育委員会宛に

匿名で手紙が届いたとの連絡をいただきました。

その町に出向き教育長さんに事情を話し、

「関係者各位」「白河市民より」と題された、その手紙を見せていただきました。

そこには、僕が発信しているブログの内容と、

そこでの個人情報の取り扱いについて「スズキヨシカズを処罰してほしい」というコトが、

様々な言葉と表現を使い、A4用紙2枚にワープロ印字されており、

3枚目には「変態男が女の子と、、」と説明書きされて、

ご連絡をくれた親御さんのお子さんと僕のツーショット写真が添付されていました。

「この子の縁者ではないが自分の子もこの絵画教室に通っているので心配である」

とも書き添えられていました。


今までのブログを読んで下さった方ならわかると思いますが、

内容と文章、子どもたちの写真にも出来る限り気をつかい、

正面からのアップの写真などは極力載せないようにしながらブログを更新して来ました。

掲載する名前もカタカナや愛称を使用して来ましたが、


完全に僕の子どもたちに対する慣れと不注意とが招いた事態でした。


(この手紙についても警察署に出向き報告をすませています)


書面でのお詫びでは失礼になってしまいますが、

もし今までに書いた僕のブログの文章や掲載した写真によって

不愉快な思いをされた生徒さん、そしてそのご家族の方がおられましたら、

深く心からお詫びいたします。


尚、ブログ内の写真を削除してほしい旨のご希望がありましたら、

即刻削除させていただきますのでご連絡いただけませんでしょうか。


今回の手紙が、ドコに、どのくらい、発送されたのか知る術もありません。

「殺す」と脅される程の恨みを買うような内容のブログを

今まで書いたコトがあったのかどうか、、無責任な話しですが

自分では判断仕様もありません。


もし何か皆さんの耳に入ったり、

お気づきの点があれば、

ご面倒ですがご一報いただけると有り難いです。


僕の気づかいの無さから、

生徒さんと保護者の皆さんに不安な思いとご迷惑をおかけする結果になってしまったコトを

お詫びいたします。




、、という内容のお手紙の配布を

今日から教室内で始めました。

この一週間に起こった出来事は全て繋がっていたようです。

何かが起こり、警察からの要請が無ければ教育委員会に届いた手紙は外には出せない

とのコトで、その場で読ませていただきました。

完全に僕の不注意と気遣いの無さが招いてしまった結果なのだと思います。

あまりにも子どもたちとの距離が近すぎて判断力が鈍っているのかもしれません。

ただ、その誰かが手紙の中で主張しているのが

子どもたちをスズキヨシカズから守るコトであるならば

手紙に子どもの写真を添付してバラまくような真似はしないでほしい。

ブログから写真は削除しました。

迷惑をかけてしまいましたゴメンナサイ。

そして、この手紙を読んで

全てが繋がりました。

恨まれるってこういうコトなのですね。

とにかく攻撃対象が僕ならば、

もうこれ以上、子どもたちを巻き込まないでほしいです。

そして「誰か」とか「手紙」とか「公衆電話」とか

「教育委員会」など経由させずに、

ココまで恨まれているコトを僕は理解しましたので、

教室や子どもたちや一般の生徒さんを巻き込まず、

真っすぐ僕だけに矛先を向けて下さい。

生徒さんや子どもたちの保護者の方から批難されるならば受けましょう。

でも「あなた」の責め方は間違っています。

いままでに僕からもらったモノは錆び付いたガラクタばかりでしたか?

少しでもキラリと輝くモノはありませんでしたか?


とても残念です


きょうの教室では1回もカメラのシャッターを切ることができませんでした。

いつものように僕にまとわりつく男の子も女の子も

小学生も中学生も、

外から誰かに見られるコトなんて今まで意識するコトなく

教室をやっていたけど、

昨日も今日も真っ暗なガラス戸の向こう側が気になって仕方ありませんでした。


「変態男、、かあ」


「恨まれているんだなあ」






あすは土曜日です。


教室は子どもたちがいっぱいです。




(微笑)




           


# by yoshikazusuzuky | 2017-12-02 00:00 | かいがきょうしつ リベラ | Comments(0)
自宅から教室までは
国道298号線を西に向かって真っすぐ進む。
その正面には那須(なす)と甲子(かし)の山々が連なっていて
その向こう側は会津です。
その山々を越えて流れ出すかのように
雪雲が溢れている光景を見ました。
日中よりも気温が下がっています。
雨が霙に、、
そして雪へと変わってゆくように思います。


きょうのブログタイトルの『暗闇に潜む者』は重たいでしょう?
「何かあったのか」と思われそうですがそんなコトはなくて、
昨夜目撃して驚いた光景のお話しです。

昨夜、、と言っても7時くらいのコトですが
帰宅するのに「南湖(南湖公園)」の周囲を
ぐるりと巡っている道路を通りました。
『南湖公園』は白河藩主の松平定信公が1801年に建造した人造湖公園で、
日本最古の人造公園だと言われています。(国の名勝史跡にも指定されています)
始めは気づかなかったのですが、
湖面より漂う仄かな微光しかない真っ暗闇な湖畔と
その周辺の松林の中に、人影を目にとめたのです。
「ん?」と思って自動車のスピードを落として暗闇に目をこらすと
ソコにもココにもアソコにも。
ひとり目に付くと次々と目視確認出来てきて、
気づけば自動車の周りを取り囲まれるかの様に暗闇の中に
おびただしい数の人間たちが(人間の群れが)
蠢いていたのでした。

「ビックリ(ドキリと)しました!」

黒魔術の儀式でも執り行われていて
捕まったら生け贄にされてしまうのではないかと思いましたよ。(ははは)f^^:

その集団はどうやら『ポケモンGO』とか言うゲームなのか何なのか知らないけれど
その集団らしかったのでした。
しかし、ビックリですね。
暗闇の中で顔だけを青白くブルーライトに照らし出された人間たち
と言うのは、かなり不気味な光景でした。

まあどんな趣味の世界でも同じコトが言えると思うけれども
「興味の無い者は語る資格を持たない世界なのだなあ」
と思いました。

何か見てはいけないモノたちを見てしまったのではなくて
生者の集団だったので
よかったよかったと胸をなで下ろしたのですが
異様な光景には違いなかったの
です。 f^^:






きょうは何事も無く一日が終わった感じです。

でも
、、
a0199297_21460215.jpg
ガラス戸の向こう側の暗がりに気を向け(気を張り)ながら
いつも通りではあるけれども緊張しながら子どもたちをみていました


『いつかの未来に』

a0199297_21470052.jpg
ハル坊の下絵は完成
かな?

(^〜^)


a0199297_21472262.jpg

a0199297_21473883.jpg

a0199297_21475326.jpg


不思議な生き物たちがいっぱいです。 (うふふ)




ヨシキちゃんのは、、
a0199297_21482132.jpg
描き上がりまでもう少しかな?



a0199297_21484165.jpg

a0199297_21493287.jpg

a0199297_21503793.jpg



(^〜^)




あした目が覚めたら
白く雪化粧した風景だったりするのかなあ?
天気予報では氷点下まで気温は下がらないみたいだけれどね。









# by yoshikazusuzuky | 2017-12-01 00:00 | かいがきょうしつ リベラ | Comments(0)
ひさしぶりに
「僕の鞄(ぼくのかばん)」
と再会したの
でした

a0199297_02013957.jpg
ぼくのかばん http://suzuky.exblog.jp/23594420/


こわれてしまった僕の鞄はいま
『NORDFELD』に在ります。



黒磯の
『NORDFELD』
で、、

a0199297_02160999.jpg
『NORDFELD』https://www.facebook.com/nordfeld.leather/

再生の為の時を
過ごしています



もうすぐまた
コノどでかい体に小さな鞄を襷掛けして歩ける日が
戻って来てくれるのがとても嬉しいのです。



新たに作ってもらうストラップの幅や真鍮製の金具、
交換部分の側面の襠についての打ち合わせを済ませ
この鞄に対する(ちょっと入れ込み過ぎな)僕の気持ちも
たくさん聞いてもらって、
いよいよ再生する為の作業へと
進めてもらったのです。



『NORDFELD』
栃木県那須塩原市豊町8-40
tel.fax : 0287-74-3735
open . 11:00 ~ 19:00 close : 水・木



(萬)吉田商店 さん http://suzuky.exblog.jp/19342677/
がNORDFELDさんとの出逢いを
取り持ってくれました。


感謝。


「楽しみだあ」
「僕の鞄が返って来てくれるのだ」




(微笑)





# by yoshikazusuzuky | 2017-11-30 00:08 | 繋がる想い | Comments(0)
昨日はカメちゃんの
とても素敵な言葉たちに
「ふわり」
とした気持ちだったし
そんな気持ちを伝えたいブログでもあったので
それ以上にそれ以外のコトは書かなかったのですが
昨日、公衆電話から再び
電話があったの
でした

携帯電話は、
公衆電話からの着信拒否に設定したので
録音メッセージが流れるだけで繋がらなかったので
数分後に教室の固定電話に
やはり「公衆電話」から着信しました。

a0199297_21374126.jpg
前回同様
「よしかずか!?コノヤロー調子にのってんじゃねーぞ」
から始まりました。

もちろん「どちらさまですか?」の問いかけに
返って来る言葉も
「ふざけんじゃねーぞコノヤロー」
「調子に乗ってんじゃねーぞコノヤロー」
です。

じつは白河には僕と同姓同名(字は違う)で「写真」をやられている
「すずきよしかず」さんがいらっしゃるので
ためしに「人違いをされていませんか?」と訊ねてみたのですが
返って来たのは
「ふざけてんじゃねーぞ俺はオマエにつきまとってんだからな」
と言うモノでした。

僕はつきまとわれていて
僕の行動は把握されているコトを
僕にハッキリと伝えたワケです。

(訊ねなければ良かったと
その返事を聞いて少し後悔しました)

「調子にのって写真なんか出してんじゃねーぞ」
「幼稚な絵なんか描いてんじゃねー」
「絵画教室なんかやめちまえ」

、、と続け
最後にもう一言
、、

「お前をぶち殺してやるからな」
「行ってヤるからな待ってろよ」

、、で電話が切れました。

教室に「来る」そうです。
僕を「ぶち殺し」に

どうあっても素性は明かさないのだし、
電話がかかって来たのは
ちょうど子どもたちの教室時間の枠内でしたので
僕は迷わず警察に電話をかけて
先週からのコトと公衆電話の声の主の一言一句(僕が記憶している限りを)違えずに
伝えました。

警察が介入するのは仕方のないコトです。

何故ならソレは僕の命の問題ではなく、
僕に何か非がある(現在ばかりではなく遠い過去まで遡って非がある)としても
子どもたちを巻き込んだのは
「公衆電話の声の主」
誰だか知れない
「あなた」
です。

もちろん教室に何かが起きるか
僕に何かが起こらない限り
法執行機関が動くコトは無いワケですが、
それでも何かが起こった時の準備は
整っています。



電話は「24日(金)」から
突然始まったのです。

「24日(金)」どんなきっかけがあって
何処で何を目に留めて、僕に対する怒りがわき上がり
電話をかけ始めたのだろう?

前回も今回も一方的な論点は
僕が写真を発表するのが気に入らない
というコトです。

何故にそんなに僕が写真を発表するコトにこだわるのだろうか?

僕が写真を発表するコトに反対だからと言って
僕を「ぶち殺す」とまで言わなければ
気が済まない誰かとは
誰なのだろう?

(いくら考えてもわからない)


自分でコントロール出来ないコトについて
あれこれ悩み、考えてみても益は無いけれど、
殺されるような死に方だけはイヤだし
そんな死に方だけは許せないな。

電話で応対してくれた警察官の方に「スズキさんまで電話口で感情的にならず
相手を刺激するようなコトは言わない様に」とアドバイスをいただいたけれど
、、

a0199297_21425155.jpg


間違いなくこの場所で
僕の写真を観て絵を見て教室を観て
この文章を
読んでくれているのでしょう。

僕が教室で
一人きりになるコトの多いのは、
『火曜日から金曜日までの14時から15時45分まで』
『月曜日から土曜日までの21時以降』
ですので、
来るならば子どもたちや一般の生徒さんの居ない
この時間帯に来て
僕が居るかどうかガラス戸から中を覗いて見て下さい。

重ねて言いますが、
公衆電話の声の主たる「あなた」にとっての僕が、
どんなにヒドく、最悪の人間であって、
過去に「あなた」に対してとてつもなく不快な思いをさせていたとしても、

昨日のように
僕の子どもたちや生徒の誰か一人でも教室にいる時間帯に電話をかけて来て
少しでもコワい思いをさせたとしたなら、

公衆電話の声の主たる「あなた」に
必ず僕の方から会いに行きます。




# by yoshikazusuzuky | 2017-11-29 00:00 | 非日常 | Comments(2)