ブログトップ

スズキヨシカズ幻燈画室

suzuky.exblog.jp

満月ノ晩ノ蒼色幻燈会 ... 始マリ始マリ

イク、、
a0199297_17281445.jpg
いろいろあって
きょうががさいごのリベラでした。(つくえのしたでさわぎすぎたのが
「りゆう」
ではありません)


まいしゅうまいしゅう
かならずひとつ、なにかをこわしたイクでした。(がそれがリベラにこれなくなる
「りゆう」
というワケでもありません)追記:イクは将来「博士」になるのではないだろうか?

(ただたんにそういうタイミングだったんだね)

イクがいなくなってしまうと
、、
a0199297_17454768.jpg
「ほんとうにほんとうにさみしくなるなあ」
ヨシさんはそうおもっています
(ココロのなかがどしゃぶりです)


またイクに
、、
a0199297_18061909.jpg
あえたらイイなあ
とおもいます



火曜日の教室からは3名が卒業してゆきました。




バタバタしていて写真も撮れぬママ
みんな帰って仕舞いました




中学生になる
カレンちゃんとムッちゃんの
、、
a0199297_19120383.jpg
「置き手紙」

です




「またね」





(微笑)







# by yoshikazusuzuky | 2017-03-29 00:09 | かいがきょうしつ リベラ | Comments(0)
「そとだせ〜そとだせ〜」
と黒猫のパトさんに脅迫されて勝手口の戸を引き開けたのが
午前5時34分だったか36分だったと
記憶しています。そのとき雪は降っていて、すでに2〜3cm積もっていました。
さすがのパトさんも積もった雪を見てしばらく躊躇してから
(トイレに)出かけて行きました。

それから2時間足らずで
、、(ちなみにパトさんは外出から30分ほどで帰宅し僕のベッドの中にもぐり込み
毛布を「もみもみ」して「ちゅぱちゅぱ」しながら眠りの続き
していました)
a0199297_19072424.jpg
外はとんでもないコトに
なっていました。

水分をたっぷり含んだ重たい雪に
完全に取り囲まれ
、、
a0199297_19145377.jpg
世界は固め囚われてしまったかのように
静寂に近い沈黙で支配され
ていました


教室まで来るのに通常の4倍の時間がかかりました。
送電線から落ちて来る雪塊の直撃は、
フロントガラスの強度を心配してしまうくらいの威力があったし、
とんでもなく損傷した事故車に何台も遭遇しました。


朝から絶望感にも似た気持ちにさせられ
ただただ驚かされたスゴい雪でしたが
カメちゃんは遅刻しませんでした。

昼からのコットマンサークルの教室も
人数は少なかったけれど通常通りに
開催されたし夜のカズイ君の教室も同じでした。(敬服)



そんな大雪の日に出逢った『水晶(すいしょう)』のお話しをします。
(「出逢った」と書いたけど
ほとんど水晶に「呼ばれた」に等しい出逢いでした)

それはまさに春に緩んだ土の中から掘り出された
結晶した冬の化石のような水晶でした。

a0199297_19333205.jpg

a0199297_19332130.jpg

a0199297_19335675.jpg

こんなお天気の日に、どこでどんな出逢い方をしたかは
ないしょですが、
長さ5〜7cm・太さ2〜3cm に成長した美しい結晶が美しい形で集まった
素晴らしい個体で、
成長過程での環境変化により残された『成長痕』や、
他の鉱物とかかわって出来た『干渉痕』と『侵蝕痕』が
結晶表面のいたるところに深く刻み込まれています。

(それはレコーディングされた地球の呟きです)

それらの『痕跡』だけでも長時間見惚れていられるのですが
もっと素晴らしい愛すべきモノを、この水晶の中に見つけてしまいました。

a0199297_19573800.jpg
「わかりますか?」
(みえますか?)

太い結晶のある一面にだけ
1mmにも満たない
小さな小さな結晶が数本
「生えて(そだって)」
いるのです。


この小さな結晶から表面に多数残された『痕跡』についていろいろと推察も出来るのですが
そんなコトよりもただひたすらに、
「この小さな小さな数本の結晶を愛でていたい」
そんな気持ちにさせてくれます。



素晴らしい個体に出逢った
大雪の日の話しでした。




(微笑)




おまけの画像

老眼の始まった目を今よりさらに細めながら
細かい細かい字を書いて
、、
a0199297_20212731.jpg
a0199297_20214092.jpg

「石の地図(いしのちず)」
作っています
。(巻物風に「くるくるくる」として
展示を観てくれる子どもたちに配りたいのだ)



(^〜^)









# by yoshikazusuzuky | 2017-03-28 00:01 | 理科室の記憶 | Comments(0)
「苦手なコトがあります」
再三ココでも言っている気がするけど
「休日(やすみのひ)」
が苦手なのです。(休むのが苦手です)

ここ数日間に別々の場所で数名の方から
「日曜日に予定入れていないのならお家で休養しなさい」
と言われていたのですが実は僕は今日も『りょうぜんこどもの村』に行ってしまおうと考え
昨夜からいろいろと新たな趣向をこらした準備などをしていたのですが夢を見ました。
夢の中の別々な場面で数名の方から
「日曜日に予定入れていないのならお家で休養しなさい」
と言われてしまったのです。

が「それでも」と思いながらベッドから起き出したら
リベラっ子の親御さんかメールが届き電話をして話しをするコトになりました。
電話を終えて家の中のコトを仕舞いにして「それでは」と思っているトコロに
黒猫のパトさんが帰宅しました。

そして黒猫のパトさんは、、
a0199297_16233679.jpg
ソファーに敷いた毛布の上でまるくなり
気持ち良さ気に眠ってしまったのでした。


その寝姿があまりに気持ち良さそうだったので
起こして外に連れ出して一匹(ひとり)
留守番をさせる気になれなくて、、
a0199297_16250649.jpg
けっきょく
「日曜日に予定入れていないのならお家で休養しなさい」
という言葉に従う気持ちになったのでした。

でも「りょうぜんこどもの村」が気になって仕方ないのです。
「行かなければならない」などという義務感からではなくて「行きたくてしかたない」
のです。なぜならば、(僕の勝手な思い入れではありますが)いまげんざいの「〜こどもの村」には
僕の居場所があるのです。僕の心地よい空間が、そっくりそのまま再現されている場所があるから
なのです。しかもその場所はまだまだ完成途上で4月までは日々変化を続けているのですから
心引かれないワケはないのでした。


昼から雨が降り始めました。
家の中のコトもしたし「日曜日に予定入れていないのならお家で休養しなさい」と言うコトにした
のですから今日の午後は「好きなコト」をするコトにしました。

『ブルーイング』って知ってますか?
鉄粉を混ぜ込んだプラスチック樹脂を磨いて磨いて
特殊な腐食剤を使って青黒く染め上げてまた磨き
、、
a0199297_16381470.jpg
金属としか思えないような
「質感」
に変貌させるのですが
、、
a0199297_16383148.jpg
ご存知でしたら
いまはちょこっとだけ見逃して下さい

いちおう子どもたち関連の仕事をしている手前
ココではその話には触れないようにしてきたのですが、、
a0199297_16414428.jpg
中学生のコロからの「僕の好きなコト」なので仕方がない
のです。(むかしはこの趣味についてのブログをやっていた時期
もありましたが探しても見つからないと思うので探さないで下さい)


そんなワケで、、
a0199297_16450973.jpg
ほんとうに久しぶりにナンでもなく好きなコトをしながら
自宅で日曜日を過ごした僕
です。



黒猫のパトさんも
、、
a0199297_16462492.jpg
僕といっしょにおなじ日曜日の時間を過ごしました



ああ、、

『りょうぜんこどもの村』

、、いきたかったなあ



(まる)









# by yoshikazusuzuky | 2017-03-27 00:01 | 黒猫 | Comments(0)
卒業が始まり
新しい何かも始まります
a0199297_16490569.jpg

リベラっ子も
リベラを飛び出して
ゆきます。


きょうは
、、
a0199297_17023443.jpg
シュンちゃんがリベラを卒業してゆきました
。(シュンちゃんは往復で90Kmの距離を
毎週土曜日通って来てくれました、、送迎のお母さんにも感謝)

10年後にシュンちゃんは22歳になっています。

22歳になったシュンちゃんは、、
a0199297_17113585.jpg
どんなシュンちゃんになっているのだろうか?


シュンちゃんが手紙をくれました。
リベラ教室のすぐ目の前にある高校に入学して(3年後の話しね)
またリベラに通いたいと書いてくれていました。
嬉しいなあ。
待ってるよシュンちゃん!  ^〜^)/(^〜^*




春休みに入っているのでお出かけしてしまって
お休みの子もいたのですが、、
a0199297_17334082.jpg
a0199297_17342787.jpg
いつも通りに忙しない土曜日の一日
久しぶりに載せる子どもたちの写真です。

あたり前のコトだけど、、
みんな10年後には10こだけ
ちゃんと歳をとっていてほしいなあ
、、とね
a0199297_17372946.jpg
みんなの絵を見ながら思う
ヨシさんでした。



春休みに入っても
模試やら春期講習やらで忙しすぎる
中学生も高校生も
、、
a0199297_00064566.jpg

a0199297_00070120.jpg

一週間お疲れさまでした



きょうも『光のうろこ』のワークショップは
盛況だったのかなあ?


『りょうぜんこどもの村・遊びと学びのミュージアム』
の活動ブログで、
3月19日(日)のワークショップの様子が
紹介されています!

ぜひご覧になって下さい!!





(^〜^)






# by yoshikazusuzuky | 2017-03-26 00:07 | かいがきょうしつ リベラ | Comments(0)
『りょうぜんこどもの村・遊びと学びのミュージアム』
3月19日(日)のワークショップの様子など
紹介していただいてます! (^〜^)




# by yoshikazusuzuky | 2017-03-25 16:03 | 繋がる想い | Comments(0)
「猫といっしょである」

家の車庫の片隅にばらまかれていた(河原で採集して来たメノウたちといっしょに
「ばらり」とおかれていた)研磨されたメノウ粒を拾い集めて教室に持って来て
机の上に置いておいたらば、まずは夕方の子どもたちの何人かが石に気づき
何個かの赤いメノウを選んで持ち帰りました。

教室に新しいモノが増えていると直ぐに気づく「リベラっ子」たち。
猫も新しいモノがあると直ぐに近づいて来て
念入りに匂いをかぎ確認しますからね。

夜にやって来た中学生も石に気づき
、、
a0199297_21240101.jpg
なぜだか一心不乱に洗い始めた
のでした。

「あキレイ」「あキレイ」「これもキレイ」「あキレイ」

洗った石たちをならべながら
呪文のようにつぶやくその子は
、、
a0199297_21261513.jpg
石たちをヨーグルトの空き瓶に入れて持ち帰りました

勉強机の上に置き、
水の中で色を変える石たちを
楽しむのだそうです。(微笑)


、、いやいやいやいや
(微笑)
じゃないから、、って言うか
別にみんなに配るつもりで持って来たワケではなかったのですが
石を愛でる誰かの姿を見ていると、
ついつい「もってけー」と言ってしまうのだよねえ。(ははははは) f^^:



そうだ、
子どもたちは春休みに入っているのだよね。

『りょうぜんこどもの村・遊びと学びのミュージアム』
では4月4日(火)まで毎日、(僕はいないけど)
『光のうろこ』ワークショップを開催中ですよ!(3/22・29の水曜日は休館)

a0199297_00042150.jpg



a0199297_00043705.jpg

ぜひぜひ参加してミュージアム内を「キラキラ」な「うろこ」で
いっぱいにしちゃって下さいね!!

僕の鉱物(いし)たちの展示
『いしたちのないしょばなし 〜石が話してくれたコト〜』
も開催中!コチラは9月24日(日)までですので
是非(ぜひ)に!! (微笑)



明日は土曜日で教室です。



リベラを卒業してゆく子どもたち
巣立ちの始まりです。




(微笑)






# by yoshikazusuzuky | 2017-03-25 00:09 | かいがきょうしつ リベラ | Comments(0)
「夢」を見るというコトについて。

「夢」とは外的な刺激が睡眠中の脳に何らかの影響を与えて
見せるものなのだろうか?
それとも脳内で起こった何かが
直接「夢」の領域に働きかけて見せているのだろうか?

昨日の夜はね、
たくさんの子どもたちが
「きゃっきゃ」「きゃっきゃ」
と大はしゃぎしながら家の周りを走り回っている
「夢」だったんだよね。
ただソレがホントウに「夢」だったのか否か?
確信が持てないのが困ったところなのでした。

ずいぶん前にココにも書いたけど
「僕は猫(パト)が人間の言葉を話すのを聞いたコトがある」
ので、もしやあの大勢の子どもたちのはしゃぎ声は
「猫たち」だったのではないだろうか?
と思ったりもするのでした。



きょうは、、
a0199297_20083906.jpg
『第3回 リベラ・ガチャガチャ大会』
に遠くから参加して下さった
方々が当たったガチャガチャカプセルを、、
a0199297_20091845.jpg
梱包して発送する一日
でした



もうすぐお手元に届くと思いますので
もうしばらくお待ち下さいね。  /(^〜^)




きょうは小学校の卒業式でしたね。
「ヨシさんのリベラっ子」の卒業生のみんな、
そして「ヨシせんせい」あるいは「ヨシカズせんせい」といっしょに絵を描いた
あちらこちらの小学校の卒業生のみんな、
「卒業おめでとう!」(^0^)/
明日からのみんなの一日一日が、
素晴らしい毎日になりますように。
「ヨシさん」は「ヨシせんせい」は「ヨシカズせんせい」は、
祈っていますよ。 ^〜^)/(^〜^*




あすは棚倉町の教室から始まります。




今夜は
お仕舞いです




(微笑)






# by yoshikazusuzuky | 2017-03-24 00:01 | 繋がる想い | Comments(0)
きょうの午前中にやらなければならないコトはあったが
タイミングを逃したら誰かに迷惑がかかるような予定は
入っていなかった。
しばらく午前中に予定が入っていないという日が無かったので
気がゆるんで昼近くまで眠ってしまった。(黒猫のパトさんも僕が目覚めるまで昨夜からずっと
まるで寄り添っていてくれるかのように僕のベッドで眠っていてくれたのが嬉しかった)

でも嫌な夢ばかり見た。
ずっと踏切の警報機が鳴り続けていた。
押し入れを開けたら巨大なスズメバチの巣があって数え切れないくらいのスズメバチたちが蠢いていた。
目覚める度にパトのやわらかな感触を確かめて
夢が夢であるコトを自分に納得させてまた眠った。
長く眠った割に
疲れはいっこうに解消されていないのが悔しいところです。



「りょうぜんこどもの村・遊びと学びのミュージアム」での
『光のうろこ』ワークショップは4月4日(火)まで続きます。

前回は、子どもたちが作った中でイチバン気に入った「うろこ」を、銀色の缶々に入れて採集ラベルを貼って、持ち帰ってもらったのですが(じつは準備数が間に合わなくて子どもたち一人一人には行き渡らず家族で1個になってしまいました)即日配りきって無くなってしまったのです。銀色の缶々はカッコいいんだけど、なかなかまとまった個数は揃わない。でもワークショップ期間中、子どもたちが「楽しい気持ち」で、作った「光のうろこ」を持ち帰るコトの出来る「何か」はないか、、と考えてクニクのサクです、、
a0199297_21353228.jpg
リベラのガチャガチャ大会ように準備していた透明なガチャガチャ玉を
「あぶくだま(泡玉)」に見立てます。


a0199297_21360136.jpg
ガチャ玉用の採集ラベル(というか説明書き用紙)も用意しました。

何個残っているのか数はかぞえなかったのですが大会で250個使ったから、、
a0199297_21361642.jpg
150個くらいは残っているのではなかろうか?

そんなワケで本日、、
a0199297_21364886.jpg
「りょうぜんこどもの村・遊びと学びのミュージアム」に宛てて
『ガチャ玉』あらため『あぶくだま』ダンボール箱を
発送したのでした。



週末の子どもたち、、
a0199297_21364069.jpg
「うろこ」作りを楽しんでおくれね!! (^〜^)




子どもたちは、ずいぶん前に
描き上げてくれていたのに発送準備が
延々となっていた、、
a0199297_21371859.jpg
『からくりアイディアコンテスト』
応募用紙を投函しました。(今の段階ではまだ「過去形」ではなくて
このあと帰りがけに郵便局のポストに投函します)

もうほんとに、審査して下さる
「からくり職人」
の皆々様方に、、
a0199297_21373754.jpg
到着前から謝罪の気持ちでいっぱいではあります。(否否こどもたちはいたって真面目に描いてくれているとヨシさんは信じたい気持ちでイッパイではあるのですがそれでもやはり「ごめんなさい」と今のうちに謝らせてください)f^^:



そんなワケで
こんやも順繰り順繰り
ひと仕事ふた仕事
片付けたので
明日はまたつぎの仕事に移るのです。


では、こんやはココまで。




こんやは嫌な夢、、見たくないなあ。






# by yoshikazusuzuky | 2017-03-23 00:08 | 繋がる想い | Comments(0)
順繰り順繰りから『消えない流れ星』が抜け落ちていたので
、、(と言ってもそのコトを
忘れていたワケでは断じてないのですが)
a0199297_22263525.jpg
今夜は
『消えない流れ星』
を準備していました


a0199297_22265814.jpg
「燃え尽きることのない星の欠片が、、
みんなの夢を叶えてくれますように。」



a0199297_22272597.jpg
「そしてみんなを、、
ずっとずっと見守り続けて
くれますように。」



a0199297_22285374.jpg
そんな言葉を添えて、
リベラを卒業して行く子たちに『隕石(いんせき)』のお守りを持たせるようになって
5年になります。

は高校二年生になっています。



今週の土曜日から
リベラっ子たちは卒業の時を迎えます。

今年は、、
a0199297_22275340.jpg
紐を通せるように穴をあけた水晶の粒
を添えて箱に詰めました。(もちろんヨシさんと黒猫のパトさんからのお手紙と
パインアメひと袋もいっしょにね)


(微笑)


きょうは
雨降りの一日
でしたので、、
a0199297_22305087.jpg
黒猫のパトさんはそのほとんどの時間を家の中で過ごしました
。(ちなみに、、
きょう火曜日の子たちからも3名がリベラを卒業します)


 


あすは『からくりアイディア』の申し込み用紙をまとめて
発送の準備をします。(ガチャガチャ大会に遠くから参加して下さった方々にも
ガチャ玉の発送準備をせねばなりません)




ではこんやはココまでです



(まる)






# by yoshikazusuzuky | 2017-03-22 00:24 | 繋がる想い | Comments(0)
今月に入ってから黒猫のパトさんと白猫のノラさんの力関係が
『 黒猫 < 白猫 』
の様相を強く呈し始め、、
a0199297_19252778.jpg
現在パトさんの陣地は
はぼ自宅屋内しか残されてはいない状況となって
しまっているのでした。(自宅は完全にノラさんの「マーキング」で取り囲まれています)

a0199297_19260119.jpg
a0199297_19261335.jpg

生き残りをかけて挑んで来るノラさんの圧力に
パトさんが対抗出来ないであろうコトは始めからわかっていたのに
人間の、、と言うより
黒猫と白猫がいっしょにいる光景を夢見てしまった
「僕のエゴ」です。

パトさんは
、、
a0199297_19310338.jpg
ソレの犠牲となりました



「どうしたものでしょう、、か」 (ね?)



ちなみに僕の3m以内には近づいては来ないモノの
「ノラさん」
と呼ぶと、、
a0199297_19262975.jpg
「にゃん?」

、、と返事をするようになってしまった
白猫のノラさんです。 (う〜ん?)



きょうは祝日でしたがリベラは通常時間割りでの教室でした。

しばらくご紹介出来ないうちに月曜日のカメちゃんの
青いバラの絵は仕舞いとなり、、
a0199297_19401546.jpg
a0199297_19402945.jpg
a0199297_19410039.jpg

先週からは
「新作」
の制作にとりかかっている、、
a0199297_19411481.jpg
月曜日のカメちゃん
です。



いよいよ春には高校3年生になる夜の教室のカズイ君もあいかわらず絵を描きに来ているのか人生相談に来ているのかワカラナイ感じで時間をすごして最終的には腹筋を鍛えて帰っていっている紹介しようがすまいが相変わらずのリベラ教室なのでした、、などと言ってはいられない。

順繰り順繰りやることをやらねば。

まずは今週中に小田原のマミさんところに『からくりアイディア』の「応募用紙」を完成させて(子どもたちが描きまくったというか描きなぐったというか山盛りワケがわからなくなっているのと名前などを清書する作業があったのだあったのだ)発送しなければならないし、4月に入ると直ぐに搬入と会期がはじまる団体展への出品作品を完成させなければならないし、しばらくお休みさせていただいていた『つくりびと』の「コラム」の原稿締め切りもあるし、個展の案内状用作品も準備しなければ(あれ?〆切りいつっていわれたっけ?)ならないし、、順繰り順繰りやることをやりませう。

がんばりませう

「おー」


(まる)





# by yoshikazusuzuky | 2017-03-21 00:02 | | Comments(0)
最高のお天気に恵まれて
ワークショップは大盛況の内に
開催されました。

a0199297_22214799.jpg

午前の部と午後の部に
(せいしきな集計数を聞いていないのでかなりかなりひかえめに言っても)
のべ300人以上(すごくひかえめ)子どもたちと保護者の皆さんが
参加して
、、
a0199297_22412098.jpg
「トントントントントントトトントン」
たくさんの『光のうろこ』を作って
くれました


鉱物(いし)たちが展示されている図書室も
人は途切れず盛況で
、、
a0199297_22292399.jpg
僕は「石たちから聞いた話」を
張り切って子どもたちへと(これまた保護者の皆さんにも)
いっしょうけんめい
つたえましたよ。 (^〜^*


鉱物(いし)たちに名札も
ついたのです
、、が
a0199297_22331395.jpg
じつはあまり気に入っていないのです。(各展示ケースごとの上から見た絵を描いて
そこにいしの名前を書き込んで冊子にして配布するという方向で
作り直したいと考えています)



とにかくとにかく
初日オープニングは素敵に心地よい疲労感をのこして
終了しました。(僕が参加しては今日だけでしたが
光のうろこのワークショップは始まったばかりでまだまだ続いて行くのですから
みなさんのご参加をお待ちしております)
a0199297_22415897.jpg

参加していただいたみなさんとミュージアムスタッフのみなさんに
心から感謝してぼくは今日を仕舞いとします。


「素晴らしい時間をありがとうごいました」




(^〜^)





*あすは祝日ですがリベラは通常通りの時間割りでの教室です (微笑)











# by yoshikazusuzuky | 2017-03-20 00:00 | かいがきょうしつ リベラ | Comments(0)
ああ、、日付けがかわってしまう

a0199297_00021982.jpg
くわしい説明をそえた名札を目指していたのに
それにはおよばず、

a0199297_00023678.jpg
目標の印刷部数にも届きませんでしたが、、

これ以上は睡眠時間は削れないので
片付けをして帰宅します。

あすは早朝の出発です。


明日の僕は一日
を「ポムじいさん」モード
で過ごします
a0199297_00030904.jpg
(名刺入れも明日だけの
スペシャルバージョン!)




もうすぐ
開幕ですよー!

a0199297_00042150.jpg


a0199297_00043705.jpg




(微笑)




# by yoshikazusuzuky | 2017-03-19 00:12 | 繋がる想い | Comments(0)
たったいま(日付かわって18日午前0時30分)
子どもたちのための鉱物(いし)の文章を9頁
書き上げましたので、
土曜日は頑張って鉱物(いし)たちの名札作りをします。


きょうは金曜日でしたので、
夜の教室に来るヒマリちゃんを迎える準備をしました。

a0199297_00514825.jpg

このマスキングテープを見てすぐに気づいていただけた方は
すでにどっぷりとリベラっ子です。

このマスキングテープは、、
a0199297_00512505.jpg
コレに使用します。


僕の誕生日のあと
ヒマリちゃんのさいしょの教室日は
毎年の恒例行事!


a0199297_00551556.jpg
さようなら50歳の僕



そして、、
a0199297_00560361.jpg

a0199297_00562133.jpg

はじめまして51歳の僕



ヒマリちゃんによって毎年必ず執行される
この行事(行事と言うよりも儀式かな?)
が済むと
、、
a0199297_01040911.jpg
「僕は一つ歳をとったのだ」
というコトを、自覚し実感するの
でした

(まる)





さあ、あすは土曜日だ!

もう午前1時を過ぎている。

帰宅するぞ帰宅するぞ

帰宅して眠って、

あしたも頑張るぞ!



きょうは
お仕舞い




(微笑)






# by yoshikazusuzuky | 2017-03-18 01:07 | 記憶の欠片 | Comments(0)
キャプション作る他に
鉱物の部屋案内パンフレット文章を9ページ書く
が目標

きょう4ページちょっと書いたので
1ページ目だけ載せてしまう。


『いしたちのないしょばなし』

~石が話してくれたコト~


ボクがはじめて「石(いし)」にであったのは、、とは、おかしな言い方ですね。だって石はそこいらじゅうにあるモノなのですから、かしこまって話しはじめるようなコトではありませんものね。正しく言うと、ボクがはじめて気になる石にであったのは小学校1年生のときだったと思います。家のちかくのこうじげんばに「ザザザザザ」と山のようにおかれていたジャリ石の中に、「キラキラと光りかがやく石」を見つけたのです。それは小さな小さな「水晶(すいしょう)」があつまってできた石でした。ボクのしんぞうは、バクハツしそうなくらいに「ドキ!ドキ!ドキ!」となりました。せかいでいちばんの「たからもの」をはっけんした、たんけんかのきもちでした。ボクはその石をいえにもってかえり、つくえの上にかざりました。おふろにいっしょにはいりました。ねむるときもいっしょでした。出かけるときにはポケットにいれました。


そのときから石はボクのいちばんのともだちになったのでした。


子どものころからなんども家を引っこししたので、いつのまにかその石はなくなってしまいましたが、大人になっても石たちはボクのともだちのままでいてくれました。この、ボクからのてがみをよんでくれているキミにも、ボクのともだちをしょうかいしますね。みんなそれぞれ個性的(こせいてき:おなじように見えてもそれぞれがせかいで一つだけの色や形やせいかくをもっているコト)な石たちです。キミとなかよくなれる石もいるでしょう。なかよくなれない石もいるかもしれないし、目にもはいらず気にもならない石もいるでしょう。でもね、石たちはキミになにかをつたえたくて、話しつづけていますよ。


なにを話したがっているかって?


それは石たちだけがしっている

「宇宙(うちゅう)」と「地球(ちきゅう)」の

ひみつのないしょの話です。



             


                          2017年3月 「りょうぜんこどもの村」

                                    『遊びと学びのミュージアム』にて  


                      スズキヨシカズ

                                 (石たちから聞いた話をみんなにつたえる人)

  







a0199297_00042150.jpg

a0199297_00043705.jpg



明日も早起き棚倉町での教室なので
こんやはココまで








# by yoshikazusuzuky | 2017-03-17 00:17 | スズキヨシカズ的アート | Comments(0)
「ゆき」からの脅迫は本気のホンモノでした。

と言っても「ゆき」と言う名前の女性から脅迫されているワケでは
もちろんなくて「ゆき」は「雪」です
。(ははっは)f^^:


出発する午前7時の段階で
、、
a0199297_23430316.jpg
白河は薄らと積もったこんな感じ

「こりゃ大丈夫だ支障ない支障ない」

と僕は思ったのですが
勝手口から外を覗いた黒猫のパトさんは、、
a0199297_23435952.jpg

a0199297_23441641.jpg

、、と判断したようで
僕だけ外に出て我が愛車プリウス君に乗り込み出発したのでした。

(が僕もプリウス君もその数時間後にとんでもない災難がふりかかってこようとは
想像すらもしていなかったのでした)


福島市内までは降雪はありましたが順調でした。

しかし霊山町はスゴかった。

目的地までアト一歩のところで前輪駆動のプリウス君は雪に埋もれ
前進も後退も出来ず立ち往生、、
a0199297_23464502.jpg
連絡して来てもらった『りょうぜんこどもの村』スタッフの方々に助け出されるコトと
なったのでした。(ありがとうございましたありがとうございましたありがとうございました)

なんとか辿り着いた事務所がある場所で
搬入荷物をスタッフさんの四輪駆動車に積み替えてもらい
、、
a0199297_23480380.jpg
僕もいっしょに
『遊びと学びのミュージアム』
まで運んでいただきました
。(ありがとうございましたありがとうございましたありがとうございました)



ほんとどうなるかと本気で心配しましたが
なんとか鉱物(いし)たちを搬入して展示するコトが出来ました。


a0199297_23502541.jpg
a0199297_23503895.jpg
a0199297_23505467.jpg
a0199297_23510459.jpg
a0199297_23512369.jpg
a0199297_23513774.jpg
a0199297_23515539.jpg
a0199297_23521533.jpg
a0199297_23522767.jpg
a0199297_23523907.jpg
(この場所は子どもたちの図書館です)


まだ完成形ではありませんが
、、
a0199297_23525482.jpg

想い描いていたような展示になりました。



コチラは
、、
a0199297_23550481.jpg
a0199297_23552312.jpg

ワークショップを行うスペース
です


『りょうぜんこどもの村・遊びと学びのミュージアム』

はじめて訪れた場所でしたが
それはそれは素晴らしい場所でした。(じつは地階にも素晴らしすぎる秘密の部屋がありましてその部屋についてはワークショップが仕舞いになったらご紹介したいと思いますが「もうその素晴らしさに間違いはありません!」「ぜひぜひご自分の目で確かめその素晴らしさを体感してほしい!」と僕は自信を持って断言しおすすめ出来ますよ)(^〜^)



僕のワークショップは今度の日曜日の19日
鉱物(いし)たちの展示
「いしたちのないしょばなし」〜石が話してくれたコト〜
は9月まで続きます


a0199297_00042150.jpg

a0199297_00043705.jpg

(ドコが出発地点かにもよりますが)
たしかにちょっと遠い場所ですが「来て良かった!」と思ってもらえるコトは
間違いありません。

ぜひぜひたくさんの子どもたちに
(それに保護者の方々にも大人の方々も)
参加してもらえたら嬉しいなと思います。

またあらためてご案内させていただきます。



こんやはココまでです。



「素晴らしい場所と素晴らしい人との出逢いに感謝します」




(微笑)








# by yoshikazusuzuky | 2017-03-16 00:17 | 繋がる想い | Comments(0)