ブログトップ

スズキヨシカズ幻燈画室

suzuky.exblog.jp

満月ノ晩ノ蒼色幻燈会 ... 始マリ始マリ

カセキヒョウホンバコ

古い『化石標本箱』です。

何処だかの高等学校の理科室で使われていたモノだそうです。
きょう手元に届いたのですが、ダンボール箱の梱包を解き、木製のふたを「カタリ、、」と開いたら、幾つもの時間を複雑に混ぜ合わせたような粒子の粗い匂いがしました。
時間の繊維が風化して「ホロホロ、、」と崩れ溶け出してきたような、、、そんな匂い。

たくさんの生徒たちがこの箱を覗き込み手に取ったりして、、その中の何人かは、遥かなる時間の彼方に想いを馳せたりしていたんだろうな、、、とか思いながら、
僕も『化石標本箱』を覗き込み、一つ一つを手に取ってみたりしたのでした。

a0199297_1835645.jpg
a0199297_18344412.jpg

by yoshikazusuzuky | 2011-01-20 19:09 | 理科室の記憶 | Comments(0)