ブログトップ

スズキヨシカズ幻燈画室

suzuky.exblog.jp

満月ノ晩ノ蒼色幻燈会 ... 始マリ始マリ

タッシリ・ナジェール

野町和嘉(ノマチカズヨシ)さんの写真を見た。

僕が見たのは『サハラ、砂漠の画廊』〜タッシリ・ナジェール古代岩壁画〜 と言う写真集の中の写真。 アルジェリアはサハラ砂漠の山脈地帯「タッシリ・ナジェール」に残る先史新石器時代の岩絵群をテーマにした写真だった。

凄かった。

写真作品としての風景の切り取り方はもちろんだけれど、やはり被写体たる岩絵は、まさに野町さんの使う言葉通り『異次元の大地』から発せられた鮮明な未知の画像のようで、、とにかく圧倒的な存在感だった。

「絵を描こう」 初めにそう思ったのは誰だったのだろう?

大地に生きるモノタチを『描こう』と誰が初めに思ったのだろうか?

「凄いな」 と写真の中の岩絵を見ながら思った。

『線』が息づいている。

『線』が、描かれている動物たちを生かしている。(岩という平面世界に動物たちを再び誕生させているんだ)

「凄いな」

「その場にいたかったな」 と思った。

誰かが言ったんだよ。 「俺、、あのキリンをあの岩に描いて来るわ、、」ってね。(その場に居合わせた人々は何と言ったんだろう?) (岩壁に絵を描き始めたヒトを、、そして描き上がったキリンの絵を見てどう思ったんだろう?)

「凄いコトだ」 


写真の一部は『野町和嘉』さんのホームページでも見れます。
http://www.nomachi.com/
キリンたちを目撃して下さい!


a0199297_2225043.jpg

             スズキヨシカズ絵画作品 色の在る線(1)

a0199297_22244370.jpg

             スズキヨシカズ絵画作品 色の在る線(2)

a0199297_22242831.jpg

             スズキヨシカズ絵画作品 色の在る線(3)




 
by yoshikazusuzuky | 2011-01-31 23:11 | スズキヨシカズ的アート | Comments(0)