ブログトップ

スズキヨシカズ幻燈画室

suzuky.exblog.jp

満月ノ晩ノ蒼色幻燈会 ... 始マリ始マリ

絵にできるコト(3月19日)

きょうの夕刻、満月の一日前の(月齢14.3の)月が昇りましたね。

ぼんやりとした桃色のお月さまでした。


きょうの かいがきょうしつ リベラ には、5人の子どもたちが集まってくれました。

「ありがとう」

きょうも、子どもたちが夢中で筆をはしらせて描き上げた『絵』を紹介させて下さいね。

a0199297_2129408.jpg

a0199297_21323485.jpga0199297_21321517.jpg

















a0199297_21374465.jpga0199297_21372532.jpg

















a0199297_21381863.jpg

              最後に、この一枚をクローズアップで、、、

a0199297_22261531.jpg


      子どもたちの中に残された重すぎる『何か』が、、、いつか癒されますように。
(でも水の青さが、僕の中の『何か』を優しく包んでくれるように思えるのは何故なのだろう、、、)
by yoshikazusuzuky | 2011-03-19 23:11 | 繋がる想い | Comments(4)
Commented by NON at 2011-03-20 11:30 x
空気の中に いつもと少しだけちがうモノが含まれていたとしても 夜空は 月明かりでこんなに満ちていて
お月様はいつものように優しく包んでそこにいてくれて…
いつもと変わらないお月様がそこにいました
Commented by ひめママ at 2011-03-20 22:14 x
子供の心っていうのは高級なガラスのようだと感じます。透き通っていて、綺麗で、大切に使えばずっとずっと使えるけれど、ちょっと持つ手がすべったら、簡単に割れてしまうような。。。。
Commented by yoshikazusuzuky at 2011-03-20 23:07
NONさん、、、
今夜も綺麗な月夜です。

http://www.youtube.com/watch?v=9JVe9wETNEE
Commented by yoshikazusuzuky at 2011-03-20 23:09
ひめママさん、、、

僕たちがプチプチになりましょう。
プチプチが手に入らないなら新聞紙でもかまわない、、、。

どんなものでも梱包材になり得るはずです。