ブログトップ

スズキヨシカズ幻燈画室

suzuky.exblog.jp

満月ノ晩ノ蒼色幻燈会 ... 始マリ始マリ

夜の海に立ち...(3月21日)

春分の日のきょうは雨降りの一日でした。

外出はせずに自宅画室に散乱した仕事道具を片付けて過ごしました。

少しずつ少しずつ部屋は片付いてゆくけれど、建物に手がまわるのは何時になる事か、、、。

まだまだ時間がかかりそうです。


朝食の時につけていたテレビ番組で、いわき市小名浜の被害状況を報道していました。
僕は浜の生まれではないけれど、小名浜の海は僕にとっては特別な海なのです。
「いまの僕はあの海で生まれた‥」と言っても良いくらいに、、、
僕にとっては特別な特別な愛すべき場所なのです。
『始まりの海』なのです。

テレビの画面に映った光景はまったく知らない場所の、まったく知らない海のように見えました。

破壊された港と海岸線、風評被害も加わり生活物資が途絶えてシャッターも降りたままの商店街。
もちろんそこに人影は見えず、、、。

涙が溢れて止まらなくなりました。

散乱した筆を束ねたり絵の具を並べたりしながらも涙は流れ続けました。

今回の地震の後で、いちばん涙を流したかもしれない、、、。

そんな僕にある人がこう言いました。




きっと またあたらしくはじまろうとしているの

こんどは 人間が
あの海を街を きっと
はじまらせて 守るの

前よりきっと 愛せるの

悲しかったぶんだけ
愛せるよ





あの愛おしい海に、

『夜の海に立ち…』

もう一度あの始まりの愛おしい海へ‥




by yoshikazusuzuky | 2011-03-21 23:11 | 繋がる想い | Comments(0)