ブログトップ

スズキヨシカズ幻燈画室

suzuky.exblog.jp

満月ノ晩ノ蒼色幻燈会 ... 始マリ始マリ

絵にできるコト(3月25日)

地震から二週間が経ちました。
今夜は雪模様です。
大きな雪片が積もるような降り方で途切れることなく落ち続けています。

余震は相変わらずですね。
それでも揺れと揺れとの間隔が少しは長くなって来ているように感じるのは、「そう感じたいから、、」でしょうか?(苦笑)
しかし困ったことに地震でなくとも常にカラダが揺れている気がします。

「『地震酔い』って言うんだよ」 と、ある人が教えてくれました。

「なるほど」

町なかのコンビニエンスストアーに、お弁当や菓子パンなどが並び始めています。
今日は大型スーパーに大量の品物が入荷陳列されたらしい、、と言う話しも聞いたし、ガソリンスタンドの長い行列は相変わらずだけれど、毎晩何処かにタンクローリーが到着しているのを見かけるようにもなりました。
今朝は、灯油を配達する車を2台も見かけましたよ。

東北自動車道の一般車両通行も可能になったし、、
少しずつ少しずつ、物流は再開されているようです。

a0199297_19545269.jpg
さて、教室の話し。

地震後一週間目の先週の金曜日に教室に来れた子は1人だけでしたが、
二週間目の今日は、3人の子どもたちが来てくれました。

地震後、直接の連絡が取れずにいた子も元気な顔を見せてくれました。

「大丈夫だろう、、」と思ってはいても、
やはりこうして直接顔を見るまでは「もやもや」とした不安感がつきまとうものですから、、、
やはりきょう顔を見れて、とてもとても安心出来たのでした。

では、3人が描いてくれた『絵』です。

a0199297_19592979.jpg


a0199297_19595667.jpg


a0199297_2001451.jpg


今日から4月教室のお手紙(日程や予定を知らせる手紙ですね)配布を始めたのですが、そこにこんな一文を加えました。



避難、ガソリン燃料等の問題もあり全員揃っての教室と言うわけにはいきませが、子どもたちが描いてくれた『いまの気持ち』を絵にした作品たちを毎日ブログ『スズキヨシカズ幻燈画室』で公開しています。海外の作家さんを中心に一日100件近いアクセスがあり、子どもたちの絵の素晴らしさに感動し(子どもたちの生命力の強さに感動し)、子どもたちへのたくさんの応援メッセージが寄せられています。
絵を描く子どもたちの姿から、そして子どもたちが描いてくれた絵を見ていて僕は今『絵を描くこと』が持っている魔法の力を実感しています。
これからこの状況がどんな風に変化してゆくのか想像もつきませんが、こんな時だからこそ子どもたちには『絵を描くこと』( = 気持ちを吐き出すこと)が必要なのだと僕は確信しています。
大変な状況です。お願い出来ることにも限度があることも承知していますが、出来るだけ子どもたちを教室に連れて来ていただければと思います。きっと『絵を描くこと』が子どもたちの手助けになると思います。




「絵は魔法ですよ!」

そしてその魔法を自由自在に操れる子どもたちは『魔法使い』なのです。

彼、彼女らは、自分自身に(或いは誰にでも)難なく魔法をかけることが出来るのです。

「大丈夫!」 、、と言う、

とびっきり最高の魔法をです。(微笑)
by yoshikazusuzuky | 2011-03-25 23:10 | 繋がる想い | Comments(2)
Commented by ひめママ at 2011-03-26 00:10 x
教室にかわいい魔法使い達が避難先から戻って来れますように。
Commented by yoshikazusuzuky at 2011-03-26 22:11
ほんとうにそうですね。

魔法使いの笑い声が絶えない場所でありますように。

教室も、、、

故郷も、、、

ひめママさん、コメントをありがとうございました。