ブログトップ

スズキヨシカズ幻燈画室

suzuky.exblog.jp

満月ノ晩ノ蒼色幻燈会 ... 始マリ始マリ

絵にできるコト 〜始まりの世界に〜(4月9日)

雨降りの土曜日です。a0199297_11384297.jpg
細い細い雨が途切れることなく降り続いています。
まるでブラウン管の走査線をわずかに乱すノイズの様な雨です。

この雨に何が混ざっていると言うのですか?

子どもたちはみんな神妙な顔つきで傘をさしてやって来ます。
車を降りて、リベラの入り口までの数歩と階段三段分の距離を、きちんと傘をさしてやって来ます。

a0199297_1140303.jpg



小さな頃、
雨が降ると自転車に乗って、
雨の中をびしょ濡れになりながら走るのが好きでした。

じつは今でも雨に濡れるのが好きです。

a0199297_11441857.jpgでもいまは(いまからは?)、
それはやめたほうがよいですね。

a0199297_11463643.jpg










気持ちよく雨に濡れることの出来る日がまた来るのでしょうか?

雨空を見上げて、
気持ちを雨に洗い流せる日が来ることを、
細く細く降り続ける雨に願います。





a0199297_1534226.jpg午後の教室、
かすみちゃんと、すみれちゃんにあえました。

かすみちゃん、、
なんだかとてもかたい表情をしていたので「ドキリ」としたのだけれど、
やさしいやさしいやわらかな色使いの絵に、
少しだけ安心をしましたよ。a0199297_15414060.jpg







すみれちゃんはきょうでリベラを卒業してゆきました。

またいつか逢えるといいね。

こんど逢える頃にはきっと、
すみれちゃんも「おねえさん」の表情になっているのだろうね。

「またね!」

a0199297_15494455.jpg


「あめはずっとふりつづいているね。」

「ずっとずっとふりつづけることをよかんさせるようなふりかたのあめだね、、、。」                                                 
                  みなさんのすむ町にも、
                 雨は降り続いていますか?


a0199297_0385695.jpg

a0199297_0391661.jpg

a0199297_0394393.jpg



                    雨に濡れた町は、
                僕たちに期待させる何かを含んでいて、

                    それはまるで、
                  小さな春の訪れのように、

                  どんな時にでも少しだけ、
                    僕には素敵に
                    思えるのです。


a0199297_042377.jpg


                     ちいさな、
                     ちいさな、

                   春の降る時ように、、、。  






            
by yoshikazusuzuky | 2011-04-10 01:20 | 繋がる想い | Comments(2)
Commented by NON at 2011-04-10 18:20 x
あの地震から 明日で一ヶ月
時間が 止まったままな気もすることもあれば
たしかな時間の流れ季節の流れを感じもします

あと もう一ヶ月 さらにまた一ヶ月…

どんどんどんどん 今をとりまく状況が 良くなり
子供たちが 安心した笑顔を浮かべて、遊べる学べる未来が訪れますように

柔らかな水彩絵の具の桜に願います。
Commented by yoshikazusuzuky at 2011-04-10 23:47
NONさん?

時間はたくさんの顔を持っていて、
さまざまな場面や状況で目まぐるしいほどに変化して、、。
でも尺度だけは変わらなくて、
止まることも淀むこともなく流れ続けていて、、。

あの地震から1ヶ月、
たくさんのモノが変わってしまったけれど、
変わらないモノも、、きっとあるはずですよね?

変わらないものを、
ひとつずつひとつずつ、、
幻燈画室の窓辺にまたならべられる日が来ることを、、、

今夜の雫のような月に願います。

NONさん、コメントをありがとうございました。

(^〜^)