ブログトップ

スズキヨシカズ幻燈画室

suzuky.exblog.jp

満月ノ晩ノ蒼色幻燈会 ... 始マリ始マリ

「むしめがねをしんちょうしました」(4月26日)

虫眼鏡を新調しました。

a0199297_19143040.jpg


「むしめがねをしんちょうしました」 、、って、言葉がなんだかステキに響いてしまうのです。

むせ返るように緑濃い、森の奥のずっと奥。 樹齢数千年とも言い伝えられる大樹の根元の『うろ』で開業する地霊小人の洋裁店(ようさいや)。 取り仕切るは頑固者で有名な緑の肌の爺さん。 この爺さんの、やはり緑色した前掛けには職人道具の詰まったポケットがたくさん縫い付けてあって、、、。 そのポケットの一つに入っていそうではないですか? この「しんちょうしたむしめがね」って言葉の響きをもった『虫眼鏡』がね? (微笑)

でもね、けっこう無理矢理に『虫眼鏡』って呼んでいたりします。 悲しいことに本当は、『拡大鏡』と言う呼び名で呼ばなければならない程に小さな文字や図柄が見えなくなってしまったのです。 しかも遠く離さないとナヲ見えない、、という。 僕の目もそれだけ歳を重ねてしまったって事ですね。 悲しいけれど仕方ない、、、。
『拡大鏡』と言う言葉を使いたくないのと同じ意味で、『老眼』と言う言葉をも、なるべくなるべく遠くへと、遠ざけている僕なのでした。(笑) (笑ってごまかすより仕方ありませんよね) (再笑)

今回新調したのは『Carton』の径65mm、径75mm、径90mm、の3本です。
『新調』と言いましたがこの3本はデッドストックの新古品です。
今ね、ホームセンターとか道具屋さんに行くと、LEDライト付きであったり軽量プラスチックであったり、アイデア満載の虫眼鏡ってたくさん並んでいますよね。 でも、素材やデザインに凝り過ぎていて、手にしたときの重量感がくれる安心感や、使い込むうちに生じる質感の味みたいなものが無くなってしまっている気がするんですよ。 プラスチックレンズは軽くて割れません。 枠も一体形成ですからね。 でもメタルの枠にガラスレンズがはめ込まれた『Carton』の虫眼鏡は落とせば枠が変形するしレンズは割れて砕けます。 愛おしさが違って来るのですよ。 『Carton』の虫眼鏡と長く付き合うと、『虫眼鏡』と『僕』の間に信頼関係が生まれるのです。

今までは同じ『Carton』の径45mmを使っていたのですが、もう20年近く使ってレンズにスレが目立って鮮明に見れなくなってきてしまったし、何より小さい! (笑)
ごめんよ、、 径45mmの虫眼鏡、、、 (涙)

でもホント、『Carton』の虫眼鏡には安心感があるんだよなあ。
『カートン光学株式会社(Carton Optical Industries, Ltd.)』は、1941年設立の(前身になる会社とかがあるのかな?)東京の光学機器メーカーです。
(調べたら1930年創業の眼鏡卸商が始まりなんですね。 ふ〜ん、なるほどなるほど。)

a0199297_20272758.jpg


       コレもやはり『Carton』の虫眼鏡ですが主に鉱物観察に使っています。 


さて、下の写真の2本の虫眼鏡、奥の1本が今まで使っていた『Carton』の径45mmの虫眼鏡です。
でね、、、

a0199297_20412140.jpg


で、手前の1本はなんと! 僕が小学生の頃から使い続けている駄菓子屋のくじ引きで当てた虫眼鏡なのですよ!(あっ、もちろんハズレの品ですが、、 笑)

黒いプラスチックの虫眼鏡。 

傷だらけの虫眼鏡。

でもね、、

傷だらけになるくらいに一緒に楽しい時間を過ごした、、ってことだものね。

そんな、虫眼鏡たちに対しての想いを綴ってみた今日でした。(微笑)



、、って

「あれ?」

綴り過ぎですか?

前置きがめちゃめちゃ長くなってしまいましたが、、きょうのリベラのお話しを、、させていただいてもよろしいでしょうか?
            読んで下さっている皆さん、、ほんと長々とごめんなさいです。

a0199297_20242817.jpg



え〜と、今日の火曜日教室はですね、、、。

「自由時間でした!」(たっ!)


a0199297_20285817.jpg

さあ工作工作、自由時間と言えば工作でしょう!

ケンセイとひまりちゃんは、
なに作ってるのかな?
なに作っているのかな?

 

                  ケンセイが作っていたのは、、、
a0199297_2043397.jpg

                  『スーパーサウルス』です!
                       おおー!                  
                  迫力の全長1mオーバーですよ。


a0199297_20453144.jpgこのスーパーサウルスは、
全身に折り紙を貼って(緑色系に)彩色する予定だったようなのですが、
ここまで作るのにたっぷり1時間半かかっているのでね、、、。

さすがのケンセイもチカラつきたのでした。(微笑)

でも、この迫力はなかなかのモノですよね。 (うん、すばらしい!)  ケンセイにおおきなおおきな拍手!!



ひまりちゃんは?
a0199297_2163952.jpg










お部屋ですね。(微笑)


『ひまりちゃんのお部屋』です。
a0199297_2111686.jpg

カラフルに賑やかなお部屋ですよね。


お風呂(左奥)も台所(中央)も素敵だけど、、、リビング(右画像)がとても素敵です!


色とりどりの絨毯が敷きつめられた部屋の中央にはテーブルと椅子が4脚。大きな時計に大きな家具、丸い鏡のドレッサーもあるし、奥の壁にはカッコいいテレビ! カッコいいなあ。(微笑)


僕も子どもの頃そうだったけれど、どんな物でも、チョコレートの箱でもティッシュの箱でもガムテープの芯でも、、何でもかんでも、、。 それらが繋ぎ合わさるだけで、新しい世界が語り始めるんだものね。 素敵なコトだと思うんだよね、、これってね。

ふたりとも、
大きなおおきな工作を、、
その小さな両腕いっぱい大事に抱えて、、、帰って行きましたよ。(微笑)



虫眼鏡の話しとはまったく繋がりませんでしたね。
虫眼鏡の話しなんか書かなくともよかったんですね。
虫眼鏡の話しなんか、、。
ううう、、、。


(されど虫眼鏡!)


(^〜^)
by yoshikazusuzuky | 2011-04-26 23:11 | 繋がる想い | Comments(0)