ブログトップ

スズキヨシカズ幻燈画室

suzuky.exblog.jp

満月ノ晩ノ蒼色幻燈会 ... 始マリ始マリ

交差点の真ん中で光っていたモノ

国道289号線と国道4号線から直線に延びる道路ととが交わる交通量のかなり多い交差点の真ん中で光っていたモノがあった。

随分前から、、(どれくらい前かな?)、、徒歩でその交差点の横断歩道を渡る度に気になっていた。

行きに横断歩道を渡ったときに「キラ」。

帰りに横断歩道を渡ったときに「キラ」。

きょうはどうにも我慢が出来なくて、帰りに横断歩道を渡ったときに交差点の真ん中に進入。 信号待ちの車の運転手さんたちの怪訝な視線を一身に集めながら、その「光るモノ」を拾い持ち帰りました。


a0199297_0054100.jpg






   「コレです」




a0199297_023751.jpg
なんだと思います?

大きさは 3cm くらいの金属です。

タイヤとアスファルトの間で削られてこんな質感です。


手にとって「ぐるり」と眺めてしまった僕には、コレが何かはわかっています。


でも僕は、この物体を現実世界での名前で呼ぶことはしません。






この物体が持つ唯一の名前、、、



『交差点の真ん中で光っていたモノ』



それがこの物体が持つ唯一の名前になります。




この前、、、ね。
書き忘れたことが一つ、あったのでした。
それは、あおいちゃんがひとり言のように呟いた言葉です。

こんな言葉でした、、、。


『ここならつきはしろいつき うちゅうのつきはあおいつき』



「えっ?」と思わず訊き返してしまうくらいに小さな呟きでした。

僕の耳がその小さな呟きを『音』として収拾し『言葉』として認識して脳に送り、脳が『文章』に置き換えて僕がそれを理解出来るまでにはゼロコンマゼロ数秒くらいの空白が存在したと思います。

『ここなら月は白い月 宇宙の月は蒼い月』

脳が文章として理解してもナオそれは、a0199297_17362023.jpg
何とも言えない素敵な響きとして僕の中に記憶されたのです。

『ここなら月は白い月      宇宙の月は蒼い月』


「この言葉はどんな意味を持っているの?」

、、、ですか?

そんなこと僕に訊かれてもわかるわけがないではないですか。 (微笑)


交差点の真ん中で光っていたアノ金属製の何かと同じなんです。 それはただ素敵な響きを持った言葉としてあおいちゃんの内から零れ落ちたモノであるだけなのです。

素敵な響きの言葉であるだけで、、それらは『存在理由』を得るのです。

素敵な言葉たちに、、、。


(微笑)
by yoshikazusuzuky | 2011-05-25 21:15 | かいがきょうしつ リベラ | Comments(2)
Commented by タムム at 2011-05-26 00:23 x
かわいくて元気なひまわりの絵の封筒が届きました。ありがとうございます、5月のリベラ、6月のリベラを読んで私が子供に戻れたら、ヨシさんみたいな先生に会いに行こうと思いました。長ーい茎を持って、ひまわりの黄色い花がぽわぽわと浮かぶ風船みたいに、みんなの太陽みたいなヨシさんに向かって連れて行ってくれると思います。
Commented by yoshikazusuzuky at 2011-06-04 22:54
タムムさん、ご連絡をありがとうございます。

僕ももし子どもに戻れるなら「かいがきょうしつリベラ」でヨシさんに会ってみたいです。(微笑)

リベラのヒマワリたちをどうぞよろしくお願いします。