ブログトップ

スズキヨシカズ幻燈画室

suzuky.exblog.jp

満月ノ晩ノ蒼色幻燈会 ... 始マリ始マリ

海へ、、

『バージントリップ』、僕の幼なじみがやっている美容室の名前です。
a0199297_1132070.jpg
前回カットをしてもらったのは、、、いつだったっけ?

3ヶ月前? 

4ヶ月前?

とにかくなかなかお願いする時間が取れなくて、、、


髪の毛も伸びるがままにまかせていたので、、、


この1ヶ月は手拭いのお世話になっていました。(手拭いのお世話?)



a0199297_1172331.jpg

手拭い巻き巻き、、

こんな感じです。(笑)




ここ数年(か?)風呂敷とか手拭いとかがとてもお洒落なアイテムとして注目されていて(お洒落なだけじゃなくこれはもう先人の知恵が詰まった便利グッズですから今の時代に注目されてブームになるのは当たり前かもしれませんが)素敵な絵柄、図柄のモノをたくさん目にするのが楽しいです。


ちなみにこの頭に巻き巻きしているのは『猫』の柄。

広げると、、、
a0199297_11215115.jpg

 
   、、、こうなって


      猫だらけになります。(笑)



しかも「よーーーーく」と見てみると、、、?

気がつきましたか?

「ね!」(微笑)


a0199297_112635100.jpg
この手拭いはね、、、。

僕の大好きな『アタゴールは猫の森』とか『アタゴール玉手箱』とか不思議な不思議な漫画を描く(えがく)作家さん、『ますむらひろし』さんがデザインしたモノです。


『アタゴール』のシリーズには「ナゾノヒデヨシ」と言う名前の主人公がいるのですが、、、

この「ヒデヨシ」、、とても他人とは思えないのです。(笑)


お時間あったら探してみて下さい。


a0199297_11381486.jpg
この図柄は、、、?

入っている文字の通りです。

『 ichijiku 』

無花果(イチジク)の柄です。


なんだか微笑ましい素敵な絵ですよね。

この手拭いはリベラの卒業生が個展を開いたカフェ、ギャラリー『無花果』オープン2周年記念として作られたモノをいただいたのでした。


いつだったかな? 僕が『カリグラフィー』を教わっている先生が風呂敷デザインコンクールに応募していたなあ。 風呂敷屋さんのHPにはスゴくお洒落な図柄の風呂敷がたくさん掲載されていたっけ。 (文字をデザインした先生の風呂敷も素敵だったよなあ)

風呂敷も手拭いも、、、昔の人はやっぱりスゴいなあ。
どちらも実用性を備えた美術作品ですよね。



いつもなら、、そんなこんなどんな話を「そんなこんなどんな?」と話しながら髪を切ってもらうのだけれど、今回は震災と原発の話だけで時間いっぱいになってしまいました。


彼は釣りが好きなんです。(かなり好き!)
a0199297_121912.jpg

この絵は、、

(ずいぶんと前の話しだけれど)


彼に贈った魚の絵です。(ヤマメの鉛筆画)


彼と、『いわきのうみ』の話しをしました。

彼にとって(もちろん理由は違うけれど僕にとっても、、)『いわきのうみ』は特別な海なのです。

「(被災したいわきの海を)一度きちんとこの目で見ておかなければいけないな、、」

、、と彼が言いました。
a0199297_21444459.jpg

「そう、、」

「そうだよね」

僕もずっと同じ気持ちでいます。

どんなカタチであろと、僕も『いわきのうみ』を「一度きちんとこの目で見ておかなければいけない」と思っているのです。

傷ついた海は悲しいです。

でも、「海は傷ついたままではない」とも思うのです。



そうだ、、、。

僕は『いわきのうみ』に行って来ます。


海へ、、
by yoshikazusuzuky | 2011-06-01 21:21 | 日常 | Comments(0)