「ほっ」と。キャンペーン
ブログトップ

スズキヨシカズ幻燈画室

suzuky.exblog.jp

満月ノ晩ノ蒼色幻燈会 ... 始マリ始マリ

繋がる絵 〜第1日目〜 (6月3日)

秘密手帳の話題がさっぱり出て来ない昨今、、、『秘密手帳』はどうなってしまったのでしょうか?
a0199297_23592047.jpg
「どうなってしまったの?」

だいじょうぶです!
(、、って誰も心配してないか? 笑)
ちゃんと存在していますよ。

こんな状態で、
まだまだ継続して子どもたちのヒミツが記録されています。

公然の秘密、、ってことで教室に入るとたいがいの子が秘密手帳を(みんなのを)一通り「パラパラパラ」とめくり「にまり」とかするのがオモシロいです。

(微笑)


とは言え6月衣替えの時期(衣替えは関係ないけど、、)に入ったことでもあるし、『秘密手帳』はこのまま教室に置いておいてもらいヒミツの記録を続けてもらうとして、新しいテーマにも取り組んでもらうことになりました。


a0199297_0102267.jpg





6月のテーマは『繋がる絵』です。


『繋がる絵(つながるえ)』って何でしょうか?

これは言葉の意味において、ひねりも何も利かせているわけではございません。 読んで字のごとくです。 とにかく絵が延々と繋がってゆくのです。

a0199297_0223647.jpg






「絵が延々と繋がってゆく?」


そうなんです。 絵が延々と繋がってゆくのです。

「こんなしくみです」

テーブルの上には、縦の長さが94cmある紙を芯に巻き付けたのロールが用意されています。
ロール紙のハシは、別な芯に固定されています。
描き始めの子どもたちは(今回は金曜日の子どもたちが始まりです)全員が協力してもいいし個人個人でも良いのでロール紙の開かれた部分に好き勝手な絵を描きます。(とにかく自由です)
そうして描かれた絵を次の日の子どもたちが引き継いで手を加えてゆくのです。

a0199297_0361459.jpgヒトの絵に手を加えるなんて普段ではあり得ない行為な訳ですが、今回に限っては許されているわけです。 思い切り別な絵になってしまう場合もあるかもしれないし、ストーリーとして続いてゆくかもしれない、、、。 それは子どもたちの考え次第です。


そんなふうにして紙はどんどん引き出されては反対側の芯に巻き取られてゆきます。

a0199297_15411036.jpg
「絵が延々と繋がってゆくのです」

ちなみに、、、
始まりの第一日目に描かれ使用された紙の長さ(横)は150cmでした。


何mまで、、、と言うよりも 「何処まで繋げてゆけるかな?」

乞うご期待です。 (^〜^)


、、、で

追伸;
金曜日に「とっぱつてきなえんぴつけずりぶーむ」が到来です。
a0199297_05107.jpg

『とっぱつてきなえんぴつけずりぶーむ?』

そうです! 突発的な鉛筆削りブームです!

う〜む?

(笑)



a0199297_0495924.jpg

鉛筆削り機を使うのではなくて、

僕にならってカッターナイフでの鉛筆削りです。


楽しかったんでしょうね。

みんな(と言っても女の子たちだけでしたが、、、)集中力の塊と化していました。


突発的に心を支配してくる『興味』って、いちばん楽しいものね。 (微笑)


つづきます、、、
by yoshikazusuzuky | 2011-06-11 23:11 | かいがきょうしつ リベラ | Comments(0)