「ほっ」と。キャンペーン
ブログトップ

スズキヨシカズ幻燈画室

suzuky.exblog.jp

満月ノ晩ノ蒼色幻燈会 ... 始マリ始マリ

繋がる絵 〜第2日目〜 (6月4日)

まずは初っぱなからの結果発表です。

土曜日の子どもたちの教室は午前午後の2回にわかれているので、なかなかに紙の長さを稼いだみたいですよ。
a0199297_1451311.jpg


午前中の子どもたち、前日の長さにプラス72cmで、222cmになりました。




a0199297_14581681.jpg


1日目の報告の最後に添えた絵の写真が色鮮やかに塗り込んで完成されているのは、
この子たちの労力によるのが大なので実際の仕事量は72cmの倍位あるかな?


a0199297_15135560.jpg



初日の子たちは始まりの始まりというプレッシャーもあり『テーマ』までは気持ちが届かなかったみたいだけど、


2日目(前半)の子どもたちは1日目の絵の隅っこに白黒で描かれていた『魚』からイメージを繋げたようで、素敵に不思議な生き物たちの漂う蒼きウォーターワールドが広がりました。

『着眼点』って予測出来ませんね。だって、あんなに存在感に溢れた『金髪の女の子』が画面を支配していたのにね。(笑) あの子は存在感がありすぎたのかな? (再笑)



ではつづいては2日目(後半)の子どもたち。
a0199297_15174913.jpg

6月から土曜日午後の教室に小4、小2の男の子2人が加わって少しだけ賑やかになりました。

2人は「はじめまして」ではなくて「お帰りなさい」な2人です。


タケルとサトシくん。
2人は兄弟。
幼稚園の頃に引っ越ししてしまったので4年振りの再会になるのかな。

a0199297_15331312.jpg
2人が戻って来てくれてヨシさんは、
たまらなく懐かしくたまらなく嬉しかったなあ。(微笑)



で、、、

なかなか積極的に己を主張する男子2人と、
サイレントアラーム的な静けさでじわじわと浸食してくる女子3人は、、

午前中の子たちの長さに147cmもプラスして全長を369cmとしたのでした。



a0199297_15354278.jpg

蒼き水の流れは、いつしか漆黒の宇宙へと変化したんですね。
ロケットの姿が見えますよね。
しかも『NASDA(宇宙開発事業団 )』の『H-IIロケット』ですよ。(微笑)
これは男子2人の力作です。

素敵な流れです。

それとね。 「よ〜〜〜く」と目を凝らして見ると午前中の絵と午後の絵の中に、「た〜〜〜〜くさん」の色とりどりの豆粒(まめつぶ)ちゃんたちがいるの、、、気がつきましたか?

これは女子3人のお仕事です。
描き始まったら止められなくなってしまったみたいで(笑)何時の間にやらありとあらゆる場所にカラフルな豆粒ちゃんが出現していたのでした。

オモシロいね。

2日目にしてこの密度の濃さ、、、。

3日目はどんなコトなってしまうのでしょうか?

宇宙の闇を切り裂いて飛ぶロケットは? 豆粒(まめつぶ)ちゃんたちの運命やいかに!



つづく、、、
by yoshikazusuzuky | 2011-06-12 23:11 | かいがきょうしつ リベラ | Comments(0)