ブログトップ

スズキヨシカズ幻燈画室

suzuky.exblog.jp

満月ノ晩ノ蒼色幻燈会 ... 始マリ始マリ

繋がる絵 〜第12日目 〜  (6月18日 )

12日目の18日、
土曜日の午前中で『繋がる絵』はついに21m を越えましたよ。
a0199297_1725182.jpg
170cm が加算されて
2,149cm 。

21m
49cm


、、です!!


スゴいなあ、、、ついに 20m の大台ですよ。a0199297_1794728.jpg

前回からのテーマになっている『宇宙』にふさわしい、
ビッグなサイズですね。

(微笑)

12日目の第一部も、もちろん舞台は大宇宙でした。

どこかの宇宙に浮かぶ『球形住宅星(キュウケイジュウタクボシ)』がメインのようでしたが、、
凄いのはその背景となる宇宙空間の表現です。
a0199297_19344786.jpg
見えるかな?

拡大してもらうとハッキリとわかると思うのですが、
背景となる宇宙空間が色とりどりの「なみなみなみなみ」の線で埋められているの、、
わかりますか?

この『なみなみ』は、なんだと思いますか?

この、空間を満たす『なみなみ』は『電波』です。

今日、あるいは昨日、
あるいはあるいは何週間、何ヶ月、何十年も前に地球から発信された電波たちなのです。
その電波たちは、意図的に宇宙空間に向けて発信されたと言う訳ではありません。 地球の中で日々発信されている電波は勝手に宇宙空間へと漏れ出しているのです。 太陽からの電磁波などを受けながらも宇宙空間で生き残った微弱な電波たちが(たぶん)漂っているであろう宇宙空間、、、と言うような話を子どもたちにしながら制作していたのです。

あの、空間を満たす『なみなみ』は、そんな宇宙で迷子(?)になっている電波たちだったのですね。

a0199297_19532810.jpg









「なみなみなみなみなみなみなみなみなみなみなみなみなみなみなみなみなみなみなみなみ、、、」


なんとも不思議な『なみなみ空間』の誕生です。

ほんとはね、『球形住宅星(キュウケイジュウタクボシ)』の方を描き込んで物語を展開させてほしかったのですが、、 『なみなみ電波』の方に強力な光量のスポットライトが当たってしまったのでした。 (笑)



さあ、続いては土曜日午後の第二部。

先週、眩しすぎる超新星爆発を起こした第二部は? 今週はどうなったのかな?
a0199297_2056195.jpg



「あれあれあれ?」



a0199297_20591111.jpg







            「あれ?」





a0199297_2114339.jpg





「静かすぎる、、」

砦を守る騎兵隊長が言うのです。



静寂に不安を隠せぬ隊員たちが見つめる草原の向こうから土埃を巻き起こしながらこちらに押し寄せる大勢のアパッチ族たち、、、みたいな? かすかな期待をいだいて素敵な何かが起こるのを待っていたのですが、、、今回は見事に期待は裏切られたのでした。(笑)

結果的には、ちゃんと素敵なコトは起こりましたがね。(微笑)
a0199297_21281475.jpg

子どもたちが一週間をまとめてくれました。

いろんな宇宙を巡り巡って、
故郷『地球』へと帰還した子どもたちでした。


今週の〆、、、。

174cm 加算です。

2,323cm 。 23m23cm で次の週に繋げます。

これはヒミツだけれど、、、スゴいですよ!
次の週はもっとスゴいモノが見れちゃいますよ!

いよいよ最終回に近づいてゆきますよ。
お楽しみに。


(微笑)
by yoshikazusuzuky | 2011-06-26 23:11 | かいがきょうしつ リベラ | Comments(0)