ブログトップ

スズキヨシカズ幻燈画室

suzuky.exblog.jp

満月ノ晩ノ蒼色幻燈会 ... 始マリ始マリ

ゆきちゃんからの便り

6月28日のブログでお知らせした『アジア映画祭』が7月20日にスペインのVic(ヴィック)と言う街で開催されリベラの子どもたちの絵がスライド上映されました。
さっそくスペインのゆきちゃんからメールによるお手紙と写真が届けられたので本人の了解も得ずにそのまま載せてしまいます。(笑)

「うれしいな、、」

このお便りを読み写真を見たリベラのみんなも、
ヨシさんと同じに胸を温かくしてくれていたら、、

「もう一つうれしい気持ちがふえるなあ」 (微笑)

では、ゆきちゃんからの便りです、、、。




『序』 〜Vic(ヴィック)へ出発前のゆきちゃんからの手紙より〜

今日は午後からVic に行きます。現地時間21時からDes de Fukushima(福島より、、)と題してヨッちゃんのブログをリベラの子供たちの絵といっしょに
紹介します。100枚近い写真を80枚のスライドに収めました。最初の3月分はほぼ毎日のブログの記事を、4月分は新しい町を作る子供たち、5月、6月は幼稚園の歩ける絵やひまわり移住計画のことなどトピックに焦点を絞り話しをするつもりです。

ゆきこ






昨日無事スライド講演を終えました。
a0199297_1128321.jpg
スライド公演だけを見に来てくれた人もたくさんいて、子供たちの作品に皆感動し、
そして遠くはなれたスペインで会ったこともない人達が絵を通してこの4ヶ月の子供たちの心の軌跡をたどり、


ほんの少しでも共有できた貴重な45分間でした。


a0199297_1133233.jpg

たくさんのたくさんの人達が

子供たちの心に寄り添うように

応援しています。

a0199297_11434632.jpg


私の拙い説明なんかより
スライドで見せた子供たちの絵が
たくさんのことを来場者に伝えたのだ思います。


a0199297_11452614.jpg



   いまだ先の見えぬ原発問題、
   そしてセシウム牛と稲わらの波紋、
   その上、台風!!



a0199297_11471534.jpg
遠くにいる私達はもうヨッちゃんたちにかけるどんな言葉も見つからないけれど
それでも、昨日あらためて子供たちの絵を時間を追って見た後で、子供たちの絵から
希望と言うパンドラの箱に残ったたったひとつの言葉を見つけた気がしました。

a0199297_11493438.jpg



   伝えること、
   それが私が出来る唯一のことだと
   あらためて確信しました。




最初、本当に数人の友人達に送っていたカタラン語訳、それが今はいったい何人の人とつながっているのでしょう。
a0199297_11541668.jpg


       継続、
     伝え続けること、
 それが私の使命だと思っています。






              次の栞キャラバンは9月にレウスで、
                それから今調整中ですが
              11月には初めてバルセロナで。
          小さな会ですが、3日間の予定で出来るかもしれません。

a0199297_11563044.jpg


              さっき帰って来て、メイルを開けたら、
           さっそくVic から写真が届いていたので転送します。

                     そして、
            今回の映画とスライド講演で集まった義援金は、
                白河市へ送りたいとのことです。



                      ゆきこ




ゆきちゃん、
そしてヴィックのみなさんへ。

こころから、、
こころからの

「ありがとう」

、、、を。



ヨシ
by yoshikazusuzuky | 2011-07-21 23:10 | 繋がる想い | Comments(0)