「ほっ」と。キャンペーン
ブログトップ

スズキヨシカズ幻燈画室

suzuky.exblog.jp

満月ノ晩ノ蒼色幻燈会 ... 始マリ始マリ

『第五回 東北の建築を描く展』

通常時間割りでの7月教室日程を終了しました。

いよいよ明日からは『夏の特別教室』が始まります。


きょうの後かたづけを終えて、、
a0199297_16443115.jpg


福島市の『さく・ら・ぱん (Saku le pain)』の『黒糖ラスク』を
「ぽりぽり」とかじりながら
「ちょっと」ひと息。

この『黒糖ラスク』は、かなりかなり美味です! 夜の生徒さんたちとのお茶の時間用のお菓子なんだけど、、「食べちゃう!」のです。

「ぽりぽり」

(あ〜〜おいしい)


さて、
明日からは有無を言わせぬ宿題漬けのハードな日々が始まるわけですが、、
今日までの7月の三週間を子どもたちは何をやっていたかと言いますと、、、

「みんなでお城の石垣の修復作業をしておりました」

(?)

毎年リベラでは夏休みをはさんで「建物の絵」を描いています。
宮城県仙台市の東北工業大学が主宰する『東北建築フォーラム』(今年で二十六回目)の一環として開催される『東北の建築を描く展』(今年で五回目)に参加しているんですね。
東北に在る建築物を描いた絵によるコンクールです。

今年は震災により「こんな状況下だし、、」と思っていたら例年通りに応募要項が届き「いまだからこそ」の言葉の意義に賛同しリベラでも出品することを決めました。
いつもならば、ここ白河市に在る様々な建物を描いているのですが今年は考えたすえ子どもたちは『小峰城』のみを題材にしてもらうコトとしました。
a0199297_17104239.jpg

              しかも、使うのはモノクロのこの写真です。

『小峰城』は地元では『お城山』と呼ばれていて遠足や写生会などで子どもたちにとっては馴染みの深い場所です。 その場所がこんな状況になってしまっている写真をあえて子どもたちに「見せる必要があるのか?」と言うのは賛否両論意見の別れるところだとは思いますが、、、これは現実に起こっている事です。 僕はあえて子どもたちが毎週この写真を見る機会を作ってしまったわけです。 崩壊した石垣は修復期間のめども立たないほどに被害甚大です。

絵を描き始める前に僕は子どもたちに言いました。
a0199297_2121284.jpg


 「壊れてしまった
    お城山を直そうよ!」



a0199297_21324823.jpg



「みんなの絵の中で、
  もっともっと素晴らしい
      お城山を作ろう!」




そんなわけで子どもたちは毎週この写真を見ながらこの写真とは全くと言ってよいほどに意味合いの違う『自分だけのお城山の風景』を描いています。

a0199297_21394524.jpg
『東北の建築を描く展』の目指すモノからはかなり逸脱してしまい、、もしかしたらこれらの絵は審査対象にはならないかもしれないのですが、いま自分たちの暮らす街の風景を子どもたちに描いてもらうならば「これしかないだろう」と僕は思ったのです。

a0199297_21423427.jpg
    まだ完成している子の絵はありません。

    夏休みの宿題を済ませたら
    9月半ばの搬入日まで
    制作を続けてもらう予定です。

    みんなの絵が完成したらまたあらためて、、
  
      「子どもたちによる
         子どもたちだけの
             お城山の風景」
 
    を紹介したいと思います。



でもね、

まだ描き途中の絵だけれど、、その中に確かに存在している素晴らしい『何か』を感じませんか?

(微笑)


明日からは新しく素晴らしいものがたくさん生まれてくると思いますが、どれくらいお伝えするコトが出来るだろうか?
夜にこうしてキーボードを叩く余力が残されているかどうか、、。 (苦笑)
大袈裟ではなくてほんとに
子どもたちの宿題ってそれくらいに全身から力を吸い取られるのです。

もし明日からブログが更新されていなかったら
「ああ、 ヨシさんは夜空の星になろうとしたけどなれなくて海のヒトデになって海底をもぞもぞもぞもぞ動き回っているんだろうなあ、、 それはそれでヨシさんにとっては幸せなコトなのかもしれないなあ、、、」
とでも思って、
僕のコトもこのブログのコトも忘れて下さい。 (笑)


では、、、
あしたのために「ジャブ!ジャブ!ストレート!!」きょうはもう眠ります。

おやすみなさい。
by yoshikazusuzuky | 2011-07-23 22:22 | かいがきょうしつ リベラ | Comments(2)
Commented by ひめママ at 2011-07-24 12:25 x
マニャーナ♪♪♪昔、数回ですがスペイン語をメキシコ人に習っていた時、約束していた日にそのお方が来ない!待っても待っても来ない・・・約束を忘れて外出してしまったとのことでした。で~、言われた言葉が笑顔で「マニャーナ、マニャーナ」

そうか~今日出来なきゃ明日なんだ~。。。「~しなきゃ」に支配されていた私には衝撃的な考えでした。今は少しだけ「今日は無理、明日にしよう」と思う事も増えてきました(^^;・・・老化とも言う?笑

忘れた頃に書かれるブログも読者には楽しいものです(^^)/
Commented by yoshikazusuzuky at 2011-08-02 11:50
「~しなきゃ」は大切です。(うんうん、、、 笑)

こんな僕でさえもスペインのリズムに頭が馴染むまで(体ではなくて頭を馴染ませなければならないのです)かなりの時間を要した気がします。
受け入れてしまえばあんなに快適なリズムもないのですが、、、いままでの生活の中で身についている本来のリズムを変えるのは大変だし、やっぱり変えられはしないんですよね。

頭の中だけ柔らかくしておきましょう。

「~しなきゃ」は大切です。
ただ、「~しなきゃ」の前に「ぜったいに!」と感嘆符付きで考えさえしなければイイんじゃないかな?

まあ、僕の場合は柔軟なのではなくて優柔不断なだけですけどね。(笑)

ひめママさん、コメントをありがとうございました。