「ほっ」と。キャンペーン
ブログトップ

スズキヨシカズ幻燈画室

suzuky.exblog.jp

満月ノ晩ノ蒼色幻燈会 ... 始マリ始マリ

完成したユメヒトのポスターとヨシト君の夏野菜(制作続行中)

a0199297_15483458.jpg
夏の教室(6)で「チラリ」と紹介させていただいた、
夜の教室、中学2年生のユメヒトが描く
『防災ポスターコンクール』画が完成したので
、、、ご報告です。

a0199297_15513252.jpg






                           「ふむ」

人物はあえて鉛筆のみのモノトーンで仕上げているところが好感が持てますね。

混色に白い絵の具を多用しているだけに柔らかな印象のみが先行してしまいそうな雰囲気を鉛筆の質感が良い感じでカバーしてくれているのではないでしょうか。
『本当に自然災害ですか?』
、、、何度見てもインパクトのある標語ですよね?

                            ユメヒト作品をもう1点ご紹介。
a0199297_18252722.jpgこれは学校の『文化祭ポスター』原画募集の宿題です。
毎年テーマが決まっていて、そのテーマにそったデザインを夏休みの宿題として全員で持ち寄りその中から選定されるわけですね。
ことしのメインテーマは、、 『遥(みち)』
そしてサブタイトルとして『〜新しい自分を探して〜』と入ります。
メインテーマもサブタイトルも生徒による発案なのですが、
『遥(はるか)』と書いて『遥(みち)』と読ませる辺りは絶妙ですよね。

ちなみにユメヒト、
原画デザインを説明する欄には「ツバサを背に飛び立とうとするが錆び付いたツバサが重たくて飛び立てない。それでも新しい自分を探しに走り出そうとしている、、、」と言うような内容の文章が書かれていました。

「ふむ」



さて、ヨシト君が描く『夏野菜』の続報です。
a0199297_18513699.jpg
メキャベツとかルッコラ(あれ?ルッコラって言ってたんだったかな?)とかメロンとか画面の端っこで切れてしまってるけれど迫力ある質感が表現されたカボチャだとか、、、描かれているモノたちは「どんどん」と増えていました。 (微笑)

a0199297_190299.jpg
こんかいは、メロンにスポットをあてて見ていただいちゃおうかな。

これは水彩クレヨンで下地を作り、
水彩色鉛筆で描き込みがされ、、
完成形に近づいたメロンですね。

みずみずしさ、、画像で伝わるだろうか?
「あま〜い」メロンの果汁が滴り落ちて来そうな感じ、、伝わりますか?
もし伝わらないとしたら、それは画像のせいです。
オリジナルは、、それはもう美味しそうでよだれが出て来そうな出来映えなんですよ。
(微笑)

絵の全体が写っている画像で見ると半分に切られたメロンが2つありますよね。
奥に写っているのは水彩クレヨンで下地を作っただけの状態です。
前回もこのコトに触れたけれど水彩クレヨンの下地だけの淡さも良い感じです。

それとね、、
半分に切られたメロンが2つ画面に納められているのにはワケがあって、
これは構図的なシンメトリーを意識しているわけではなくてヨシト君の小学校時代の記憶に直結しているのだそうです。
あるとき八百屋さんの店先に、こんな風に半分に切られたメロンがほかの野菜に混じって並べられていて、、ただそれだけのシンプルな光景だったのだけれど、ヨシト少年にとってはものすごく印象深い光景として記憶の中に鮮明に『印象』されたのだそうですよ。

とてもシンプルな話なのですがヨシト君の口から語られると、とても不思議なお話(物語の一場面)に聞こえるから不思議ですね。


ヨシト君の『夏野菜』たちも完成間近、、、かな?



(微笑)
by yoshikazusuzuky | 2011-08-24 23:11 | かいがきょうしつ リベラ | Comments(0)