ブログトップ

スズキヨシカズ幻燈画室

suzuky.exblog.jp

満月ノ晩ノ蒼色幻燈会 ... 始マリ始マリ

『珈琲 楓舎』と 『幻燈画室』

僕は思うのですが毎日ブログを更新していたあの頃の僕は誰だったのでしょうか?(笑)
書きたいことはいっぱいあるし、何かに出逢う度に「わくわく」しながらしっかりと写真まで撮っているのですが、、、更新されないですね。
書かなければ更新されないわけだから、、、今日は何かを書いて更新しよう。
「何かを書いて、、、」なんて言い方は、なんだか書くことに対して失礼だからね。
「よし!」
「しっかりと書くぞ!!」


この写真は、、、風花画廊の展覧会が始まった最初の日曜日の空ですね。
a0199297_16444791.jpg









僕はこの季節に見上げる風花画廊の空がとても好きです。
空の蒼に映える、朱い(あかい)葉を落とし始めた樹々の群青のシルエットがとても好きなのです。

a0199297_16582996.jpg
風花画廊での展覧会も残すところ、あと2日ですね。

今回はまだ会場の写真や作家さんたちの作品写真をフィルムカメラで撮ってないなあ。


僕はピントのズレた、、、
(ずらそうと思ってずらすコトの出来るカメラで撮った)、、、写真が好きなのです。
フィルムカメラだからピントがズレると言うわけではなくて、、、僕が言いたいのは写りの柔らかさのことですね。 被写体の輪郭が微妙に滲んで背景に溶け出し混じり合っているような、、、そんな柔らかな写り方をしてくれるフィルムカメラが大好きなんですね。
a0199297_17124922.jpg
、、、と?

画面には『齋藤ナオ』のポートレートが添えられていますが、、、
『齋藤ナオ』の作品を紹介しようと思っていたのですね。


ところが僕が「ぐずぐず」「ぐずぐず」しているうちに
『風花画廊』のホームページでも、
『齋藤ナオ』本人のブログででも、
すでに素敵に紹介されているので、、、ここでは『齋藤ナオ』のポートレートをメインとして載せてしまうのでした。 いつだったかな?会場においでになった彼女の作品をお持ちになっているお客さまが、こう言っていましたよ。

「ほんと、、、齋藤ナオさんて、ご自身の作品そのままの方ですよね」

うん、、ほんとにね。(微笑)

そんな素敵な齋藤ナオと齋藤ナオの作品たちにここで出逢えるのは、今度の日曜日、『風花画廊 collection展』最終日の27日までです。 絵画作品ばかりでなく、様々な分野の素敵な作品たちと素敵な作家さんたちに出逢える、ほんとうに素晴らしい展覧会です。 午前11時から午後6時まで開廊しています。 ぜひぜひ『風花画廊』(福島市荒井字横塚3-252 TEL:024-593-0450 )に足を運んでいただければ、、と思います。

さて、ここで、、、
そんな風花画廊の『もうひとつの風花画廊』についてのお知らせがあります。

『もうひとつの風花画廊』の名前は『珈琲 楓舎』と言います。

『珈琲 楓舎』は『齋藤哲也』が厳選し焙煎したコーヒー豆を扱うお店です。
『珈琲 楓舎』については、、こちら、、と、こちら、、、をクリックして下さい。

いかがでしたか? 『珈琲 楓舎』は「そんな」お店なのです。(微笑)

、、、で?

「はい」

             ではこちらの案内をご覧いただけますか?

a0199297_14404216.jpg


a0199297_1441353.jpg

                    、、、です。


a0199297_19355218.jpg

『珈琲 楓舎』齋藤也 X 『幻燈画室』スズキシカズ』

         、、、というわけです。

『齋藤也』と『スズキシカズ』が、12月11日の日曜日に、1日だけのコラボレーションを果たします。

a0199297_194553.jpg







僕は彼に、とてもプロフェッショナルな匂いを感じます。(感じるだけではなくて、彼は本物のプロフェッショナルです。)

僕が理想とするモノ作りのカタチを、
彼、、『齋藤也』は持っています。(生まれ持ったモノと彼が努力によって得たものとが何の違和感も無理な主張もなく彼の中に融合しています)

12月11日、、、。 僕の作品と共に皆さんに供される彼のコーヒー豆は、この日1日だけの為に彼がブレンドしてくれたモノになる筈です。

12月11日(日曜日)午前11時より午後8時まで。
場所は『珈琲 楓舎』、、、
〜風花画廊〜 福島市荒井字横塚3-252 TEL:080-6909-8284

       この日、供されるコーヒーとオブジェクトは30個を予定しています。
         この日、彼と僕の展覧会にお越しいただいた30名の方々に、
              僕はもう一つの贈り物を用意しています。
a0199297_2015545.jpg

      彼の珈琲が皆さんの嗅覚と味覚から皆さんの心の中にその居場所を探し、、、
        僕の作品に姿を変えた『宮沢治』の愛おしい言葉の破片たちは、
      それがそっとのせられた手のひらから皆さんの心の中にその居場所を探す。

          そこに、、、僕は『時間の結晶』を添えたいと思います。

                     それは、
             地球(この惑星)が感じた『時間』です。
         地球(この惑星)が感じ、永い永い眠りの中で、、
                      そのカラダに刻み込んできた、、
             地球(この惑星)の『時間の結晶体』です。

                  
                   12月11日、、、


               『珈琲 楓舎』でお待ちしています。


                     (微笑)
by yoshikazusuzuky | 2011-11-25 20:40 | スズキヨシカズ的アート | Comments(0)