ブログトップ

スズキヨシカズ幻燈画室

suzuky.exblog.jp

満月ノ晩ノ蒼色幻燈会 ... 始マリ始マリ

深海散歩(3-2/3)〜中島幼稚園〜

a0199297_1955436.jpg













年少組さんとの深海散歩。

a0199297_19562748.jpg













年中組さんとの深海散歩。

a0199297_1963680.jpg













そして、この年長組さんとの深海散歩で長い長い深海の散歩道は完成します。(微笑)

a0199297_19144253.jpga0199297_1915778.jpg










絵の世界(絵の中の世界)に存在してはいけないモノって何か思いつきますか?

a0199297_1916643.jpga0199297_19162158.jpg









僕はね、子どもたちが絵を描く姿を見ていると、絵の中の世界に存在してはいけないモノなんて「存在しないんだ」(なんだかややこしいね 笑)、、ってコトにあらためて気づかされるんですけど、、、みなさんはどうですか?
a0199297_2041196.jpga0199297_19335435.jpg










僕はときどき考えます。 「大人と子どもとどちらのままでいたいかな?」ってね。 (微笑)

a0199297_2051135.jpga0199297_2001236.jpg










「僕は子どものままでいたい!」とかって言うと思うでしょう? (笑)
残念でした! (笑) 子どもと大人とどちらが良いかと問われれば、やっぱり大人の方が良いです。 ぜったい大人の方が良いですよ。 (微笑)

                    「ただね?」
a0199297_20423285.jpg

a0199297_20425074.jpg

ただ、何かを忘れてしまってガチガチに凝り固まった考え方しか出来ない大人にはなりたくなかったのです。 (おかげで僕は中途半端な大人子どもになってしまったのですが、、、笑)

a0199297_23241179.jpg

                 「何か」って何ですか?
   その答えは、子どもたちのこの姿であり子どもたちが描く絵と絵の中の世界ですかね。

a0199297_23251758.jpg

    「夢中になれる何かに夢中になるコト」 それって大切なことですよね。 (微笑) 

a0199297_23254653.jpg

夢中になれる何かに夢中になるコトが本当に出来るようになるのは大人になってからだし、大人になって「夢中になれる何か」に夢中になろうとした時に必要なのが子どもたちが持っている柔らかな頭(柔軟な考え方の出来る頭)とイマジネーション(自由な発想力)なのではないでしょうか?

a0199297_23262913.jpg

               子どもたちから学ぶことは多いです。

a0199297_23291373.jpg

          そして、子どもたちに伝えたいこともたくさんあるのです。

a0199297_2331796.jpg

                バランス感覚、、、なのかな?

a0199297_23303398.jpg

               バランスの良い大人になりたいです。

a0199297_2336562.jpg

a0199297_2333992.jpg

こんな風にして年長組さんの深海散歩もお仕舞いの時を迎えました。 (微笑) とても楽しい深海のお散歩でした。 
さてさて、 
予定ではこの記事をもって締めくくるはずだったのですが、どうやらお仕舞いに出来そうもありませんのでもう一回だけ書かせて下さい。 次回はね、こうして出来上がった3本の深海散歩道の全貌をお伝えしたいと思いますよ。 それとね、これはいちばん大事なコト! 僕が子どもたちからもらった素敵な素敵な贈り物も紹介させて下さい。 本当に素敵なんですから!! (^〜^)

では、また次回に!



(微笑)
by yoshikazusuzuky | 2012-03-06 23:11 | かいがきょうしつ リベラ | Comments(0)