ブログトップ

スズキヨシカズ幻燈画室

suzuky.exblog.jp

満月ノ晩ノ蒼色幻燈会 ... 始マリ始マリ

『Полёт(パリョート)』或いは『Poljot(ポレオット)』

愛用の時計のバンドを新調しました。(唐突な話題で恐縮ですが 笑)
a0199297_23474369.jpg
これまでは白い文字盤のクロノグラフにはシンプルな黒革のバンドを着けて、
黒い文字盤で竜頭が2個付いている時計には金と銀のメタルのバンドを着けて、それぞれ使っていたのですが、、、
a0199297_23474097.jpg
気分をかえてオリジナルの時計バンドを作っている工房『キャストプランニング』の革バンドに着替えてみました。
時計本体は数十年前の時間に時間が重なったようなアンティークなモノですが、どちらもしっくりと新しい服を着こなしていると思うのですがどうでしょうか? (^〜^)
「良い感じだと思います!」 (^0^)
a0199297_86399.jpg
このクロノグラフは『DOGMA(ドグマ)』と言うメーカーの時計です。 ヨーロッパではよく目にしたのですが(これはバルセロナ時代に手にしました)日本ではどうなのかな?
詳しく調べて載せようと思ったけど、ネットで検索しても何も表示されません。 (なんでだ?)
スイス製の時計です。
a0199297_8141525.jpg
この時計のリニューアルはしなかったのですが、これもかなりお気に入りの『DOGMA』です。
いやらしさの無いスクエアなカタチと大きさと程よい重さ。
そして、そして、何より特徴的なのは風防の形態。
a0199297_930151.jpg
オリジナルな風防のガラスはきれいな「かまぼこ型」をしているのです。
見た目の愛らしさに加えて、厚みのあるこのガラス形状の集光能力はたいしたもので、素敵に文字盤を浮かび上がらせてくれるのです。 (^〜^)
このなめらかな風防のおかげで、全体的にとても優しい印象に仕上げられている時計です。
a0199297_9404460.jpg
この時計は『Полёт(パリョート)』と言います。
英語名では『Poljot(ポレオット)』と呼ばれるロシア製の時計です。
何故僕がこの時計にただならぬ興味と愛着を抱いているかと言うと、ロシアが誇る世界初の宇宙飛行士『ユーリイ・アレクセーエヴィチ・ガガーリン(Юрий Алексеевич Гагарин)』が宇宙飛行の際、身につけていたのが、このポレオット製の腕時計だったのですね。
僕の中では『OMEGA(オメガ)』に匹敵する程に大きな意味を持つ時計メーカーです。(いつものごとく一人で熱くなっているだけですが! 笑)
さてそれではこの黒い文字盤の時計のお話し。
何故この時計はデュアルタイム時計でもないのに竜頭が2個も付いているのか?
「何故ならばこの時計は機械式アラーム時計だからなんです!」(12時の位置に在る矢印形の針がアラームの指針です)
設定した時間になると、、 「じいいいいいいいいいいいいいいいい、、じ」 って感じで音と振動を発するのです。たまらなく意地らしい(? 笑)音なんですよ。
この音を聴くと、ますますこの時計への愛おしさが増すのです。
フミヤの20歳の誕生祝いに僕が2本持っていたポレオットの内の1本を贈ったんだけど、、、 フミヤ?あのポレオットはこのくらいヨシカズセンセイにとっては意味深い時計だったのだよ!! フミヤも夜更けにあの機械式アラーム音を目を閉じて聴くように!!! (うそうそ、、 ヨシカズセンセイみたいな変な人になっちゃうからね 笑)
そんなわけで、、、
前振りとしてはやたらに長くなってしまいましたが、素敵に生まれ変わった(ほんとうに時計が喜んでいるのを感じるのですよ! ほんとほんと)僕の時計たちを紹介してしまいました。
「、、、してしまいました」ついでに僕の宝物をもう一つ紹介しちゃいます。
a0199297_16201761.jpg
それはこの箱に入っています。 「開けますよ、、、」 (ぱくん)
a0199297_16225578.jpg
古い『懐中時計』です。
しかも中枠に金属(銀)を使っている意外は全て白蝶貝で作られている懐中時計なのです。
a0199297_162558.jpg
正面の金の文字盤は一面に細い波状のエッチングが施された凝った造りで、描き込まれた数字もかなり素敵なのですが、メーカー名も工房名も何も記されてはいません。 ケースに金文字で工房名らしきモノが書かれていますが、これは違うんです。 なぜならこのケースは別な蚤の市で見つけたモノだから、、なのでした。 (ちゃんちゃん)
a0199297_1636326.jpg
裏蓋も白蝶貝からの削り出しです。
a0199297_16354450.jpg
金属製の裏蓋だと、メンテナンスをした工房や職人さんが自分のイニシャルや年号日付を内側に彫り込むので、そこからいろいろなコトを推測できるのですが、、、この裏蓋にはそれもありません。
機械部分にも手がかりになるような刻印は無く、唯一『SWISS MADE』とあるだけです。
『SWISS MADE』の刻印も手彫りではないし文字の形状もかなり整っているので、古いといっても100年くらいの時間なのかもしれませんね。
素性については何もわからない時計です。
バルセロナの骨董市(何て名前の通りだったかな? パセオ . デ . グラシアの骨董市 だったかな?)で一目惚れしてしまった懐中時計なのでした。
僕の宝物の一つです。

「素敵でしょう?」


(微笑)



さてどうしましょうか?
『くろいろえのぐでいろとりどりにばらのはなをかく(黒色絵の具で色とりどりにバラの花を描く)』の8回目、、、 もっともっと長く書き続けてしまいそうなので木曜日の子どもたちの話題は次回と言うことで(楽しみにしていてくれた方には「ゴメンナサイ」)よろしくお願いします。



そう! お仕舞いにする前に大事な話題(ご報告)をもう一つだけ。

本日、4月19日の木曜日、、、。
a0199297_10355925.jpg
ついに我が家の屋根の補修が「始まりましたよ!始まりましたよ!」。 (感激!)
a0199297_10441671.jpg
「良かった良かったほんとうに良かった」(カンちゃんダンペイちゃん兄弟のお父さんも来てくれています! スーパーウルトラヒーロー父さんです!! 微笑)

「ありがとうございます!ほんとうにありがとうございます!!」

「ただただ感謝です」

「ありがとうございます」


(微笑)


(よかった、、、 涙)



a0199297_11172243.jpg

a0199297_11173635.jpg

a0199297_11182391.jpg
我が愛猫、黒猫のパトも感謝で「ゴロゴロゴロゴロ」です。 (^〜^*)



a0199297_11194389.jpg

「我が家の桜も咲きました」





(微笑)
by yoshikazusuzuky | 2012-04-20 00:00 | 日常 | Comments(0)