「ほっ」と。キャンペーン
ブログトップ

スズキヨシカズ幻燈画室

suzuky.exblog.jp

満月ノ晩ノ蒼色幻燈会 ... 始マリ始マリ

くろいろえのぐでいろとりどりにばらのはなをかく(8)

田んぼに水が入りました。
a0199297_11273532.jpg
「じゃぼんじゃぼん」と鳴く水と、、
「しゅるしゅる」と土に吸い込まれる水の音を聴いてきました。
5月の連休辺りの田植えに向けての代掻き(しろかき)が始まりますね。

お知らせです。
まだ詳しい内容に付いては出版前で僕も読んではいないのでお話し出来ないのですが、、リベラの子どもたちが震災直後に描いた絵が表紙や折り込みなどに使われた本が出版されることになりました。
a0199297_11424494.jpg
この画像は本の中で使用されている写真一枚です。
『はやく、家にかえりたい。』〜福島の子どもたちが思う いのち . かぞく . みらい〜
、、と言うタイトルの本で、著者は、医師であり作家でもある『鎌田實(かまたみのる)』氏です。
『合同出版』から5月の連休明けくらいに出版される予定です。
表紙や折り込みのゲラ刷りは手元にあるのですが、出版前に公表してはいけないモノだと思うので、一般向けの広告と公共施設向けの広告の画像を載せますのでご覧になって下さい。
a0199297_1924126.jpg

a0199297_1925722.jpg
これはまだ構想段階のお話しですが、「子どもたちの絵の展覧会を東京で、、、」とのお話しもあります。
それがどんなカタチをとるにしろ、子どもたちが震災直後に画用紙に表したストレートな感情が『何か』に繋がれば良いなと思います。
本が出版になったらまたご報告させていただきます。
子どもたちの絵に細心の心遣いで接して下さった、U-E . P . 編集の関さんに、心から感謝いたします。

「ありがとうございました」


(微笑)


さあそれでは、ヨシさんの趣味の話題にスペースとられて持ち越しになった、(ごめんなさい)
『くろいろえのぐでいろとりどりにばらのはなをかく(黒色絵の具で色とりどりにバラの花を描く)』の8回目、
木曜日の子どもたちのご報告です。
a0199297_19505355.jpg
しずくちゃんとゆめちゃんとりゅうのすけとハク、、。
a0199297_1951674.jpg
新しいメンバー編成になって3週目にしてようやく、それぞれの立場を尊重した秩序の様なモノが生まれ始めています。
「すごいなあ」 そう感心しながら、その変化の始まりを見守っていた木曜日の教室でした。(あ! ただ見守れたら良かったんだけど痛みも伴いましたけど 笑)
a0199297_20195023.jpg
しかしそれは仕方ないのです。 痛みを伴わない変化などあり得ないのですから、、、 って? なんか視点論点がズレてるな? ここで言う「痛み」とは変化の渦中に在る子どもたちの痛みではなくて、僕が体で感じる痛みですから。 (笑)
まあまあそれはさておき、なかなか素晴らしい着彩でしょう?
a0199297_20244774.jpg
、、、って? 「おいおい?」 みんなは何をしているのかな? と言えば、みんなで頭を突き合わせて『心霊写真大百科』を研究中なのです。  、、で この写真を撮った直後にヨシさんは大声で「わっ!」と叫んだら4人全員が悲鳴を上げて飛び上がったのでした!! (ひゃっひゃっひゃっ)
そのあともちろんヨシさんが袋叩きに遭ったのは言うまでもありません! (うむ! 笑)
a0199297_20315332.jpg
4人全員が描き上げてしまいました。
なんだろうか?
まるで、、 まるで小さな展覧会を見ているようです。
初めての町で初めて出会った4人が初めて開いたグループ展を見ているような気持ちになるのは、、、 たぶんヨシさんが4人それぞれの何かが混じり合うのを感じているからだと思う。
一冬を凍えて過ごした田んぼの土が春の日に目を覚まし流れ込んで来た清れつな水を吸収してゆくような、、、 そんな絵の展覧会のようです。

これからの木曜日は面白くなってゆくと思うな。

「たのしみだね、
4人組さん!?」          (微笑)


屋根の補修工事も2日目になりました。
a0199297_10301815.jpg

a0199297_10373142.jpg
屋根瓦の半分が下ろされて防水シートが貼られました。
a0199297_10401356.jpg
壊れた瓦をのせたトラックは、もう何度処分場との間を往復してくれているコトでしょう?
壊れた瓦だけでも大変な量なのに、、、
a0199297_10392631.jpg
ビニールシートや土嚢袋に剝がれたガムテープ、触るとほろほろ粉末化するプラスチックロープに巨大なブルーシートが何枚あるコトか? ほんと、、大工さんたちにはご面倒をおかけしています。
a0199297_10532348.jpg
屋根の補修工事は空模様との競争でもあります。
いまにも雲の形状が崩れてきそうな本日も、大工さんたちはフル回転で急がしいです。
今日で全面に防水シートが貼られるようです。
全面が新しい防水シートで覆われれば雨が降っても、もう大丈夫です。(よね?)
雨が降る度に憂鬱になり屋根の様子を心配して思い描くことも無くなるわけです。(よね?)
もちろんまだ屋根の補修工事は続くし、屋根の補修工事の後の家全体の補修うんぬんの問題は残されているわけですが、
屋根の心配から解放されることは大きな始めの一歩です。


オマケ画像
a0199297_11125867.jpg
屋根の写真を撮りに裏の畑に上ったら、我が愛猫黒猫パトの獣道が家の裏から放射状に続いているのを発見!

「だから?」

いえいえべつに、、、 (笑)

ただそれだけのお話しでした。



(微笑)






 
by yoshikazusuzuky | 2012-04-21 00:00 | かいがきょうしつ リベラ | Comments(0)