ブログトップ

スズキヨシカズ幻燈画室

suzuky.exblog.jp

満月ノ晩ノ蒼色幻燈会 ... 始マリ始マリ

バルセロナでの展覧会

9月19日水曜日から10月20日(土曜日)までの32日間、
スペインはバルセロナで開催される、
『かいがきょうしつ リベラ』とバルセロナの絵画教室(美術学校)『 Escola TRAÇ 』の子どもたちとのコラボレーション展。

その展覧会の会場写真(会場準備写真)が、
バルセロナのゆきちゃんから届きました。

この展覧会の話が生まれたのは、
a0199297_2122216.jpg
a0199297_21221266.jpg
ゆきちゃんに託した
これら『ありがとうのひまわり』の絵が始まりでしたね。

子どもたちが様々なイメージで制作した
小作品たち、、
『新「繋がる絵」』も、、、
a0199297_21314773.jpg
こんな感じに「うねりうねり」と、、
展示していただきました。

「うねりうねり」の始まりは、、
a0199297_21334292.jpg
ソウちゃんの「不思議のティッシュ絵?」ですね。

そして、、
中継ぎはしっかりと、
ハクの「ハク龍」の、
a0199297_21321715.jpg
前半身と後ろ半身が繋いでいます。

お仕舞い(お終いではないね)は、、
a0199297_21351281.jpg
リュウノスケの「不思議のうねりヘビ(笑)」です。

こんな風に「整然」と、、
a0199297_21391323.jpg
何だかステキにおしゃれに展示されていたりもします。 (微笑)

どちらの展示も、
その空いているスペースを、
リベラっ子たちの絵からインスピレーションを感じてくれた『 Escola TRAÇ 』の子どもたちの絵が「続けたり(繋げたり)」、
「埋めたり」しててゆくのです。

空いているスペースが続けられ(繋げられ)埋められて初めて、
展覧会が完成するのですね!

(微笑)


会場の始まりの壁には、
スライドショー形式で福島の子どもたちの絵も映し出されます。

a0199297_21483479.jpg
a0199297_214847100.jpg
a0199297_21485835.jpg

『元気ッズ!ふくしま』の主宰で開催され、
僕と、
福島県郡山市を制作の拠点として活動しているテンペラ画家『齋藤ナオ』が、
審査員を務めた、
『みらいのまち絵画コンクール』に応募してくれた子どもたちの絵です。


リベラっ子たちの制作風景も放映されています。
a0199297_21545179.jpg
「なんだか不思議な感じじゃないかい?」

言葉も生活の様式も違う知らない国の知らない場所に、
みんながいるんだよ!

なんだか不思議な気持ちで
「わくわく」
してこないかい?


ステキな展覧会を企画して、
その企画を実現させてくれた、
バルセロナのゆきちゃんと、
美術学校の先生方に、、、

「感謝しなきゃね!」 (微笑)


心から
心から、、

感謝しなきゃね。


(微笑)



『かいがきょうしつ リベラ』と、
バルセロナの絵画教室(美術学校)『 Escola TRAÇ 』の子どもたちとのコラボレーション展は、
10月20日(土曜日)までの32日間、
『 Escola TRAÇ 』内のギャラリー( C/Paletes 3, Bixos, 08034 Barcelona)で開催されます。


ゆきちゃんからの追加情報が届いたら、
随時ご紹介させていただきますので、

どうぞお楽しみに!




(微笑)




最後に、
ゆきちゃんが展覧会用に書いて送ってくれた、
ステキなご挨拶の文章を、
載せさせていただきます。


「ありがとう、ゆきちゃん!」




福島から

福島県白河市のリベラ絵画教室の子供たちの作品展が
初めてバルセロナで開かれます。
この展覧会では会期中にTRAÇの5歳から12歳の
子供たちが展示作品から受けたインスピレーションをもとに
絵を描きそれらを福島の子供たちの絵に組み込んだり、
繋げていったりします。
最終的には福島とバルセロナの子供たちの合作ができあがる
参加型展覧会、日々変化する生きている展覧会なのです。
この展覧会は様々なアートセンターを巡回する予定です。

会期中、福島市のふくしま企画工房(山川印刷所内)の小雑誌
「元気ッズ!ふくしま」が震災後に県内の小学生を対象に公募した
「みらいのまち絵画コンクール」の全応募作品217点を
スライドショーで上映します。

DES DE FUKUSHMA

L’exposició de dibuixos realitzats pels nens d’escola Ribera
de Fukushima es mostra per primera vegada a BCN.
L’exposició és una col.laboració amb el TRAÇ, on
nens entre 5 i 12 anys faran evolucionar i la convertiran
en una exposició viva.
Al final de l’exposició sortirà una obra conjunta.
Està previst que l’exposició sigui itinerant per
diversos centres d’art.

Durant l’exposició es projectarà les diapositives
de 217 dibuixos dels nens de Fukushima que van participar
al concurs “La nostre futura ciutat” que va organitzar
“ Genkids Fukushima” de l’imprenta YAMAKAWA .



by yoshikazusuzuky | 2012-09-15 22:25 | 未分類 | Comments(0)