ブログトップ

スズキヨシカズ幻燈画室

suzuky.exblog.jp

満月ノ晩ノ蒼色幻燈会 ... 始マリ始マリ

バルセロナから(DES DE BALCERONA)2

福島県白河市の『かいがきょうしつ リベラ』の子どもたちとスペインはバルセロナの美術学校『L'escola TRAÇ』の子どもたちとのコラボレーション展、

『 L'exposició viva 〜生きている展覧会〜 』

、、のさらなる続報がバルセロナのゆきちゃんから届けられました。


「生きている絵の展覧会の絵は生きているのです。」

始まりの会場風景と見比べてみて下さい。
あちらこちらで新たな新たな「なにか」が誕生していますよ! (^〜^)


前回ご紹介した小さい子のクラスで描いてくれた繋がる絵は、、、

リュウノスケが描いた「からまりからまるへびのえ」から繋がって、
a0199297_14555495.jpg
なんとなんと!
天空の猛々しい白龍のように、、
a0199297_14573418.jpg
宙を舞い、
a0199297_145858.jpg

a0199297_14583936.jpg
天井をかすめ飛び、
a0199297_1533492.jpg
a0199297_1524510.jpg
a0199297_154236.jpg
大きくカーブを描きながらヒガンテ人形を絡めとり、
a0199297_1564331.jpg
a0199297_157291.jpg
「ふくしま」の未来の街を追い越して壁をつたい、
a0199297_1584596.jpg
a0199297_158587.jpg
もう一つの場所へと道を繋げて飛翔しておりました。

もう一つの場所でも、、
ステキなコラボレーション(絵と絵の出逢い)が展開されておりました。

a0199297_1519355.jpg
a0199297_15191789.jpg
a0199297_15201044.jpg
a0199297_15195554.jpg
a0199297_1520573.jpg
a0199297_15205066.jpg
a0199297_15215023.jpg
a0199297_1522061.jpg
a0199297_15214493.jpg

言葉がでてこないですね、、。

(微笑)

埋められてゆく隙間。

パズルのピースのように、
隙間にはめ込まれてゆくモノたち、、。

頭の中を何かがよぎったのだけれど、、

その「何か」は、
言葉にはできない「何か」なのでした。


素晴らしいね。 (微笑)


そして、、

空白はもっともっと埋められてゆくんだね。 (微笑)


一つになれれのも、、
(たくさんの魂が一つのモノとして誕生するのも、、)
「もうすぐ」ですね。


(微笑)



会場の記帳台に置かれた(日本的に言えば)芳名帳も、
とても素敵なコトになっているようですよ。 (^〜^)

a0199297_1533413.jpg
a0199297_1533968.jpg
a0199297_15334791.jpg
a0199297_15335794.jpg
a0199297_15334332.jpg
なんだろうか?

この素敵さは? (^〜^)




『 L'exposició viva 〜生きている展覧会〜 』


ゆきちゃんが手紙の中でこう言っていました、、。

『オープニングは10月18日にする事になりました。20日に展覧会が終わるのでオープニングとはいえないですね。
でも、18日までにはTRAÇの子供たちの絵がリベラの子供たちの絵といっしょになってひとつの作品になると思うので、、、
つまり閉会式ですね。』

うんうん、
そうだね。

素晴らしいモノが誕生するのも、、
展覧会が締めくくられ、
新たな何かが始まるのも、
もうすぐだね!


(微笑)


ゆきちゃん、
素敵な写真をたくさんありがとう!



(^〜^)
by yoshikazusuzuky | 2012-10-07 19:34 | 繋がる想い | Comments(0)