ブログトップ

スズキヨシカズ幻燈画室

suzuky.exblog.jp

満月ノ晩ノ蒼色幻燈会 ... 始マリ始マリ

不思議の植木鉢(仮題)その3

朝から夕方の教室まで、
「ガムテープ剥がし」をしていました。

震災後、
割れた窓ガラスや壊れた扉をふさぐために張ったブルーシート。
そのブルーシートが雨風に剥ぎ取られる度にガムテープを使って補修を繰り返して1年弱、、。
貼り重ねたガムテープの接着剤が溶けて窓枠や壁に分厚く付着してしまったモノを溶剤(シンナー)を刷毛で塗りながら金属のへらでこ削ぎ取ってゆく、、という作業をシンナーに酔いながら(よくないね!)続けていたわけです。

いきなり話が変わりますが、
大友克洋『AKIRA』(映画ではなくて原作漫画の方)知ってますか?
数十年前に政府の秘密機関が行った実験により一つの都市を消滅させてしまうほどの能力を覚醒させてしまった少年(アキラ)を絶対零度の中に眠らせた、地下深くに建造された何重もの分厚い隔壁に覆われた凄まじく不格好な施設の前に立った軍の大佐がその建物の外観を「恐怖を慌てて覆い隠したのだ、、」みたいな台詞で表現するのだけれど(リベラ図書館の『AKIRA』全巻は数年前に貸し出されたまま未だに帰ってこないので正確な台詞を確認出来ないのだ!返さないのは誰だ!?誰だ誰だ!?)、、。
なんでだか、、
接着剤の除去作業をしているあいだじゅうずっと、
そのアキラを隔離した施設のハードな外観のイメージが、、
頭に浮かび続けていたのでした。

ほんと、、、
凄まじい強迫観念に押し潰されそうになりながらブルーシートを張り重ね、
それがいつ終わるとも想像出来ぬまま補修し続けていた時のあの複雑過ぎる重たい気持ちは、
「一生忘れられないのだろうな、、」と思い、
(崩壊した漫画の中の空想世界とあの時とあの時から続く現実世界)二つのイメージを重ね合わせて、ますます複雑な気持ちになっていた今日だったのでした。


(コチラも崩壊しているかもしれないけれどそう思いたくはない、、)リベラ教室のお話しをしましょうね。(笑)


『不思議の植木鉢(仮題)』のお話し、、
a0199297_19282757.jpg
a0199297_19284986.jpg
a0199297_19291084.jpg
、、なんて何のコトだか、もう忘れちゃったでしょう? (笑)

不思議の植木鉢(仮題)その1

不思議の植木鉢(仮題)その2


はい、、
a0199297_19294715.jpg
思い出していただけましたでしょうか? (^〜^)

『不思議の植木鉢(仮題)』作りも、
a0199297_19304840.jpg
いつの間にかお仕舞いが間近です。。

作業しながらでも、
相も変わらぬ無計画な「ヨシさん」が、
a0199297_19352261.jpg
「コロコロ」「コロリン」と方向性をかえてしまうので、
子どもたちもついてくるのが大変です。 (笑)

今年のクリスマスの「飾り物」候補として
a0199297_19412296.jpg
a0199297_1942102.jpg
制作を続けていた『不思議の植木鉢(仮題)』でしたが、(すでに第一案だったモザイク画からも方針変更を余儀なくされているのに、、「またですか?」という意見も聞こえてはまいりますが 笑)
あまりにも素敵な感じに仕上がっているので、
a0199297_19424052.jpg
外に飾ってホコリまみれに色褪せさせるのは忍びなくなってしまいまして、、
a0199297_1943066.jpg
この作品は、「自宅持ち帰り作品」となりました。 (^〜^)

a0199297_19501217.jpg
a0199297_19502365.jpg
a0199297_19503362.jpg

お家のクリスマス飾りの仲間に加えてもらいましょうね。

出来上がった『不思議の植木鉢(仮題)』との記念撮影写真も、
これから随時紹介してゆきますのでお楽しみに!

『不思議の植木鉢(仮題)』がお仕舞いになった子たちはね、、
a0199297_2119557.jpg
年末リベラの恒例行事、『自画像と将来の夢』の制作に入っています。

鏡とにらめっこしながら、、
a0199297_21213762.jpg
a0199297_21214897.jpg
鉛筆だけで仕上げた自画像に将来の夢を書き添えてもらっているのですね。

これも毎年、僕が楽しみにしている課題の一つです。 (^〜^)


こちらもご紹介してゆきますので楽しみに待っていて下さいね。


さあ、そんなわけで、、
本日の教室も終了の時間です。


今日も一日お疲れさまでした。


明日も一日がんばりましょう!




(微笑)
by yoshikazusuzuky | 2012-11-29 21:27 | かいがきょうしつ リベラ | Comments(0)