ブログトップ

スズキヨシカズ幻燈画室

suzuky.exblog.jp

満月ノ晩ノ蒼色幻燈会 ... 始マリ始マリ

生きている展覧会巡回展 アルヴェンドレイ篇

 スペインはバルセロナ(バルセロナ県)の美術学校、
『L'escola TRAÇ』(トラス美術学校)の子どもたちと『かいがきょうしつ リベラ』の子どもたちとがコラボレーションした展覧会、、、

『 L'exposició viva 〜生きている展覧会〜 』

、、、の巡回展(2回目の展覧会)が本日5月3日より、
タラゴナ県のアルヴェンドレイにある図書館で始まりました。

『Biblioteca pública del Vendrell』(アルヴェンドレイ図書館)
 Carrer Major18,(マヨール通り18番地)
 43700 El Vendrell,Tarragona(アルヴェンドレイ、タラゴナ県)
 Espanya(スペイン)

アルヴェンドレイには『リベラのひまわり』を育ててくれた画商さんもいらっしゃいましたし、
バルセロナのゆきちゃんが、『お習字栞(しおり)』を開催して震災復興の募金活動をしてくれた街でもありました。
今回もゆきちゃんの尽力と、
アルヴェンドレイ図書館スタッフのみなさんの協力の下に、
第2回目の展覧会が実現しました。

「巡回展」と書きましたが、トラス美術学校の子どもたちとリベラっ子たちの絵が前回と同じように展示されるだけではありませんよ。 だって『生きている展覧会』ですからね。(^〜^) 今回も、絵はさらに「繋がって」ゆくのです。 アルヴェンドレイの子どもたちがトラス美術学校の子どもたちとリベラっ子たちの絵から受け取ったインスピレーションで、『繋がる絵』は、さらにさらに繋がり、成長してゆくのです。 (^0^)

アルヴェンドレイの子どもたちは、
どんな物語の展開を
僕たちに見せてくれるのでしょうか?

それはきっとまちがいなく、
素敵な素敵な物語になるはずです。


楽しみですね! (^〜^)


アルヴェンドレイ図書館のホームペイジの『Un viatge pel món: Japó. Programa activitats maig 』(日本への旅 5月開催予定のプログラム)と書かれたところを「クリック!」すると展覧会の開催予定が現れます。 まだ展覧会場風景などは紹介されていませんが、これから公開されるかもしれませんのでチェックしてみて下さい。


バルセロのゆきちゃんはじめ、
たくさんたくさんのスペインの方々に、、
僕は、ただ感謝するばかりです。

僕は、7月22日に日本を発ってヨーロッパに向かいます。
スペインには7月29日に入り、
一週間を滞在します。
僕が暮らしたスリアを訪問するのはもちろんですが、
リベラの子どもたちが展覧会でお世話になった方々にも出来る限りお会いして、
直接お礼が言えたらいいな、、 と思っています。


ほんとにほんとに感謝です。


みなさんにみなさんに、、


心からの「ありがとう」です!



(微笑)
by yoshikazusuzuky | 2013-05-03 22:29 | 繋がる想い | Comments(0)