ブログトップ

スズキヨシカズ幻燈画室

suzuky.exblog.jp

満月ノ晩ノ蒼色幻燈会 ... 始マリ始マリ

子どものころからの夢ふたつ 「にの夢」

子どものころから不思議なコトが大好きでした。

a0199297_1934221.jpg
こういった類いの本ばかりを(この本、実物ですよ実物ですよ ^^)
読みあさっていました。

不思議モノの本を開くと見出しは3つのジャンルに分かれているのが通常ですね。

「UFO 」、「幽霊」、 そして、、「未確認生物」です。

どのジャンルも大好きなんだけど、
a0199297_1995441.jpg
中でも未確認生物には心を奪われます。
このページに載っている「世界の怪獣地図」(怪獣なんだね?)と銘打たれたイラスト入りの世界地図、、 観ているだけで胸は高鳴り心が躍り出します。

「未確認生物の代表格と言えばナニでしょうか?ナニでしょうか?」

「はい! 正解!! その通り!」 (^0^)

ドコに出しても恥ずかしくない、
未確認生物の代表選手と言えば、、
a0199297_19171559.jpg
スコットランドの湖、
「ネス湖(Loch Ness)」に棲むと語り伝えられる水棲獣、、
a0199297_19154971.jpg
『ネッシー(Loch Ness Monster)』をおいて他にはいないでしょう!? (^0^)


「ネス湖に行きたい!」 、、と 僕は彩香(AYAKA)に言いました。

「小さな頃からネス湖に行くのが(ネッシーに出逢うのが)夢だった!」
「一日中、ネス湖畔に佇んで、ネス湖を眺めて過ごしたい!」


そんなワケで、
25日(木曜日)にポーツマスから電車と飛行機を乗り継いで、
スコットランドの湖水地方へと、、
ネッシーが棲むと言う『ネス湖』へと向かいます。

ハイシーズンと言うコトもあってネス湖周辺のホテルはドコも満室、
彩香が手をつくしてくれて、
ネス湖と運河で繋がる隣の湖、『オイチ湖(Loch Oich)』(オイック湖?)湖畔に建つ古城のホテルを、、2日間、予約してくれたのでした。

さあここで問題です!

ハイシーズンのこの時期に、
素晴らしい古城のホテル(『 GLENGARRY CASTLE HOTEL 』)が
空いているのは何故でしょうか? (笑)

「じ、、 実は(実話)14世紀に、この古城で、、」

まあいいや!
気にしない気にしない。(え?)

予約した後に届いた彩香からのメールを見て、
夢人(YUMEHITO)が顔面蒼白になったりしてたけど、、 まあまあまあまあ、 気にしない気にしない。(気になるちゅーの! 笑)


誰に何と言われようとも
どんな非難を受けようとも、
これだって僕の立派な夢なんだから仕方がないのです。

「ネス湖」に「ネッシー」が存在するかどうかは問題ではないのです。(存在するけどね!)

「ネス湖」には「ネッシー」と言う名前の、
僕の子どもの頃からの「夢」が棲んでいるのです。

だから僕は「ネス湖」に行って来ますよ。

いままでは「ライブカメラ」で見続けてきた「ネス湖」を、
この肉眼で見届けて来ますよ!


(微笑)


それに、
この機会を逃したら、
一生「ネス湖」に行くコトは無いだろうと思うのですよ。 (^〜^)


とにかく、
25日(木)、26日(金)、、
2泊3日をスコットランドの「ネス湖」で過ごします。

(dia 25 y 26, estaremos 『Lago Ness』de Scotland . Quedaremos en el Hotel 『 GLENGARRY CASTLE HOTEL 』de Inverness )

27日(木)にロンドンへと移動。(dia 27, iremos a London)

ロンドンに2泊します。(Quedaremos 2noches en el Hotel 『 Comfort Inn Buckingham palace Road 』LONDON)

ロンドンでの予定は夢人に任せてあります。
ストーンヘンジ(Stonehenge)にも行きたいなぁ〜〜」と呟いてはみましたが、
「ロンドンは夢人のために巡るんでしょ!」、、と
彩香に一喝されたのであきらめました。 (笑)

2日間をロンドンで過ごした後、
29日(月曜日)15時25分発の飛行機で、、
いよいよスペインはバルセロナへと向かいます。
バルセロナ空港到着は、
18時30分の予定です。

(dia 29, salimos a London , 15:25 , avion de BRITISH AIRWAYS BA480/V . llegaremos en el Aeropuerto de Barcelona, 18:30 . )

29日の夜はバルセロナに1泊します。

「なんでそんな危険な場所に!」 、、と叱られたけど
古巣のあったランブラス通り(バルセロナの目抜き通り)の裏通り、旧市街のホテルを予約しました。

(Quedaremos 1noche en el 『HOTEL CONDAL』c/Boqueria 23. Ciutat Vella --- Tel : 933 181 882 --- )

バルセロナに一泊したら次の日は、
いよいよスリア(SURIA)に向かいます。

(proximo dia, dia 30,,,, iremos a SURIA ! SURIA!! SURIA!!! ^^)

僕のスペインでの記憶のほとんどをしめる、
心の故郷、、 スリアへと向かうのです。


そのお話しは、、 また明日。



(微笑)



Hasta mañana !!  (^〜^)
by yoshikazusuzuky | 2013-07-18 00:13 | 繋がる想い | Comments(0)