ブログトップ

スズキヨシカズ幻燈画室

suzuky.exblog.jp

満月ノ晩ノ蒼色幻燈会 ... 始マリ始マリ

第五日目(ネス湖へ)

目が覚めると午前2時だったり3時だったり、、

けっきょく眠るのをあきらめてシャワーを浴びるコトになった
午前4時半まで、、
おかしな霧の中を彷徨い続けていました。

午前6時にホテルをチェックアウト、
a0199297_2393716.jpg
6時45分発の長距離バスで、、
a0199297_304962.jpg
3日間をすごしたポーツマスを後にしました。

バスは、
a0199297_244721.jpg
LONDON「GATWICK空港」へは、
約2時間の道のり。
a0199297_38034.jpg
ガトウィック空港から、
a0199297_581961.jpg
11時35分発のイージージェットEZY861便は、、
a0199297_552146.jpg
定刻より30分遅れで「INVERNESS空港」へと飛び立ったのでした。

インベルネスまでの所要時間は1時間20分。

到着したインベルネス空港は土砂降りの雨の中でした。 
a0199297_11182441.jpg
予報では今日からず〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜っと雨なんだそうです。

なかなかに手痛いお出迎えですね。(苦笑)

空港から今夜の宿となる「オイチ湖」畔の古城までは、
a0199297_11264133.jpg
彩香が予約しておいてくれた空港TAXIで移動。

そしてそしてそしてそして!!!!
ついに僕は、(ジャジャジャーーーン!)
a0199297_1125622.jpg
『ネス湖』との対面を果たしたのです!

移動の途中(オイチ湖はネス湖の先、、南にある)だったし、雨と霧の中だったし、せまい対面通行の道路だったのですが、、
運転手さんが「あれがアーカート城だよ」(ネス湖の写真には必ず登場する城跡)と路肩に車を停めてくれたのでした。

a0199297_11425065.jpg
僕は車を降りて写真を撮りました。

「ついにネス湖にやって来たぞ!!」

a0199297_11333813.jpg
ファインダーをのぞきながら
僕はそう思いました。

僕とネス湖のファーストコンタクトでした! (^〜^)


明日です。

雨だろうと、
霧だろうと、
明日はもっと、、
もっともっとネス湖に近づきますよ。

今夜は楽しみに楽しみに眠るんだ! (^〜^)


オイチ湖の古城に着いたのは、
a0199297_11474712.jpg
ポーツマスを出て、
実に9時間後のコトでした。


a0199297_1222028.jpg
a0199297_1153251.jpg
素晴らしい古城です。


夕食前に夢人と(彩香は空港で雨に濡れて疲れて眠ってしまった)散歩をして来たのですが、
a0199297_1292699.jpg
霧によって育まれた深い原生の林に囲まれたオイチ湖の水は、
限りなく透明に
深く深く澄んでいて、、
a0199297_12131561.jpg
吸い込まれそうな危うさがありました。


そして、、

ショッキングだったコトが一つ、、、。


a0199297_12182239.jpg
この階段を僕は知っています。(この階段をすでに僕は知っていたのです)

この階段を上り下りする度に、
「かつて僕はこの階段を何度も何度も昇り降りしていた」 、、と
なぜか確信を持ってそう思うのでした。 (かつて?)

a0199297_12261796.jpg
不思議な話しですが、、、。



a0199297_1224055.jpg
このすてきなダイニングルームで、、
夕食をしてきました。

(微笑)

a0199297_12305726.jpg
夕食といっしょに白ワインを飲んだら、、(写真はメイン。僕はステーキを選びました。)
部屋に戻ったまでは覚えていたのですが
いつの間にか眠ってしまっていました。
夢人も服のまま、
ベッドにも入らず眠っていました。(なんででしょうか? なぜ夢人まで? ^^)

いま、、
コチラの時間で26日(金曜日)、
夜中の3時です。


いろいろな意味で、
僕をこの場所へと連れて来てくれた彩香に、
感謝しなければなりません。


「ありがとう彩香」 (^〜^)



もう午前4時41分になってしまった、、、


朝食は、
ゆっくりな時間設定をして
9時にダイニングで待ち合わせです。


あすにそなえてもう一眠り、、、


今度はベッドに入って眠ります。



おやすみなさい。




(微笑)
by yoshikazusuzuky | 2013-07-26 12:42 | 繋がる想い | Comments(0)