ブログトップ

スズキヨシカズ幻燈画室

suzuky.exblog.jp

満月ノ晩ノ蒼色幻燈会 ... 始マリ始マリ

第十一日目(スリアの町を紹介します、、の続き)

夕方、外出したとき、、
通りの薬屋さんの前に設置された温度計は、、、
a0199297_6494716.jpg
37℃ を表示していました。 (げげげ)

今週末、まだまだ気温は上がるのだそうです。 (やれやれ)

コチラは、
もうすぐ日付が変わる時刻です。

僕がスリアに住むきっかけとなった「スリア芸術村」を企画した、
当時、市役所文化担当だったパウの家で夕食をご馳走になって帰宅したところです。(先日ご紹介したメルセとパウが全ての文化行事を企画していました)

パウの奥さんはドロースと言って「七宝焼(エスマルテ)」の作家さんで、
a0199297_6564991.jpg
当時僕たちと一緒に芸術村に参加していました。

僕たち夕食のために、
a0199297_6595159.jpg
a0199297_71352.jpg
二人が丹誠込めて育てている野菜を収穫してくれました。

ズッキーニのグラタン風オーブン焼きや
a0199297_763659.jpg
ニンニクの芽と卵とエビの炒め物、
a0199297_772847.jpg
タコを柔らかく蒸し上げてパプリカをまぶしたモノや、
ジャガイモにアンチョビやチーズをのせて焼いた料理がならびました。

野菜中心なのに、
深いコクのある料理の数々を堪能しましたよ。 (^〜^)



出掛ける前にしていたお話しを続けます。


フルヘンシの家の前で
a0199297_7101990.jpg
坂道は終わり、、
プエブロビエッホの中心となる広場、
a0199297_7111944.jpg
「マヨール広場」に入って行きます。

a0199297_7131177.jpg
マヨール広場(大きな広場)と言っても小さな広場なんですけどね。(^^;)

マヨール広場の西のかどに、、
a0199297_7154813.jpg
住んでいた家があります。

その昔のこの家は、
a0199297_71772.jpg
a0199297_7174669.jpg
「修道院」として使われていました。

現在この家の一階部分は、
かつて彩香が所属していた「ファドリネッツ デ スリア」と言う
スリアに伝わる「お祭りの踊り」を伝承して行く子どもたちのグループ(現在は残念ながら解散してしまったそうです)の歴史を展示した、
a0199297_7362297.jpg
博物館になっていました。

そのグループのリーダーだったマリアと、
グループの総元締だったセニョールホセに会いました。
a0199297_7392676.jpg
「ドン」と呼ぶにふさわしい恰幅で厳しくも優しかったセニョールホセも、
すっかりおじいちゃんになっていました。 (微笑)

マヨール広場の東のこの場所は、
a0199297_721267.jpg
「ガレリア(画廊)」、、
僕が制作した作品を展示販売するギャラリーでした。

a0199297_7253046.jpg
マヨール広場を囲む細い通りです。

あの頃、
この素晴らしいアーチの奥には、、
a0199297_7273199.jpg
サンロマとテレサと言う陶芸家の夫婦の工房がありました。

その工房は修復されて、
a0199297_7312418.jpg
素敵なギャラリーになっていました。

マヨール広場から東にのびる
a0199297_7593763.jpg
細い道を進むと、
正面にマリアさまの浮き彫りが施された
a0199297_746631.jpg
教会が見えて来ます。

a0199297_748779.jpg
a0199297_7495754.jpg
a0199297_7503459.jpg
「サン ロゼール教会」です。

a0199297_7522563.jpg
僕のアトリエの窓からは教会の鐘楼が見えました。
鐘楼のとなりの家には、
数年前に亡くなってしまったけれど、、 教会守のリディアと言う優しいおばさんが住んでいました。
リディアが日本に送ってくれたロゼール教会のマリアさまの写真を、
僕は肌身離さず持ち歩いています。

僕のお守りです。


ロゼール教会の坂を上ると、、
a0199297_82711.jpg
「カスティーリョ デ スリア(スリア城)」の入り口です。(かつて彩香が撮ったのと同じシチュエーションで夢人の写真を撮ってみました ^^)

僕のスリア初個展も最後の個展も、
a0199297_862617.jpg
a0199297_8193738.jpg
このスリア城が会場でした。

現在は、
スリア城の歴史を常設する博物館になっていました。

a0199297_88432.jpg

a0199297_895642.jpg

a0199297_892568.jpg

a0199297_8121517.jpg

a0199297_8131718.jpg

a0199297_8142626.jpg


a0199297_8151084.jpg


スリア城では、、
a0199297_8162463.jpg
ペラが待っていてくれました。
ペラも僕に登って遊んでいた(笑)小さな友達だったのですが、、
すっかり大人になってしまいました。 (わらわら)


スリア城を通り過ぎると、、、
a0199297_822361.jpg
レオナルドの家があります。

a0199297_8234699.jpg
レオナルドと奥さんのイサベルです。

ラウラとマリーナと言う二人の娘がいます。

僕がマリーナのような娘がほしいと思っていたからなのかどうかはわからないけれど、、
生まれた彩香はマリーナお姉ちゃんが大好きで、
マリーナも彩香をとても可愛がってくれました。

a0199297_8273870.jpg
僕が描いたマリーナのデッサンです。

彩香がスリアを訪問した時は、
レオナルドが全てセッイングしてくれて、
彩香は2週間をレオナルドの家でマリーナと一緒に過ごしました。

今回もレオナルドは僕のためにいろいろとセッティングしてくれていて、
明日、午後一時には市役所に市長さんを表敬訪問することになっているし、、
(スリア市が白河市のためにしてくれた募金活動等の心からのお礼も伝えなければなりません)
午後二時からは20数名の僕を知る方々が集まるレストランでの昼食会も企画してくれているのです。

昼食会の後はレオナルドが僕と夢人をマンレッサの駅まで送ってくれるコトになっています。


ただただ、、 感謝です。


(微笑)


レオナルドの家の前の通りを抜けると、、
a0199297_837235.jpg
プエブロビエッホの終点を告げる
a0199297_8382366.jpg
十字架がたっています。


散歩をした、、
砂利道は、
すっかりアスファルトの道路に変わっていました。

スリアの象徴でもある、
a0199297_8453571.jpg
岩塩を掘る鉱山もすぐそこに見えます。


終点のオリーブ畑から見える風景は、、、
a0199297_8432126.jpg
むかしのまんまでしたけどね。



a0199297_8473258.jpg







(^〜^)
by yoshikazusuzuky | 2013-08-01 08:50 | 繋がる想い | Comments(0)