ブログトップ

スズキヨシカズ幻燈画室

suzuky.exblog.jp

満月ノ晩ノ蒼色幻燈会 ... 始マリ始マリ

ギャラリー創芸工房

昨晩夜中に
帰宅したら、、
a0199297_19295689.jpg
毛布にくるまったパトが
ソファーで意地けていました。

みると頭に、
a0199297_19301044.jpg
新しい傷が、、、。 (あにゃにゃ)

ケンカに負けて帰ってきたときの
お約束、、

絵に描いたような模範的意気消沈のポーズ。

片耳千切れ流れ灰色猫の姿をしばらく見かけなかったので
「どこか他所に移動して行ったのかな?」 、、と思って
安心していたんだけど、
まだ近所に居たようですね。

まあ、、 仕方ないね、パト? (やれやれ)



早く起きた快晴の日曜日、
a0199297_1937720.jpg
「いわき市」に行って来ました。

「海を見に?」

いえいえ、、
 
海を見に、、
a0199297_22305592.jpg
ではなくて、

いわき市鹿島町走熊にあるギャラリー、
a0199297_19394066.jpg
『創芸工房』に、、

『私のお気に入り展』を観に行ってきたのでした。

a0199297_19425222.jpg

a0199297_19432274.jpg

a0199297_19433420.jpg


今年、開催7回目になると言う
この展覧会には、
福島県のみにとどまらず
13の府県から
57名の作家さんたちが参加しています。

文字の持つ素晴らい魅力を僕に気づかせてくれた、
カリグラファー(西洋書家)の
M i c h i k o 先生も出品しています。
(展示作品を写真に、、と思っていたらその時おいでになったお客さまがM i c h i k o 先生の作品を即購入されてしまい写真を撮れずに仕舞いました、、 ここでご紹介出来ずにごめんなさい)

M i c h i k o 先生の他にも、、

僕の好きなガラス作家さん、
a0199297_2058277.jpg

a0199297_20583669.jpg
能登朝奈さんの作品たちも展示されていました。
能登朝奈さんは、
a0199297_2059446.jpg
「パート・ド・ヴェール」と言う技法で、
作品を作っています。

展覧会のご紹介が遅くなってしまったのでアレなんですが、、 (アレ、、とは? 苦笑)
このブログをアップ出来るであろう
日付かわって12月23日(月)が、、
a0199297_21162174.jpg
最終日となってしまいました。

『ギャラリー創芸工房』
福島県いわき市鹿島町走熊小神山60−1
TEL: 0246-29-3826

最終日は、10時30分〜17時までの開場です。


もう13年も前になってしまいましたが、
僕は創芸工房さんで個展を開かせていただいたコトが
ありました。
今回は、
M i c h i k o 先生の作品を観せていただくだけではなくて
僕自身の個展の打ち合わせもあったのでした。

来年、2014年の秋には、、
福島市の『風花画廊』での個展が決定しています。
11月のコレクション展にも参加させていただく予定です。

『ギャラリー創芸工房』では、
先ず、2014年12月の『私のお気に入り展』第8回展に参加させていただき、、
翌年、2015年の秋(9月)に個展を開催します。

出来れば来年からは、
毎年(風花画廊と創芸工房を一年おきに)個展を開催してゆければ、、
と考えています。

考えるだけでなく、、

そうしたいです。 (ふかぶかとおじぎ)


a0199297_2213245.jpg

「どうぞよろしくお願いいたします」 (ふかぶかとおじぎ)



いわき市から帰宅したのは(あ!、、そうだ!! そうだった! いわき市には、、白河市から中島村、石川町、古殿町を抜ける「御斉所街道」を通ってゆくのですが、、心配だったのは雪でした。峠越えなので、かなり雪には神経質になっていたのですが、石川町辺りから残雪が少なくなって古殿町を抜ける頃には、雪は全く消えていました。創芸工房さんで聞いたら、いわき周辺は全く雪が降らなかったそうです。あの大雪々かきに四苦八苦した白河市の光景とは、まるで別モノ別世界だったコトを、ココに記させておいてください。 びっくり!) で、 いわき市から帰宅したのは、、
a0199297_2225468.jpg
夕方の5時を回った頃だったのですが、

なんと、、

パトは、
まだ毛布にくるまって、
a0199297_22275622.jpg
意地けていたのでしたとさ、

お仕舞い。



(ちゃんちゃん)





(^〜^)
by yoshikazusuzuky | 2013-12-23 00:01 | 繋がる想い | Comments(0)