ブログトップ

スズキヨシカズ幻燈画室

suzuky.exblog.jp

満月ノ晩ノ蒼色幻燈会 ... 始マリ始マリ

Gallery Barn

本宮町立本宮まゆみ小学校芸術鑑賞教室出品作品リストの中に僕の30歳代の頃の作品が一枚もふくまれていないのは何故かと言うと、、
30歳代の僕は個展活動が中心だったので、
その間に制作した作品たちのほとんどは、手元を離れて近くへ遠くへ何処かしこへとお嫁入りもしくはお婿さん入りしてしまっているので、、
僕のトコロには、ほとんど残っては居ないのでした。

信じられない話だけれど、リベラを開くまでは毎年年間少なくとも80枚〜100枚の作品を
描き続けていたのだから、、
年間1枚の作品を描けるか描けないかと「うじゃらうじゃら」言っている今の僕は、いったいぜんたい何なんだろうか? 、、とね。
これは深く深く考えなければならない
由々しき問題です。

そんなコトを思いながら僕は、、

栃木県那須塩原市のギャラリー、
a0199297_20244536.jpg

a0199297_2025488.jpg
『 Gallery Barn 』に行って来ました。

ギャラリーバーンでは、

様々な作家さんたちの様々な作風が遊ぶ、、
a0199297_20291029.jpg

a0199297_2028752.jpg

a0199297_20291614.jpg
コレクション展が開かれていました。

このコレクション展は本日13日まで、、

1月15日(水)からは独立美術会で活躍する女流画家、
関口聖子氏の個展が、2月3日(月)まで開催されるそうです。
詳しくは『 Gallery Barn(ギャラリーバーン)』住所:栃木県那須塩原市小結88-197 電話番号:0287-64-2288 まで、お問い合わせ下さい。


で、、ですね

きょう僕がバーンさんを訪問したのはですね、

今年4月に開催される展覧会に参加させていただくにあたって作品サイズの確認と相談をしに伺ったのでした。

バーンさんのオーナーは、
画家でありデザイナーであり、、様々なタレントがあり過ぎて「なに?」と言えないはど多才なアーチストである清野隆さんと言います。

作品サイズの問題は早々に解決し、
滞在したほとんどの時間を、清野さんと話をして過ごしました。
2時間近く話をしました。

バーンさんを訪問して、
清野さんと話をしていると、、
自分自身を客観的に見ている自分に気がつきます。
客観的に見せられている、、と言った方がいいのかな?
そして帰り道には、決まって考え込んでしまうのです。
「もっともっともっと」 、、と
思うのです。
自分自身の行動力と決断力のなさに、、
「もっともっと」 、、と
思うのです。
自分自身の行動力と決断力のなさを、
自分以外の誰かであったり何かであったりのせいにして
逃げてはいないだろうか? 、、と
いろいろなコトを考えてしまうのでした。


「口だけじゃない人になりたい」


、、です。
by yoshikazusuzuky | 2014-01-14 00:14 | 繋がる想い | Comments(0)