「ほっ」と。キャンペーン
ブログトップ

スズキヨシカズ幻燈画室

suzuky.exblog.jp

満月ノ晩ノ蒼色幻燈会 ... 始マリ始マリ

(萬)吉田商店

栃木県那須塩原市本町、
JR 黒磯駅前(ほとんど駅前)に在る
a0199297_14594520.jpg
『(萬)吉田商店』に行って来ました。

吉田商店は家具職人の吉田さんのお店。

昨年末、
『風花画廊コレクション』に出品した「組作品」の中の、「羊皮紙に描かれた古い『グレゴリオ聖歌』の楽譜」を入れていた木製の展示ケースも、吉田さんに細工してもらったモノだったのですが、
シンプルな仕上がりの外観からは想像していただけないだろう 、、と
思うほどの熱い意見とイメージの交換(交感)を経て、
長い時間をかけての完成でした。
本当は、あのケースに「足」をつけたら「どうだろうか?」と言う意見も出ていて(吉田さんと僕の2人しかいない会議だけれど 笑)、
まだまだオモシロくなってゆきそうな展示ケースなんです。 (^〜^)

で、、、

今回は、
昨年から打ち合わせと調整を重ねて制作を続けてもらっていた
ことしの個展に出品するオブジェ作品用の展示ケースが完成したとの知らせをもらっての訪問でした。

こちらがその完成品です。

a0199297_159163.jpg
展示ケースと言うよりも
小さな硝子のスノードームといったイメージに近いモノですね。

この硝子ドーム部分は
昭和初期頃のモノで、
a0199297_1591176.jpg
お菓子の「ゼリー」を作るときに使われていた『型』なんだそうですよ。

形が全て「不揃いな吹き硝子」に似合うように、
古い木材から選りすぐり、、
吉田さんが「不揃いな台座」を作ってくれたのでした。


どんなモノたちが硝子ドームにおさめられるのか?


それは
僕自身も楽しみで、、、

完成した硝子のドームを前にして、
お店でも教室ででも、、
もう「わくわくわくわく」しっ放しなのでした。 (^〜^)



「吉田商店に居ると時を忘れます」(そして想像力は無限に広がってゆきます)

a0199297_15315864.jpg

a0199297_1532515.jpg

a0199297_15321812.jpg
時間の経過を感じさせない場所には、
そんなにたくさんは出逢えません。


他県ではあるけれど、
車を飛ばせば30分で行ける場所に
『吉田商店』が在ると言うのは、、

僕にとって、
a0199297_15374586.jpg
「とてもとても」
幸せなコトなのでした。




(微笑)
by yoshikazusuzuky | 2014-01-15 00:14 | スズキヨシカズ的アート | Comments(0)