ブログトップ

スズキヨシカズ幻燈画室

suzuky.exblog.jp

満月ノ晩ノ蒼色幻燈会 ... 始マリ始マリ

91歳の誕生日

1月23日の木曜日は、
大正12年(1923年)生まれの父の誕生日でした。

木曜日は教室日で
僕の帰りが遅くてお祝いをしてあげられなかったので、、
今夜いっしょの夕食で、
お祝いしました。

父が昔から気に入って利用している
鰻料理のお店、、
a0199297_231524.jpg
『川亀』を予約しました。

一昨年の秋から入退院を繰り返し、
肉体的にも精神的にもかなりの負担を強いられていた父も、
昨年々始めの手術によって見違えるように元気になりました。

昨年の誕生日は『川亀』でお祝い出来なかったので、
a0199297_23165913.jpg
今年は嬉しそう、

a0199297_23171353.jpg
食事を楽しんでくれたようでした。(ちなみに今夜のコース内容は、、熊本の馬刺を熊本の醤油で、鰻の茶碗蒸し、海老と帆立のグラタン、アワビのステーキ肝ソースがけ、海老と帆立を湯葉で巻いた天ぷらと牡蠣をキスで巻いた天ぷら、そして画像の肝吸いと蒲焼きでした。 ^^)
(余談ですが「川亀」のおかみさんは父と誕生日が一緒で
何かと気にかけていただくのでした)


登山が好きで山岳写真に興味を持ってカメラを手にし、
アマチュアながらも本格的に写真を撮り始めるまでの
父の夢は、、 日本画家になるコトでした。
しかし、戦争による学徒動員(対戦闘機の高射砲を打っていたそうです)を経験するような時代を生きた父は、、
「画家になりたい」 、、などと言う夢は
あきらめざるを得なかったのでした。

僕が「絵を描きたい」と言い出したとき、
猛烈に猛烈に反対した母親の傍らで、
何も言わずに僕の背中を押してくれた父。

僕が勝手に思っているコトですが、、
僕は、「父が見果てなかった夢」を、
いまも一緒に見続けていると思っています。
「父も同じ気持ちで僕の仕事を見守り続けてくれている」 、、と
僕は勝手に思っているのでした。


(微笑)


大病をしたとは思えないほど、
元気な91歳の父です。

写真を撮り歩くことは出来なくなったけれど、
いまは、毎日、
画用紙に向かって色鉛筆画を描いています。


「誕生日おめでとう!」


来年も『川亀』で、
美味しい料理と
美味しいお酒を飲みましょう。




(微笑)
by yoshikazusuzuky | 2014-01-26 00:03 | 繋がる想い | Comments(2)
Commented by yasato8310 at 2014-01-26 10:55
お父さん、体調を取り戻されたようでなによりですねー。
Commented by yoshikazusuzuky at 2014-01-26 19:01
ありがとうございます、 yasato8310さん!ほんと、元気でいてくれるのが何よりです。いまも(相撲の優勝決定戦を見てから)讃岐うどんを食べに行って来ました。食欲も旺盛です!(^〜^)