ブログトップ

スズキヨシカズ幻燈画室

suzuky.exblog.jp

満月ノ晩ノ蒼色幻燈会 ... 始マリ始マリ

音のない言葉

こころに、みえるもの。

江口敬写真展「音のない言葉」

本日、
2014年2月12日(水)より2月24日(月)まで、、
福島県福島市(荒井字横塚3-252)の
『珈琲 楓舎』にて。
開場時間は12時より19時まで。
18日(火)はお休みです。

楓舎の開店時間前におじゃましてしまったので
とうぜんお客さまは一人もおらず、
作品をひとりじめして
鑑賞させていただきました。
(江口さんとお話し出来ないのと
楓舎店主テッちゃんのコーヒーが飲めなかったコトは
残念でしたが)

a0199297_1752451.jpg

a0199297_1754113.jpg

a0199297_175641.jpg

a0199297_1752010.jpg

a0199297_1761691.jpg

僕は絵を描くのと同じくらいに写真を撮るのも好きです。
絵と写真は同じモノであると、
僕は認識しています。
絵は描きたい対象を、
その対象のイメージが最大限に生かせる画材と方法で描きたい様に描きます。
写真は写しとりたい対象を、
その対象のイメージが最大限に生かせる機材と方法で写したい様に写します。
あくまでも僕のとても個人的な認識ですが、
「絵画作品」も、
「写真作品」も、
愛すべき対象を表現する為に費やされた探究心の先に存在する
「同じモノ」なのだ、、と僕は思います。
だからこそ、
愛するコトがそうであるように、
絵も写真も、その表現方法は自由であるべきです。
基本となる約束事は在るにしても、
その表現は自由であるべきだと僕は思うのです。

江口さんの写真作品とその表現は、
僕の中にある写真の定義を
肯定してくれます。

a0199297_1757173.jpg

僕は、
江口さんの
被写体への愛を、
そこに感じます。

(微笑)


こころに、みえるもの。
江口敬写真展「音のない言葉」は、、
a0199297_17564221.jpg
『珈琲 楓舎』にて
2月24日(月)まで開催されています。


会期中は、
楓舎店主のテッちゃんによる
展覧会オリジナルブレンドの珈琲豆、、
a0199297_1802071.jpg
『影のない光』も用意されています。


(微笑)




みなさんもぜひ
展覧会場に足を運んで
みて下さい。




(微笑)
by yoshikazusuzuky | 2014-02-13 00:02 | | Comments(0)