ブログトップ

スズキヨシカズ幻燈画室

suzuky.exblog.jp

満月ノ晩ノ蒼色幻燈会 ... 始マリ始マリ

最終回、、

大雪の話題のカテゴリがいつの間にか
『非日常』から『日常』に変わっていたと言う件。

慣れれないのは当たり前だけれど、
受け入れてしまうと日常の出来事になってしまうのですね。(おそろしおそろし)

きょうで雪かきの話題は最終回となるはずでした。

ほらね、、

a0199297_1951583.jpg
うず高く積まれた雪の壁の前で記念撮影までして、、
(ちなみに僕の身長は1m80cmあります)

長かった、、
ほんとうに長かった家の雪かきも
a0199297_19501888.jpg

a0199297_19504577.jpg
やっと全部が終わって、

パトさんも(かなり)自由に、
a0199297_19535391.jpg

a0199297_19544369.jpg

a0199297_1955765.jpg
外出を楽しめるようになって、、

ちょっと素敵な、
「雪の中で見つけた風景」、、的な写真も
a0199297_2012159.jpg
(かなり素敵な質感)
a0199297_2013253.jpg
(ちょっとたまらない蒼い色)
a0199297_2015056.jpg
(宮沢賢治の描く青い影のよう)

最終回用に何枚か
用意して、

あ?
この風景にタンチョウの群れがいたら、、
a0199297_2044843.jpg
なんだか北海道の雪原のようですね!(うふふ) 、、みたいなコメントも
書いちまうよ書いちまうよ! 、、と思っていたのですが。

が?

さあ、最後に教室の雪かきを終わらせてお仕舞いにするぞ! 、、と意気込んで教室に向けて家を出発し、「美しい雪かき」の道を下って農道に出たらばいきなりの立ち往生です。 下の道路は、まったく車が走れる状態ではありませんで、、何台もの乗用車がすでにスリップしてタイヤが埋まって動けずに居るところに出くわしてしまったのでした。 そして、その道路から見える国道289号線では、いつ果てるとも知れない大渋滞が発生していました。 「これ以上進んだら戻れなくなる」 Uターンも出来ない状態なので、脱輪にだけ注意して、、バック走行で家まで逆戻りしたのでした。

そうなんです。

教室の雪かきは手つかずのままなのです。

ああ、、

困った。

困ったぞ。

そのあと徒歩で、
農道の先と国道の様子を見がてら
往復1時間ほどの距離を歩いて来たのですが、、
明日になってもこの状況が解消されるとは思えない光景がそこにはありました。

あすは朝からヨシトくんの教室がありマイタウン白河の教室もあり夜のリベラ教室もあったのですが、、 仕方なし! 明日の教室は「お休み」の連絡をして、とにかくなんとか教室に辿り着き、教室の雪かきをするコトを「目標」と定めました。 生徒さんからのメール情報によると、町中もかなりヒドいらしいです。

教室が心配、、、。

現在時刻は午後の8時、
満月から二日目の月が空高く昇り始めています。
しかし、肉眼にはまだ真ん丸い月の
下に連なる光の帯は、、
a0199297_2021548.jpg
まだ解消されない国道289号線の渋滞に捕まった乗用車の
ヘッドライトとテールライトの、、

連なる光の帯なのでした。

そんなわけで、
きょうは雪かきの最終回ではなくなったんだよ、、

というお話しでしたとさ。



「いっちゃはんじゃさけた 」



(やれやれ)
by yoshikazusuzuky | 2014-02-17 00:01 | 日常 | Comments(0)