「ほっ」と。キャンペーン
ブログトップ

スズキヨシカズ幻燈画室

suzuky.exblog.jp

満月ノ晩ノ蒼色幻燈会 ... 始マリ始マリ

春の水族館

教室のすべての窓を覆うように、吊り下げられていた
子どもたちの絵を
取り外したら、、

a0199297_19144224.jpg
陽光眩しく教室を満たし、、

雪どけが進んだ
ヨシト君のマリーゴールドも、、
a0199297_19161250.jpg
色鮮やかに花を
咲かせ始めました。 (と書いている外にはいま雪片が舞い踊っておりますが、、  f^^:)

楕円形に切り取られた
構図というのは、
a0199297_19215418.jpg
余白と色とが、
じつに優しく響き合うモノですね。


ヨシト君の色鉛筆画、
『花のシリーズ』の第三作目、
完成した夏の花の「マリーゴールド」も、、
a0199297_19274933.jpg
ヨシト君の手にかかれば
「春の優しさ」を醸します。



「次の構想も出来上がっているからね」



帰り際、、
ヨシト君が残した言葉でした。 (次回作は何かな? ^〜^*)




昼からは、、
a0199297_19302660.jpg
マイタウン白河の教室でした。

雪によるお休みをはさんだので、
とても久しぶりにみなさんに
お会いしたような気持ちでした。 (^〜^)

教室があるマイタウン白河の3階では、
『仲間たちの展覧会2014』
、、が開催されていました。

「特定非営利活動法人 ほっとアクト」が主催する展覧会には、
養護学校や特別ホームなど
12の団体や施設に入所している方々の作品が、
210作品(以上)展示されていました。

展覧会作品リストに書かれていた主催者からの言葉の中にもありましたが、

「、、、ここに集う作品たちは表現方法も様々であり、彼らが表現したいことを思いのままに形に作り、色彩や絵や形で表現しています。これらの作品から放たれるものは、まさに生(命)のエネルギーであり、私達に生きる勇気ややさしい心を取り戻してくれます。、、、」

まさにその通りなのです。


会場は命が発するエネルギーに満ち満ちていました。 (微笑)


たくさんの作品に足を引き止められましたが、
その中でもいちばん、僕が気になった作品を紹介させていただきます。


a0199297_19433478.jpg

a0199297_19433275.jpg


『さかなたち』 、、という題名が付いていました。

作者は男性です。

年齢はわかりません。

この作品の前に立っていると、、
僕は水族館の水槽の前にいるような気持ちになりました。

『春の水族館』の水槽です。

水族館に、「春の〜」って言葉を
つけるコトって、水族館のイメージ的にも
あまりありませんよね?
でも、僕はそのとき「春の水族館」にいたのです。

春の水族館の水槽の中の、
黄色いサカナたちといっしょに、、
a0199297_1943444.jpg
僕も「ゆらゆら」
「ゆらゆら」 、、と

水にゆらめいて
いたのでした。



「素敵な絵でしたよ」




(微笑)





『仲間たちの展覧会2014』

2014年3月9日(日)まで、
(午前9時~午後9時 最終日は午後3時まで)
マイタウン白河3階ギャラリーにて開催されています。
(福島県白河市本町2 TEL : 0248-31-7595 代表)






(^〜^)
by yoshikazusuzuky | 2014-03-04 00:06 | かいがきょうしつ リベラ | Comments(0)