ブログトップ

スズキヨシカズ幻燈画室

suzuky.exblog.jp

満月ノ晩ノ蒼色幻燈会 ... 始マリ始マリ

絵を描くと言うコト(金曜日の子ら)

昨日の夜は大雨でした。

瓦(かわら)から、
ガルバリウム鋼板に葺き換えたわが家の屋根は、
この世の終わりかと思うほどに
とにかく激しい雨音を発てます。

その雨音を聞いていて不安になるのがパトの安否、、。

どんなに天候が荒れようとも、パトは
かならず出て行きます。
昨夜も、遊び歩いてずぶ濡れで
帰って来たのが午前2時、、。
そして、そのまま眠ってくれるのか? 、、と思ったら
a0199297_1834920.jpg
また外出の要求です。

いくら外の状況を説明してみても
パトの心を動かすコトは、出来ませんでした。

けっきょくパトが帰って来たのは、
朝方の5時すぎでした。 ほんと、、あの雨の中で
何をしているのでしょうかね?



(やれやれ)




金曜日の教室でした。


3人が卒業し、
a0199297_19251296.jpg

a0199297_1925373.jpg
4人で始まった教室に、、

きょうは2人が体験教室に
来てくれました。 (^0^)

a0199297_19222858.jpg
小1になる女の子と、

a0199297_19224233.jpg
幼稚園年長さんの男の子です。

小学生の子たちとおなじ時間をたっぷりと、
楽しんで行ってくれました。(来週もう1回来てくれるコトになっています)



(^〜^)




今日来てくれた
小学1年生の女の子が描いてくれました。
a0199297_1923223.jpg
空にすむ妖精なのだろうか?
好きなモノにかこまれて、
うれしそうですね。 (^〜^)


幼稚園年長さんの男の子は、、
a0199297_19233343.jpg
宇宙に行った自分と、
宇宙を泳ぐ魚たちを描いてくれましたよ。 (^0^)




『えについて』 小学2年生の男の子。

「ぼくは、えがすきだけれどもあまりえは、あまりかきません。なぜえをかかないかというとえのだいめいが、きまんないからです。」




『絵について』 小学4年生の男の子。

「ぼくは、絵はかいている時間はとても短く感じます。とても楽しいし、かき終わった後はたっせいかん(達成感)があってもっとかきたいと思います。
 一番、絵をかいていて感じることは何度も言いますが、とても楽しく感じます。
 ちょっと話がちがくなりますが、ぼくは小さいころは、とても絵、ぬりえが苦手でしたが今はとても大好きです。
 かんたんに言うと、ぼくにとっては絵とは、ぼくの大好きな事です。」




『「絵」とは』 小学6年生の女の子。

「『絵』とは言葉にできないもの表現できないものをうつしだせる。
 心の中をうつしだせる。紙とかくものがあれば何でもうつしだせる。
 かくものがあれば思ったことを思いえがくことができる。見たもの、だれもが知らないことも何でもえがくことができる。
 色があれば見たものも思っていることもよりきれいに、リアルに表現できる。白や黒だけではなく赤や青、黄色以外にもいろとりどりに表わせる。
 現実だけではなく、想像の中のものもうつしだせる。
 人や動物、生きているものも、生きていないものも全てを表現できる。
 絵をかくことで気持ちが変わる時がある。達成感がでたり、うまくかけない時はむしゃくしゃする時がある。かくこと以外にもかいた時の気持ちや、考え全てふくめて『絵』なんだと思う。」




『私にとっての絵、、、』 小学6年生の女の子。

「見た物、感じたこと、その全てを絵で表す。白紙に自由。そして思うままに。形と想像でかく。目の前に見えるもの、言葉で表すものとはちがい、流れや動き見えるもの全てをかくことができる。
 絵に不可能はない。想像する、見た物をかく、それで絵は完成。色だって微妙に付けたすことで完ぺきに表現できる。白紙にえんぴつだけでかげ(影)、色のこさ(濃さ)全てを、、、
 こんなこと、あんなこと絵で表現すると、とっても時間がかかる。しかし、見た人は、一瞬で読み取れる。感じ取れる。これが絵だ。」




これが絵だ!



これが絵だ、、かあ。



自分がいま読んでいる
この文章を書いたのが、

小学生であると言うコトに気づき、、

何とも思いっきり「はっ!」 、、と
させられている、


ヨシさんでありました。


a0199297_1930816.jpg


(う〜む)



(う〜む)



(う〜む)







by yoshikazusuzuky | 2014-04-05 00:13 | かいがきょうしつ リベラ | Comments(0)