ブログトップ

スズキヨシカズ幻燈画室

suzuky.exblog.jp

満月ノ晩ノ蒼色幻燈会 ... 始マリ始マリ

西郷村立羽太小学校

西郷村立羽太小学校(にしごうそんりつはぶとしょうがっこう)に
行って来ました。

なんとも可愛らしくデフォルメされた 、、とは
失礼な言い方? f^^:
a0199297_18141684.jpg
二宮金次郎さんの像が、
お出迎えをして
くれましたよ。  *^〜^*

今日の
僕のフィールドは、
a0199297_18155469.jpg

a0199297_18225638.jpg
『図工室(ずこうしつ)』です。

授業の準備を
始める前に、
a0199297_18173745.jpg
子どもたちが、、
a0199297_18174930.jpg
隅々までを
キレイに磨き上げて
くれました! (おお〜!) ^〜^

午後1時30分、
a0199297_1828746.jpg
子どもたちと
a0199297_18303719.jpg
先生方とを、、

迎える準備が
完了です。

今日は、
『鉛筆画を描く』、、をテーマににした
4年生の授業、、

4年生は、
14名です。 (わお!) ^0^

午後1時55分に
始業のチャイムが鳴り、、
でも話を進める前に
まずは、僕の作品を10分間(短いけど限られた貴重な時間です)
a0199297_18365648.jpg
じっくりと
観てもらいました。(なんだか可愛らしい後ろ姿の集団です) ^〜^

a0199297_18275124.jpg

観てもらってからの15分間、
活発に行われた
子どもたちとの意見交換会は、、

「鉛筆」と「シーラカンス」と「ゴシック文字」と「海賊(かいぞく)」と「時間」と「琥珀」と「DNA」と「恐竜」と「光」と「影」と「心霊写真」、、
そして、
「二次元世界と三次元世界との境界線を成すモノ」について
、、。

子どもたちも僕も
もう兎に角、何がなんだか
訳が分からなくなるくらいに
めちゃくちゃに飛び回る話をしたあと、、
(ココに文字では記せないほど
枝葉が別れて大変なコトになってしまう、、と言う
いつもの僕のお話しですね) f^^:
実技へと入ったのでした。

a0199297_1858975.jpg

用意していただいた
八つ切り画用紙、
子どもたちに描いてもらうのは、、
a0199297_18574158.jpg
図工室の戸棚で見つけた
フルーツモデルです。(モチーフ用のキチンとしたモデルでした)

天井の蛍光灯のスイッチは
切り、、

目を細めて目の前にある「リンゴ」や「バナナ」や「洋梨」や
「レモン」を見つめ、
a0199297_18583950.jpg
「光」と「影」とを
読み解きながら、、

体全体で鉛筆を動かして描いて行く
子どもたちでした。 (^〜^)

初めて出逢った
羽太小学校の子どもたちです、
今までの絵を知らないので
僕の勝手な「断言」ですが、、
子どもたちも僕も、
燃えました!    (^0^)

15〜20分間で、
子どもたちが描いた鉛筆画が
コチラ!

a0199297_1910670.jpg

14人が、14通りに感じ取った
「光」と「影」とが二次元世界に写し取られている 、、と
僕は感じたのですが、、

いかがでしょうか?

(^〜^)


僕の授業時間中に完成は
出来ませんでしたが、
もっと鉛筆を重ねてくれるコトを
約束してくれた
子どもたち、、 4年生14名の授業は、これで
仕舞いと
なりました。


子どもたちが下校してからは、
先生方との時間でした。

a0199297_19141124.jpg

a0199297_19142073.jpg


用意してくれた質問シートに、
参考作品を使った説明なども
交えての、、 先生方との意見交換会でした。

水彩絵の具を使った
実技では、
a0199297_1924965.jpg
「黒色絵の具」を使用した「黒色」と
「黒色絵の具」を使用しない「黒っぽい色」
を作ってもらい、加える「白色絵の具」の量を
調節しながら、、 グラデーション(色の移り変わり)について
考えてもらいました。

講習会のその場に立つと、
いつでも同じ「熱源」を
先生方の中に感じます。

僕は嬉しい気持ちに
なります。


先生方との勉強会は、
予定時刻を過ぎても続きました。


夕日が辺り一面を
金色に染める時刻、、

羽太小学校の門を出た僕のシャツは
汗に濡れ、

山から吹いて
来る風が、、

とてもとても
心地よかったのでした。



楽しかったなあ〜! (^0^*



4年生のみんな、
そして先生方、、


楽しい時間を
ありがとうございました!! (^〜^*




今夜の教室
机の上は、、
こんな感じ。

a0199297_2139368.jpg

a0199297_21385222.jpg






では、
また明日。



(^〜^)
by yoshikazusuzuky | 2014-05-03 00:06 | かいがきょうしつ リベラ | Comments(0)