ブログトップ

スズキヨシカズ幻燈画室

suzuky.exblog.jp

満月ノ晩ノ蒼色幻燈会 ... 始マリ始マリ

種について考えた

昨晩から降り始めた雨は
きょうの日中も、小休止するコトなく
ずっとずっと
降り続けて、、
いまやっと遅止みになって来た
ところです。

嵐のような激しい雨だった。





子どもたちが教室に来るまでの時間を
僕は、、
a0199297_15483366.jpg
『種(たね)』について考えながら
過ごしました。

僕が思う
『種(たね)』たちと、、
a0199297_15504642.jpg

a0199297_15504358.jpg
その「カタチ」です。


単純でありながらも
複雑な、その「カタチ」は、、
a0199297_15502656.jpg
「始まり」を表すと同時に「終わり」をも暗示させる
説得力を持っています。


宇宙(そら)にいちばん近い場所には、
宇宙(そら)の子として生まれるコト(根源なる命を司る)を待つ
『種(たね)』が在る。

その場所を崇め、
その『種(たね)』に敬けんなる祈りを捧げる
人の子の長(おさ)となった者は、、
a0199297_16563517.jpg
代々「それ」を
身に着ける。

そして、、

いつか訪れる
来たるべき『その日』のために、、(『宇宙(そら)の子ら』が誕生する日のために、、)

人の子の長(おさ)となった者は、
a0199297_1721311.jpg
その『種(たね)』を
守り伝えてゆく。



さまざまなカタチの
『種(たね)』たちが、、

己(おの)が由来を
語ります。



(微笑)





水曜日、、

カンちゃんとダンペイちゃんが
土曜日に移動して、
a0199297_17572452.jpg
ユイちゃんとふたりきりになってしまうかも、、 です。 (やれやれ) f^^:




雨の日は、、

なんだか
しょうがないね。 (そんな歌詞の歌をそのむかし、、
「みんなの歌」で聴いた気がする
なあ)



(ふむ)





では、、
また明日。




(微笑)
by yoshikazusuzuky | 2014-05-22 00:07 | スズキヨシカズ的アート | Comments(0)