ブログトップ

スズキヨシカズ幻燈画室

suzuky.exblog.jp

満月ノ晩ノ蒼色幻燈会 ... 始マリ始マリ

ざわめく心に鉱物を、、

a0199297_1934475.jpg

a0199297_19353888.jpg

a0199297_19351757.jpg

アメリカコロラド州の『天河石』、
同じくアメリカワシントン州の『白水晶(日本式双晶)』、
ブラジルの『煙水晶』です。

気持ちが「ざわざわ」と鳴った時、、
僕は、『鉱物』たちに
逢いに行きます。

『石川町立歴史民俗資料館』に
行って来ました。

a0199297_19592635.jpg

a0199297_19593913.jpg

a0199297_19594938.jpg

いつもは、石川町産出の鉱物を中心に
じっくりと観て時間を過ごすのですが、、

きょうは、
水晶たちに
逢いたかった。

a0199297_2016461.jpg

a0199297_20173637.jpg

a0199297_2017078.jpg

a0199297_20172742.jpg

a0199297_20175991.jpg

a0199297_2018497.jpg

a0199297_20181779.jpg

a0199297_20182469.jpg

a0199297_20191262.jpg

a0199297_20185783.jpg

a0199297_2019875.jpg

a0199297_20191177.jpg

「水晶たちはスゴいなあ」 、、と
思いました。

水に何が混ざってどうなって
こうなっているのか?
それはじゅうじゅう承知しているけれど、
目の前にいる水晶たちは
そんなコトは「どうでもいい」って
顔をしていました。
水晶たちは、
自分たちが「水晶」という名前で呼ばれ、
「水晶」として認識(賛美?)されているコトにさえ、、
まったく興味は
ないようで、
とてもせいせいとした顔をして
いましたよ。

水晶たちと過ごす時間は、
自分が濾過されてゆくような、、
不思議な感覚に流れる
時間です。


水晶たちは、
そんな時間の中に
生き続けて
いるんだなあ、、と思います。




(微笑)




「そんな時間」を過ごした
その足で白河に戻り、、
お役所巡りをしました。

「せいせいとしたきもち」は
あっという間に消えてなくなりましたが、
僕は『鉱物』ではなくて
『人(ヒト)』なので、、
人として生きるための「決まりごと」を
守らなければ
ならないので、

「せいせい」としなくても
仕方は
ないのです。

お役所巡りの最後は
白河市役所でした。

ことしも、白河市が主催する
『わ〜くわく!キッズカルチャースクール』の
お手伝いをするコトになっていて、、
a0199297_2054126.jpg
(昨日が協力者会議だったのですが
教室があって僕は参加出来なかったので)
そのお話しがあって
市役所を訪れたのでした。

今年は「白河美術協会」の先生方は参加しないので、
全編「かいがきょうしつリベラ」が(つまりは僕が)
「絵画造形教室」を担当させていただきます。

「せいせいとしたきもち」で
臨めるのは、有り難いかぎりです。(あれ?なんかカドが立つ言い方ですかね?)

内容も決まっているのですが、
それはまた別の機会にお話しさせていただきますね。 (微笑)


きょうも賑やかに、、
a0199297_21104616.jpg
木曜日の教室でした。(昼も夜も ^^)




それでは、
また明日。





(微笑)
by yoshikazusuzuky | 2014-05-23 00:06 | 理科室の記憶 | Comments(0)