ブログトップ

スズキヨシカズ幻燈画室

suzuky.exblog.jp

満月ノ晩ノ蒼色幻燈会 ... 始マリ始マリ

きらら

白い岩石の露頭に、、
a0199297_17533686.jpg
みなさんは
何が見えますか?

もう少し近づいてみると、、
a0199297_17544926.jpg
こんな感じ。


作品の中で(画材として)
使ってみたい 、、と
思い立って、
a0199297_1802491.jpg
『雲母(マイカ)』を探しに
行って来ました。



教室のある新白河から自動車で
50分ほどの距離にある
「或る場所」です。



白い岩石の露頭は
『石英』や『長石』で、、
a0199297_1824956.jpg
『雲母』はその中に産出します。



採集し、
持ち帰って
クリーニングしたのが、、
コチラ。

a0199297_1852717.jpg


この母岩(ぼがん)の中の
黒い鉱物は
雲母ではなくて、、
a0199297_1872110.jpg
『電気石(トルマリン)』です。雲母と同じく長石の中に形成され、
産出します。


a0199297_1882776.jpg
『鉄雲母』です。

僕は専門家ではないので
厳密な区別が出来ないのですが、、

この場所では、

a0199297_1812123.jpg
『白雲母』(ガラスのように透明な雲母で密集していると銀白色に輝いて見える)

a0199297_18144376.jpg
『金雲母』(淡い褐色の透明な雲母で一枚一枚に剥がすと透明だけれど重なると琥珀色に近い金色に輝く、、んだけど?これが本当に『金雲母』と呼ばれるモノなのかどうか自信なし)

そして、、

先ほどの母岩にあった
a0199297_18213693.jpg
『鉄雲母』(黒々とした鈍い金属光沢を放ち僕的にはダースベーダーっぽくてカッコいい! ^^)



日本画の材料には、
『雲母』を超々微粉末とした
「銀色」「金色」の絵の具が在るのだけれど、、
僕はこれらを一枚一枚に剥がして(そう、、言い忘れましたが『雲母』は
薄い薄い膜のような結晶層が重なり合って出来ている鉱物で
その層は一枚一枚きれいに分離するのです)使うコトを考えています。



「絵」に使うのか
「何」に使うのかは、、


まだ秘密です。 (、、って言うか
まだ決まっていないので、、) f^^:






昨日、、
a0199297_19433941.jpg
火曜日の
子どもたちです。

そろそろ一枚目を
描き上げる
子も出てきました。

a0199297_19444313.jpg
ゆめめのかわいい子牛さん。

カレンちゃんは、、
a0199297_1947199.jpg
草の色にも
牛の色にも、
こだわりました。

ゆうちゃんは、
牛の絵を
先週で終えて、、
a0199297_19481321.jpg
トンボの絵を
描き始めました。

カンナちゃんは、、
カンナの『カラーマジック』を
筆にのせて、、(色の魔法ね魔法!)
a0199297_20425074.jpg
着色が始まりました。

そしてヒマリちゃん!
もうこの段階で賞を上げたくなっちゃうくらい
ガンバって描いた
牧草の下描きが完成して、、
a0199297_2046770.jpg
こちらも着色に入りました。

(すらばらしい!)

(ヒマリちゃん
がんばった!) (^0^)/




今日、水曜日のユイちゃんの
牛さんも、、
a0199297_20484090.jpg
抽象画のような不思議な見どころ満載で、
完成しましたよー! (^〜^)





明日は『中島幼稚園』の年少組さん、
56名でのお絵かきです!

どんなんが出来るのかなあ〜!!


楽しみ楽しみ!




(^0^)






では、
また明日。
by yoshikazusuzuky | 2014-06-19 00:08 | 理科室の記憶 | Comments(0)