「ほっ」と。キャンペーン
ブログトップ

スズキヨシカズ幻燈画室

suzuky.exblog.jp

満月ノ晩ノ蒼色幻燈会 ... 始マリ始マリ

飼い主は誰?

昨日、土曜日午後の
教室でのお話し
なんだけど、、

リベラっ子になって
はや4年、現在小学2年生の
女の子からの
突然の質問。

「ねえ? ヨシさんのかいぬしって
(飼い主って)だれなの?」

「え?」

質問の意味を把握するコトも
飲み込むコトも出来ずに、、
ただただ「ぽか〜ん」、、と
してしまった僕でした。

「僕の飼い主は誰なのか?」

う〜ん、、、

考えたコトもなかったな。 f^^;




棚倉町の『倉美館』は
雨降りの搬出に
なりました。

a0199297_211842.jpg




いつも考えるコトなんだけど、、

作品が外され、
元の姿に戻ってゆく
展覧会場には、、
a0199297_2111433.jpg
言葉では言い表せない
共通点が存在していて、(視覚的で嗅覚的な感覚的共通点)
毎回おなじように僕の頭は
(少しの間だけ)
混乱してみせたりするの
でした。



村上春樹の小説の中に出てくる或る表現に
かなり近い感覚だ 、、と
ぼくは勝手に思っているんだけど、、




小説の中の
主人公の
『僕』が
言う、、



「服を脱いでしまった女の子たちには
おそろしいくらい共通した部分があって、
それが僕をいつも混乱させてしまうのだ。」



この文章を読むと
空っぽになりつつ在る
展覧会場を
思い出し、、
a0199297_21384580.jpg
空っぽになりつつ在る
展覧会場に
居ると
村上春樹のこの文章を
思い出すのは
何でなんだろう
ね? (微笑)






泉崎村の『こころん』も
雨降りの搬入
でした。


チャリティー展は、
土曜日と日曜日の
開催なので、、
木曜日の夜に
詳しい告知をさせて
いただきます。





しかし、、


僕の飼い主って
誰なんだろう


ね?





(苦笑)
by yoshikazusuzuky | 2014-11-10 00:04 | かいがきょうしつ リベラ | Comments(0)