ブログトップ

スズキヨシカズ幻燈画室

suzuky.exblog.jp

満月ノ晩ノ蒼色幻燈会 ... 始マリ始マリ

白い線で描かれる夢(作文−5)

a0199297_18531138.jpg
「かい」と「リラ」の
ご飯じゃ
ありません
よー! (^0^)

きょうは2月3日の
『節分』、、
「豆まき」をする日
です。

どーせヨシさんが鬼になって豆をぶつけられるワケで、、 f^^;

戦闘準備も
万全な、、
a0199297_18562578.jpg

a0199297_1856145.jpg
本気すぎる気迫の
『豆まき厄払い隊』(豆ぶつけたい?)
の活躍で
した
よー。 f^^;





色鉛筆を重ね塗りする
花の『ぬり絵』が終わった子は
今週から、、
a0199297_18584736.jpg
塗り絵に使った「色鉛筆の混色」と、
混色によって生まれた「新しい色」についての
「レポート」を書いてもらってい
ます。

a0199297_1857294.jpg
「いろいろなコトを実践してみて
 記録に残す」(テストの問題用紙みたいですね) f^^;


2月は、、
a0199297_195822.jpg
そんな
リベラになり
ます。



(^〜^)





それで
は、、


『白い線で描かれる夢』


作品と作文の
ご紹介、
きょうは
5回目
です。


きょうは、
「オガタハルナ」ちゃんと
「リュウウカ」ちゃんの作品を
ご紹介します。




ハルナちゃんの
見た夢、、

a0199297_23222095.jpg



『羊さんのなやみ』

 ここは平和な世界です。争い事はなく、動物も人間も仲良くくらしています。人は動物を食べません。だから「食べる・食べられる」の関係ではないのです。
 そのような世界で1月1日(元日)に新しい仲間「羊」が来たのです。羊はあわせて六十七ぴき来ました。私は、みんな(うさぎちゃん、くまちゃん、あひるさん、くもちゃん)といっしょに羊がいるところへ行きました。私はそのなかで一番ふわふわでもこもこな羊を選びました。その羊に名前を聞きました。すると、
「メーメーです。」
とこたえてくれました。不思議な名前だなぁと思いながら友達になりました。
 しかし、このメーメーちゃんにはなやみがあったのです。それは、いくら毛をとってもすぐにはえてきてしまうのです。他の羊は、すぐにははえてこないのです。だからメーメーちゃんは「一人だけ、、」と、不安になっていたのです。と、そのお話を聞いているときにユニコーンが歩いてきました。あれ、ユニコーンは羽があり、空をとべるのではなかったのか。しかし羽を見ると半分羽がないのです。この世界のユニコーンの羽は、毛糸でできているのです。うさちゃんは毛糸と聞いたとき「あっ」と思ったのです。そしてうさちゃんは、その案をみんなに話ました。その内容はというと、羊のメーメーちゃんのなやみを使うということです。そのすぐはえてくる毛を使ってユニコーンの羽をつくり、羊のメーメーちゃんのなやみも、ユニコーンのなやみも解決しようと言ったのです。
 その話に羊は不安ながらもその案にのりました。
 そして、その案は成功し、二人のなやみが解決しました。そのおかげでユニコーンは自由に空を飛べるようになり、羊のメーメーちゃんも不安ではなく勇気を持てるようになり、自分だけがちがったとしても、そこには良いことがある、その人(動物?)の役に立てることがあるということを学びました。
 そしてこの世界のなやみはまた一つ、また一つと消えてゆき、今よりもずっと平和な世界へとなって行くのでした。








ウカちゃんは
その夢を、、
a0199297_23435357.jpg
「詩集」と
呼びま
した。


『道』(詩集)

・道はからむ どこまでも
・道はつづく どこまでも

・道の交差点は多く、人の迷いも多い。
・道の思い出は、人の思い出。
・道に中心点はない
・道があるから、家があり、町がある。
・今は海にも道がある、つまり、どこにでも道ができる。
・道は人がつくった物にかぎらない
・道はカラフル
・道は人がつくった物にかぎらないが、その道には人がとおる。
・道は長い、広い、なぜそうなるか、それは「あり」になったらわかる。
・ふつうにあるいている道は材料と、時間でできてる。

・道はいつかわすれられる。
・人もいつかわすれられる。






一昨日の「ハンザワルナ」ちゃん、
昨日の「オカダユウカ」ちゃん、
そして、
今日の「オガタハルナ」ちゃんと
「リュウウカ」ちゃんの
4人は、
小学校の6年生
です。

4人の夢の絵と物語りは
4人それぞれのモノであり、
一見すると共通点など無いように見えるけれど、、
じつは同じ年齢の4人それぞれに共通する何かを
表している(現れている)のではないかと
僕には思えるのです。


いちばん顕著(、、かどうかはわからないけど)に
表れて(現れて)いるのは
4人それぞれが、
『自分自身に対して正直である」 、、と
言うコトで
しょうか?


様々なコトが複雑に絡み合った現代社会の現実の中で
子どもたちから発せられる『正直さ』は、
絶対に見逃してはならない『道標(みちしるべ)』だと
僕は思います。


ルナちゃん、
ユウカちゃん、
ハルナちゃん、
ウカちゃん、、



「ありがとう」






(微笑)
by yoshikazusuzuky | 2015-02-04 00:02 | かいがきょうしつ リベラ | Comments(0)