ブログトップ

スズキヨシカズ幻燈画室

suzuky.exblog.jp

満月ノ晩ノ蒼色幻燈会 ... 始マリ始マリ

色えんぴつをぬりかさねてあたらしい色をつくる

『色えんぴつをぬりかさねてあたらしい色をつくる』

(まとめ)

ルナちゃんとハルナちゃんは
ともに小学校6年生、
二人の作品を
ご紹介しま
す。



ルナちゃんは(まとめ)の色に
『色から始まる物語』と
題名をつけま
した。
a0199297_1543286.jpg

『色から始まる物語』

たくさんの色、
まざって、まざって、
またまざる。

明るい色をまぜ合わせても、
(例えば、キミドリとオレンジ)
暗い色に近づくのが事実。

かさなりのおくに、
何か、
見えるだろう。

私は硝子に映る虹が見える。

あなたは何が見えますか。

すき通る色たち。

そして、始まる
すてきな物語。

色の1つ1つにきっと、
物語があるはず。

物語と物語が集まれば、
また新しい色がうみ出される。
そして、
そのころには、
すでに新しい物語が
始まっている。

私は新しい物語を
作ったのだ!




ハルナちゃんは(まとめ)の色に
『まぜまぜこねこね』と
題名をつけま
した。
a0199297_15374317.jpg

『まぜまぜこねこね』

色は、まぜても自分の色を
たもっているのか。

土台となる色はよく見えるけど、
かさねられてまぜられた色は
その色の一部となり、
その新しい色はできていくのだと思う。

色と色は手をつなぎ
なかよくまざりあうのだろう。

新しい色は変な色でも、
その色と色の個性がぶつかりあって色ができるから
けして変な色ではなく、、

個性がぶつかりあっている色
なのだと
思う。




『色えんぴつをぬりかさねてあたらしい色をつくる』

(まとめ) 、、より

ルナちゃんとハルナちゃんが書いてくれた
(まとめ)の文章を、
紹介させていただき
まし
た。



ありがたい、

とてもとても
ありがたい。

色鉛筆を重ね塗りして
混色するという作業から、
ヨシさんが
「感じてほしい」と
思ったコトを感じてもらえ
て、、

とてもとても
嬉しく、

有り難いなあ 、、と

思いま
した。



今週も7日間
が、、
a0199297_1774356.jpg
仕舞いとなり
まし
た。



a0199297_178493.jpg
お疲れさまでした。(ヨシさんの一週間分の肩こりを
揉みほぐしてくれている
テルの図  撮影: ⓒ カンタロー) f^^:



、、が

僕は今夜と明日
日曜日の一日が
メチャメチャ忙しい
です!!


自分の作業と保育園のお仕事を
びっちりとします。


きょうも
まだまだ
がんばる
ぞっ!




、、っと
な。





a0199297_17123457.jpg
(微笑)
by yoshikazusuzuky | 2015-02-15 00:27 | かいがきょうしつ リベラ | Comments(0)