ブログトップ

スズキヨシカズ幻燈画室

suzuky.exblog.jp

満月ノ晩ノ蒼色幻燈会 ... 始マリ始マリ

小さな森

雨降りの
温室で、、
a0199297_23203051.jpg
黒猫のパトは
「ぽかん」として
いました。


いままで気がつかなかったのだけれど
温室のガラス窓のレールの溝の部分に
雨水が溜まり
その中に、、
a0199297_2323287.jpg
小さな小さな森が育まれて
いまし
た。


a0199297_2324733.jpg


a0199297_23243186.jpg


a0199297_2325163.jpg





僕の目には見えないだけで、、
a0199297_232623.jpg
すでにこの小さな森には
誰かが棲んでいるような
気配を感じます。


きっとパトには
その住人たち
が、、
a0199297_23275641.jpg
見えているのでは
ないのか
な?


 、、と


思いまし
た。




雨の中
ガラスの天窓
に、、
a0199297_23301379.jpg
枯れ葉が一枚
踊って
いまし
た。


あの枯れ葉の向こう側にも
誰かが乗って
「くるくる」しているのでは
なかったろうか?


 、、と


思いまし
た。





「にゃんだ?
 にゃんだ?
 にゃんだ?
 にゃんだ?」



ヨシ君、、
a0199297_23324118.jpg
きみ大丈夫か
にゃん?





そんなコトを一人
呟いていたら、、
a0199297_23371157.jpg
パトに心配されて
しまいまし
た。





(苦笑)
by yoshikazusuzuky | 2015-03-09 00:33 | 黒猫 | Comments(0)