ブログトップ

スズキヨシカズ幻燈画室

suzuky.exblog.jp

満月ノ晩ノ蒼色幻燈会 ... 始マリ始マリ

ニブンノイチ

どうしても描きたかった、、から

かな?


ほんとうは「今年の夏は忙しすぎて子どもたちとのボランティアは出来ません」と断りを入れるつもりで市役所に行ったのです。そしたら壁画の話しを切り出されてしまって壁画に心を奪われてしまって頭の中が壁画でいっぱいになってしまって、、気がついたら断りを入れに行ったボランティアよりもっと大規模で手間のかかるボランティアを引き受けて帰って来てしまったのです。

叱られますね
それは。

仕事量に見合うだけのお金ももらえないのに(ボランティアだからソレ以前の問題ですね)引き受けてしまうのはプロとしては失格だし、生活が成り立たない。現に、しなければならない自分の仕事が全く出来ていない。バカなんです。バカなんですで済めばイイのですが、もちろんすまないのです。

叱られます。


でも、、

どうしても
描きたかった。


僕がやるべき仕事だと思って
しまった。



「ふ〜ん?」
a0199297_23371537.jpg
(うう、、そんな目で見ないで下さい
パトさんまで)






23時38分。

きょうも14時間も壁画に使って
しまった。


作業場の前を通りかかった
リベラ卒業生のお母さんから
差し入れを
いただきました。
a0199297_2340464.jpg
(ありがとうございます)




全体の
ちょうど
半分が、、
a0199297_23421385.jpg
出来上がり
ました。



a0199297_23431651.jpg
自然(誕生)の
ステージ。



本当はこのステージの対になる半分も
背景の白塗りをして完成させるつもりだったのですが、、
a0199297_23464357.jpg
明るすぎる蛍光灯を目指して集まって来る
無数の夜の虫(蟲)たちが塗った白にどしどし突進して来て貼り付いてしまうので
今夜はあきらめました。



「パチン」 、、と
作業場の明かりを
消して、、
a0199297_23475020.jpg
今夜はお仕舞いと
しました。




あすは、、

明日は小学校の先生方の図工研修の講師を務めに出かけて来ます。





午前0時を
過ぎまし






では、


お仕舞い。





(凹)
by yoshikazusuzuky | 2015-07-03 00:01 | 繋がる想い | Comments(0)