「ほっ」と。キャンペーン
ブログトップ

スズキヨシカズ幻燈画室

suzuky.exblog.jp

満月ノ晩ノ蒼色幻燈会 ... 始マリ始マリ

激しい雨

自分の行動に対する誰かの感謝表明を
受け入れられないヒトは、
誰かの行動だけでなくその誰か自身を認めるコトも
絶対に出来ないのだろうと感じるコトがある。
誰もが無償の愛に殉じられるワケではない。
人間だもの、見返りを求める。
それはただ「小さな笑顔」だけでじゅうぶんだったりするのに、、
硬く閉ざされた心が開かれるコトはない。
その心を閉ざさせてしまった原因が、その「誰か」であるならば
尚更のコトだ。
人間は、なんと不完全な生き物で
あるコトか?
「沈黙が饒舌に心を打つ音」
まるで激しい雨音の
様だ。





「僕は何か決定的に
 悪いコトをしたのかな?」 f^^;

準備万端で来客を待つ
作業場、、
a0199297_1835910.jpg
激しすぎる雨降りの壁画お披露目の日と
なりました。(まだしも屋根のある場所でのお披露目なのが
救いです) f^^:








『第4回 わ〜くわく!キッズ☆カルチャースクール』
〜白河文化交流館工事用仮囲い壁画プロジェクト〜
子どもたちとの制作日:2015年7月25日(土) 26日(日)8月1日(土)
壁画公開日:8月30日(日)
a0199297_1837543.jpg

a0199297_1837371.jpg

a0199297_18372626.jpg
白河文化交流館開館
プレイベント
高さ1.82m、
長さ24.57mの壁面に
子どもたちみんなと協力して
絵を描きます。



a0199297_18423469.jpg
『人類(ヒト)のステージ』
「終わる世界」(A) 1.82m x 3.64m


a0199297_18445952.jpg
『自然のステージ』
「誕生」(A)1.82m x 3.64m


a0199297_18461270.jpg
『音楽(文明)のステージ』
「再生」 1.82m x 7.28m


a0199297_18464733.jpg
『自然のステージ』
「誕生」(B)1.82m x 3.64m


a0199297_18473575.jpg
『人類(ヒト)のステージ』
「始まりの世界」(B) 1.82m x 3.64m



4本の大樹によって支えられた世界は、
5つの舞台(ステージ)で語られる
4つの物語(「終わり」「誕生」
「再生」「始まり」)によって
成り立って(構成されて)います。
ベースとなるステージの空白部分に
子どもたちの描いた絵を配置して
世界(壁画)を
完成させます。



『子どもたちからの伝言板』
〜メッセージボード〜
1.82m x 2.73m
a0199297_18533891.jpg
壁画制作に参加してくれた子どもたちに
名まえとメッセージを
書き込んでもらうためのスペースです。
(壁画の一部として展示します)




さあ!

文化交流館完成に向けての
キーパーソンな委員さん方の
ステージに対する
反応は?


「残念ながら反応など伺える筈もありません」


白河市教育委員会文化振興課から連絡が行っている時間を過ぎても
10数名いるはずの委員さん方は、4名しか来場されませんでした。
しかもその4名の方々が絵の前に立っていた時間はモノの数分間です。
ほとんど何も感じられずに作業場を出てゆかれました。

「う〜ん?」

委員の方々が意見を出し合い「工事用仮囲いに絵を描こうではないか!」との結論に達し
「それではその絵はスズキヨシカズさんに描いてもらおう」と僕の名まえが出て
白河市教育委員会文化振興課から依頼され、僕はその依頼を全く仕事量には見合わない条件で引き受けた。「何故?」なぜならば、僕は、委員さん方の気持ちに同調し、子どもたちの笑顔を想い浮かべたから!

しかし、、

気持ちとは、
なんと曖昧な
モノなのか?

あれだけ何度も僕の下絵描きに意見し(ダメ出しをし)
自分たちの思いを絵の中に盛り込ませたのか?
それだけの思いを込めた絵なのならば、
たった1時間足らずの時間その絵の前に足を運べない理由など
あるだろうか?(もちろんあるのだろう)

委員の方々との約束を違えず、
1ケ月の時間と気力と体力をこの絵に注ぎ完成させた、
僕に対する最低限の礼を欠いては
いないだろうか?


「メッセージボードに何て書こうかしら?」その言葉を聞いて
「燃やしてやろうか」と思ったよ。


でももちろん燃やさない。(笑)

コレは僕と子どもたちの作品と成る
大切な大切なモノだから
燃やせない。




「またやっちまったよ」(苦笑)
いつもの空回り。

価値観の違いをいつまでたっても
受け入れられない。

ほんと自分を単純な
馬鹿野郎だと思う。

この絵の制作に費やした35日間、
僕は今月の展覧会の為の100号の制作を
あきらめたのだから。個展作品の為の制作時間も
ココにつぎ込んだのだから。

この仕事を受けて来た時
「バカじゃないの」と言われたけど、
仕方ないね、、
ほんとうに救い様がない
本物の馬鹿だから。 (笑)

でも「本物の、、」って言うところが
自分の救いです。 (微笑)




明日、
作業場から
撤収します。




このブログを書いていて良かったと
しみじみ思う。
だって、このブログを観に来てくれている
皆さんには、僕の仕事と作品を
ずっと観ていてもらえたから。


(微笑)




さあ!

もうすぐ子どもたちが
登場しますよ。(^0^)/




完成まであと1ケ月と半分、

物語は順繰りに進行してゆきます。



どうぞ仕舞いまで
お付き合い下さい!





(^〜^)
by yoshikazusuzuky | 2015-07-17 00:17 | スズキヨシカズ的アート | Comments(0)