「ほっ」と。キャンペーン
ブログトップ

スズキヨシカズ幻燈画室

suzuky.exblog.jp

満月ノ晩ノ蒼色幻燈会 ... 始マリ始マリ

刻(きざむ)

カメちゃんが来るまで机の上をモノでいっぱいにしながら仕事をして(木粉粘土をつかって下地を作っている)それの片付けをしてからカメちゃんを迎え、カメちゃんの制作がひと句切りついてカメちゃんが帰宅したならば、すぐに今度は市民会館に行って30日(日)の壁画公開に向けての打ち合わせをしてから(壁画紹介その他ご挨拶の原稿を届けた)マイタウン白河市民ギャラリーで準備中の市美展(白河市総合美術展覧会)のお手伝いをして(昨日が搬入受け付け日だったのに実行委員の一人である僕は東京に行っていてお手伝い出来なかった)、、 面会時間に間に合うように車飛ばして父を訪問した。 朝に家を出てから「あっ」と言う間に12時間が過ぎていた。 12時間って1日の半分なのに、なぜこんなに短いのだろうか? もう生あくびが止まらなくなる程の、激しい眠気に襲われながら教室に戻ってからまた6時間が過ぎた。 「12+6=18」 もう真夜中を過ぎたのに、、あれ? 残りの4時間は何処に消えてしまったのだ?

『MOMO』に登場する「灰色の男たち」ならば、きっとまやかしの理論でその4時間を上手に説明し、なけなしのそれすらも僕から奪い取ってしまうのだろうな。

もちろんその4時間には、僕の自由時間と睡眠時間が含まれているのであるが、、「う〜む?」 考えれば考える程、まったく計算が合わなくなって来るな? ほんとうに僕は1日分の24時間を全額きちんともらえているのだろうか? 毎日1時間とか2時間とか3時間とかごまかされて、ピンはねされているのではないだろうか?

僕はもうすでに
「灰色の男たち」に取り憑かれているのかも
しれないな? (やれやれ)







『刻むモノたち』なのか、
『刻まれたモノたち』なのか?



a0199297_09848.jpg


a0199297_092638.jpg


a0199297_093518.jpg


a0199297_094588.jpg


a0199297_095813.jpg



わからないけど
このモノたちが
僕の時間を喰らっているコトは
確かです。


(くっくっくっ)





もうすぐ午前0時30分になろうとしています。



そろそろ帰り支度をしましょうか。



僕がもらった
「今日の分の時間」
は、、

まだ残って
いるのか
な?




(くっくっくっ)
by yoshikazusuzuky | 2015-08-25 00:25 | スズキヨシカズ的アート | Comments(0)