ブログトップ

スズキヨシカズ幻燈画室

suzuky.exblog.jp

満月ノ晩ノ蒼色幻燈会 ... 始マリ始マリ

『生きている展覧会』(石川県金沢市)

5時起床の目覚ましだったのですがパトさんが4時頃外出してそのまま僕も目が覚めてしまったので昨晩は2時間しか眠れなかったのでした。しかも外から聞こえるのは激しく屋根を叩く雨の音。(雨もパトさんには関係ないらしい)5時半過ぎに家を出て新白河駅6時24分発の東北新幹線「なすの258号」に乗りました。7時18分、大宮駅着。7時46分発の北陸新幹線「かがやき503号」で石川県金沢市へ。新幹線の中で眠ろうと思っていたのですが北陸新幹線が全席指定だったのと行きも帰りも大宮駅で乗り換えなければならないというプレッシャーからまったく安心して眠るコトはできず、魂を頭上30cmのところに浮かせたままに9時54分、、
a0199297_0174710.jpg
金沢駅に到着しました。(金沢市は快晴で気温は30℃を超えていたのでは?)

金沢は30年以上前に訪れたコトがあったのですが駅も街も恐ろしいまでの変貌を遂げていました、、などと言えるほど30年前の記憶など残ってはいないのですが、、
a0199297_018166.jpg

a0199297_0182578.jpg
金沢駅に関して言えば「未来的なモノ」と「古典的なモノ」とが融合した(イメージとしてだけではなく素材としても融合した)デザインの駅に生まれ変わっていました。

改札でゆきちゃんと待ち合わせて『玉川こども図書館』へ、、
a0199297_019426.jpg

a0199297_0192531.jpg
『生きている展覧会』の展示を
観ました。(そのために来たのだからね)



a0199297_0201490.jpg


a0199297_0202434.jpg


a0199297_0203661.jpg


a0199297_0204722.jpg



なんか「懐かしい」という言葉だけでは表現し切れない「懐かしさ」がこみ上げてきました。これらの絵を描いてくれた子どもたちはみんな大きく大きく成長しているのです。元気で毎日を生きているのです。

a0199297_0215298.jpg


a0199297_0221183.jpg


a0199297_0222823.jpg

感無量です。

リベラっ子たちの数十枚の小さな絵から始まった「コト」が、今では100mを超す巨大な絵になっているのです。スゴいコトですよね。絵を描いてくれた子どもたちばかりでなく、常に先頭に立ち行動してくれたゆきちゃんをはじめとするプロジェクトに賛同参加してくれた全ての人々の想いが、、こんなにも大きく成長した(成長し続けている)のです。

a0199297_0235983.jpg


a0199297_0241090.jpg


a0199297_0242213.jpg

スゴいコトです。


今月30日で、、
『玉川こども図書館』での展覧会は
終わります。

a0199297_0251252.jpg


a0199297_0252265.jpg


a0199297_02533100.jpg

(この3画像のパートは『玉川こども図書館』に集まってくれた
子どもたちが描き繋げてくれました)



そして繋がった絵は、福島県白河市の「かいがきょうしつリベラ」へと
帰って来るのです。

ぐるりぐるりと世界を巡り、
また「かいがきょうしつリベラ」から絵は繋がってゆきます。

僕の頭の中にも世界は広がり
絵は無限に繋がってゆきます。 (微笑)



子どもたちの絵と2時間過ごして街に出ました。ゆきちゃんが案内してくれました。4時間くらいかけて巡ったかな?金沢駅に戻りゆきちゃんとわかれ(と言っても来月4日にゆきちゃんは子どもたちの作品を連れて白河市にやって来ます 微笑 そしてまたゆきちゃんはスペイン国カタルーニャへと帰ってゆきます)17時09分発の「かがやき533号」に乗りました。19時19分に大宮駅着。19時54分発の「やまびこ219号」で新白河駅に帰り着いたのは20時50分でした。(雨が降っていて肌寒い白河市でした)




僕の日帰り14時間の
石川県金沢市でのお話し
でした。




(お仕舞い)




(微笑)
by yoshikazusuzuky | 2015-08-27 00:33 | 繋がる想い | Comments(0)