ブログトップ

スズキヨシカズ幻燈画室

suzuky.exblog.jp

満月ノ晩ノ蒼色幻燈会 ... 始マリ始マリ

森の痕跡

「お帰り。
2.3日姿が見えないから
どうしたかと思っていたんだ
ぞ。」

枕元の僕に気づくと父は
毎回同じ台詞を口にしては
僕に微笑みかけます。

今日の父は、、
「炭化」した「地層」の話 、、を
僕にしました。(なんの前触れも
脈絡もなしで突然に)

とても断片的で抽象的な状況説明をつなぎ合わせた話から
その全体像を察することは難しいのですが、
父の口からソレらの言葉が発せられると
ソコには奇妙な現実味が在って、、
いつの間にか父の話に納得している
僕がいるのでした。




この場所には
「海」と「森」とが
共に在ります


a0199297_2150244.jpg


a0199297_21501552.jpg


白く石灰化した海の地層に
重なる様に、、
a0199297_21482468.jpg


a0199297_2148567.jpg

黒く炭化した森の地層が
広がっています




ソコには「命の設計図」が
在ります




父の頭の中に展開している
物語が始まり、
仕舞われる場所でも
あるのかも
知れません








あしたは
月曜日
です







(微笑)
by yoshikazusuzuky | 2015-10-04 21:54 | 非日常 | Comments(0)