ブログトップ

スズキヨシカズ幻燈画室

suzuky.exblog.jp

満月ノ晩ノ蒼色幻燈会 ... 始マリ始マリ

種を飛ばす

風は冷たかったけれど
夕暮れ間近に、、
a0199297_18182268.jpg
1時間半ほど歩いてみました。

久慈川に架かる橋の上にさしかかった時、
強い風に混じった雪片が頬に吹きつけ始めたな‥と思ったら
ソレには雪の冷たさがない。 「ん?」 頬に押しつけられた白いモノを
指先につまんでみても溶けもせず、、
a0199297_18201225.jpg
「ん?」 それはふわりとした綿毛を背負った「種(たね)」
でした。

全国的な通称なのかどうなのかわからないけれど
物心ついた頃から「バカ」と呼んでいる植物(「センダングサ」と言う名まえらしい)が
道の両側にたくさん生えていて、、
a0199297_18203188.jpg
その白い綿毛に包まれた「頭(種)」の部分が風に揺さぶられ
吹き飛ばされて、まるで雪片が舞っている様に
見えるのでした。

センダングサの種が空を飛ぶって
この時初めて知った僕でした。

チクチクチクチク、
チクチクと、、
a0199297_18222597.jpg
ヒトの衣服や動物の毛に絡まって
あちこちに運ばれて行くだけでは
なくて、

「チクチク期」が終わると「ふわふわ期」が用意されていて、
チクチクで移動出来なかった種は
今度は風によって運ばれるのですね。

a0199297_18231588.jpg

「植物は賢いなあ」 、、って
思いました。



「植物は賢い」




(微笑)





カメちゃんの教室でした。
a0199297_21393363.jpg
(午後からは公民館の教室へ)

先週から始まった
カメちゃんの植物画、
バラの花は、、
a0199297_21402353.jpg
不思議に澄んだ温かさの
下地色が塗り始められ
ました。






(微笑)
by yoshikazusuzuky | 2015-12-08 00:02 | かいがきょうしつ リベラ | Comments(0)