ブログトップ

スズキヨシカズ幻燈画室

suzuky.exblog.jp

満月ノ晩ノ蒼色幻燈会 ... 始マリ始マリ

イラダチから生まれたモノ

教室に入って来たときの顔を見ても
家を出る前の彼に何か事件が起こったコトは
明らかでした。

「何があったのか?」

理由を聞けばそれは僕にとっても
まわりのみんなにとってもどうでもイイ
他愛もないコトなのですが、
彼にとっては苛立つに値するだけの
出来事だったのですから、
仕方のないコトなのです。


彼は、セロハンテープに八つ当たりを
し始めました。


ビーーーーっとのばしたセロハンテープを
ハサミでジャッキジャッキと突き刺して
破いて千切る!
a0199297_16292574.jpg
ビーーーージャッキジャッキ!
ビーーーージャッキジャッキ!


そうして千切られたセロハンテープは
重ねて重ねてどんどんと
貼り付けられ、、
a0199297_16294286.jpg
テープ台はテーブルに
しっかり固定されて
ゆきました。



ビーーーージャッキジャッキ
ペタペタペタペタ!
ビーーーージャッキジャッキ
ペタペタペタペタ!



苛立ちに強張った顔の彼が始めた「破壊する」と言う行為は、
いつの間にか喜びに満ちた「創造する」と言う行為に変わっていたのでした。



「何に見えますか?」

a0199297_163035.jpg

僕には彼が生み出した
『作品』(セロテープ6巻分の具現化された彼の苛立ちのカタチ)
に見えます。



「素晴らしい!」
a0199297_16385693.jpg
僕は彼に賞賛の拍手を
贈りました!!



「ヨシさんふつうはこんなコトされてほめたりしないでしょ!」
a0199297_16341425.jpg
まわりのみんなに呆れた顔で
そう言われたけれど、


芸術家と芸術作品が誕生するその道筋を目の当たりにし、
それをみんなが理屈抜きで受け入れた瞬間であったのだと
僕には思えた土曜日の朝
だったので
した(マル)


エ? そんな大げさな話じゃ
ないだろうって?


「とんでもない!」

a0199297_1714974.jpg

コレはとてもとても
大切なコトですよ!

「そう思いませんか?」



ちなみに
コレが、、
a0199297_17421.jpg

a0199297_1744474.jpg
こうなったの
ですね。(ちなみにちなみにテーブルの下にも、、
a0199297_18111346.jpg
深く深く根を張っています!)



彼曰く、、

「サナギをつつむマユのようだ(蛹を包む繭の様だ)」

、、だそうです。


(微笑)







はらはらと雪片の舞う、、
a0199297_17122935.jpg

a0199297_176101.jpg
晴れた週末の
一日でした。


こんな風に一週間を
仕舞いにして、、
a0199297_17124093.jpg


今年もリベラの一年間が
a0199297_17333746.jpg
始まったので
した。






春に暖かくなったなら
あの繭からはどんな者(モノ)が
羽化するのだろうか?





(微笑)
by yoshikazusuzuky | 2016-01-10 00:20 | かいがきょうしつ リベラ | Comments(0)